senseFly 社の最新UAV飛行デモ(1)〜固定翼UAVのeBee RTK

senseFly 社の最新UAV飛行デモ(1)〜固定翼UAVのeBee RTK

ジオサーフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:内山雅之)は、茨城県の守谷市にあるラジコン飛行場で、senseFly 社の固定翼UAVのeBee RTKと、マルチコプターのalbrisのデモンストレーションを実施した。


フルオートで広域を空撮できるsenseFlyのeBee

デモフライとの参加者に説明するジオサーフ社の藤田義人氏

専用ケースの上に置かれたeBee RTK

 senseFlyのeBee RTKは、RTK精度で飛行する固定翼のUAV。最大の特長は、長時間の飛行による広域の空撮。時速40~90kmで、最大40分のフライトが可能。重量は約0.73kg。翼の幅は96cm。左右の翼は簡単に脱着できる。駆動装置は、すべて中央の本体に集約されている。本体には、プラスチック製のプロペラがゴムバンドでとめられていて、着陸時に傾くことで損傷を防ぐ構造になっている。また翼にあるフラップを動かすための可動パーツも本体側にある。eBee RTKが飛行するために必要な部品は、このプロペラとフラップのみ。あとは、GPSや各種センサーからの情報をもとに自機の位置や傾きなどを計算して、飛行前に設定されたルートを正確に飛ぶ。本体には、標準カメラ(RGB)としてSony WX(画素数18.2MP)のデジタルカメラが収納でき、USBケーブルで接続され飛行中に2秒間隔で撮影を行う。RTKモデルでは、2周波GPS&GLONASSを搭載しRTK(もしくはVRS)の補正情報を受信してRTK精度でフライトする。ジオサーフの藤田義人氏よれば「GCP(Grand Control Point)の設置が困難な場所でも高精度なデータ取得が可能」だという。

本体にあるプロペラと翼のフラップの制御だけで飛ぶ

eBee RTKの飛行の様子

2.4GHzのWiFi通信でPCと情報を交換

PCにWiFi通信機をUSBケーブルで接続しeBeeと交信する

 eBeeのフライトはeMotionというフライトソフトウェアを使って、あらかじめ測量したい空域を設定し、撮影精度などを指定すると、高度と飛行ルートが計算される。コントローラーなどの手動操作が不要で、緊急時に離陸地点に戻る信号を送る通信装置は用意されている。eMotionソフトとeBee間は、専用の2.4GHzのWiFi通信機を利用する。この通信機をPCとUSBケーブルで接続し、eMotionを実行するとPCの画面にマップや各種の設定項目が表示される。ちなみに、eBeeには高性能なセンサーが搭載されているので、一般的なドローンのような飛行前のキャリブレーション操作は不要になる。離陸地点に機体を置いてeMotionとの通信を行うと、自動的にセンサー類のキャリブレーションを実行し、準備が整うとメッセージが表示される。
 飛行ルートの設定とキャリブレーションが完了したら、eBeeを手に持って飛ばす。翼の左右を両手で抱えるようにして持ち上げて、機体を前後に軽く2~3回ほど振ると、プロペラが回り出す。プロペラの回転は、徐々に高速になってくるので、十分な推力が出ていると判断したら、できるだけ向かい風になる方角に機体を離す。すると、eBeeは軽々と離陸する。そのまま高度70mほどまで上昇し、機体が安定するとプログラムされた飛行ルートを自動でフライトする。飛行中は、eBeeがコースを外さないか目視で確認する必要はあるが、基本的には操作が不要で空撮が終わるのを待てばいい。撮影が終了すると、eBeeは自動で事前にセットした着陸地点に胴体着陸する。

デジタルカメラを装着するスペースにUSBの差込口がある

着陸後はRTKデータと画像データのマージが必要

 eBee RTKが飛行中の空撮画像は、すべてデジタルカメラのSony WXのSDカードに保存される。画像データとは別に、空撮時の機体の位置情報は、eBee本体に保存されている。そのため、着陸後にRTK精度の位置データと画像データのマージが必要になる。実際の作業は、画像データが記録されたSDカードをPCに差し込み、eBee RTKとPCをUSBケーブルでつないで、専用のソフトを実行する。すると、画像データのタイムスタンプを基準に、同期するファイルにRTKデータが追記される。この作業が完了すれば、あとは画像ファイルをPix4Dなどの画像処理ソフトウェアに読み込ませるだけで、RTK精度の測量画像が作成される。

 ジオサーフのサイトでは、eBee RTKによって計測できる測量精度について、自社の検証結果を公開している。

http://www.geosurf.net/products/uav/ebee_rtk.html

 次回は、マルチコプターのalbrisのデモフライトをレポートする。

着陸後に画像データとRTKデータをマージする

この記事のライター

関連する投稿


senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

senseFly 社の最新UAVの飛行デモンストレーション(2)

ジオサーフ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:内山雅之)は、茨城県の守谷市にあるラジコン飛行場で、senseFly 社の固定翼UAVのeBee RTKと、マルチコプターのalbris(アルブリス)のデモンストレーションを実施した。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。