ダイムラーがドローンタクシー企業Volocopterに約33億円を出資

ダイムラーがドローンタクシー企業Volocopterに約33億円を出資

独自動車メーカーのダイムラーを含む数社からなるグループが、中国Volocopterに3000万ドル(約33億円)の出資を実施しました。


Volocopterは2018年にもドローンタクシー業を開始すべく、2人乗りの自動操縦ドローンを開発中。2016年には有人での初試験飛行を完了しています。

Voplocopterのドローンタクシー用の機体「Volocopter 2X」は電気で動作する18ものローターを備えており乗客2人を乗せて飛行することができます。乗客はただ乗るだけでなくスポーツパイロットのライセンスを保有していれば、自ら操縦することも可能です。

…この記事の続きを読む

情報提供元:Engadget
http://japanese.engadget.com/2017/08/03/volocopter-33-2018/

この記事のライター

関連するキーワード


Volocopter ダイムラー

関連する投稿


ドイツのVolocopterがフランクフルト空港で航空タクシーサービスの開発を開始

ドイツのVolocopterがフランクフルト空港で航空タクシーサービスの開発を開始

Fraport AG(フランクフルト空港)とVolocopter GmbHは、未来の先駆的な機動力となる空港での航空タクシーサービスに必要とされる地上インフラストラクチャと運用のための概念を開発していると発表した。


ドローンの「無人タクシー」がドバイでテスト飛行--5年内の実用化目指す

ドローンの「無人タクシー」がドバイでテスト飛行--5年内の実用化目指す

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ政府が、ドローンタクシーの初めてのテスト飛行を実施した。これは操縦士のいない航空旅客輸送サービスのテストで、ドローンは上空200mを5分間にわたって旋回した。


産業用ドローンの最有力はドイツのベンチャー企業

産業用ドローンの最有力はドイツのベンチャー企業

空撮用ドローンの国際市場では、DJIに代表される中国企業が、世界的なシェアを占有している。一方で、今後の成長が見込まれる産業用ドローンの市場では、ドイツのベンチャー企業に注目と資本が集まっている。


最新の投稿


屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのLiberaware、第三者割当増資を実施

屋内空間点検用ドローンのレンタル事業を展開する株式会社Liberaware(千葉県千葉市)は、 プレシリーズAラウンドで、総額1.3億円の第三者割当増資を実施した。


テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン、⿂群探索・海上保安を実現する ドローンソリューションを提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 低コストで効率的な⿂群探索・海上保安を実現するドローンソリューションの提供を開始した。


ご愛読に感謝して

ご愛読に感謝して

本コラムも、4月26日で読めなくなる。その前に、この3年間を振り返って、日本のドローン業界について展望しておく。(田中亘)


NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTTグループが関連企業15社と共同でドローンとAIを活用したスマート営農に取り組む

NTT グループ、ふくしま未来農業協同組合、株式会社エンルート、日本農薬株式会社は、準天頂衛星みちびきに対応したドローンやNTT グループのAI 技術を活用しスマート営農ソリューションの実証実験を行う。


【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

【国際ドローン展】産業用ドローンと周辺機器の新たな潮流が続々と

幕張メッセで開催された2019年の国際ドローン展では、産業用ドローンの新たな潮流を示す数多くの機体や周辺機器が展示された。