【慶大×田村市】講座2回目で空撮にチャレンジ 飛行申請準備も

【慶大×田村市】講座2回目で空撮にチャレンジ 飛行申請準備も

 慶大と〝ドローン連携協定〟を結んでいる福島県田村市で8月7日、福島県立船引高校のドローン特別講座の第2回が行われ、トイドローンで指ならしをした生徒たちは、前回、郡山測量設計社から寄贈されたPhantom4などを操縦し、空撮の基本を学びました。


フェス、サミット、防災訓練 幅広い生徒の活躍の場

 この日は指導役の慶大SFC研究所・ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長から、生徒達のために用意されている舞台についての説明がありました。
 南事務局長によると、9月9日に田村市内で開催される音楽フェス「One+Nation」のドローンでのボランティア撮影、同じフェスで会場内に設けられるドローンブースでの体験指導隊、10月下旬締め切りのCM大賞への応募、11月中旬に開かれるドローンサミットで登壇が、検討されています。
 市内で行われる音楽フェスは、レゲエグループ湘南乃風の若旦那や、モデルで歌手の三戸なつめら著名アーティストが多く出演する「地方発信型野外フェス」で、全国各地で数カ所を会場に行われ、田村市が今シーズンの皮切りとなります。本番前の会場の様子をドローンで空撮し、映像を会場で流すなどが検討されています。具体的な活動方法は今後、つめていきます。
 こうした舞台での活躍に備え、実技では基礎練習と空撮の両方に取り組みました。まずは体育館で、トイドローンを使った基礎技術の訓練。この日はドローンをビジネスで活用し、講習もしている株式会社糺の森(東京)の土方愛玲奈さんがかけつけ、生徒達の練習を手伝いました。

講座冒頭は南助教の座学。音楽フェス、防災訓練、ドローンサミットと活躍の場を示して生徒の好奇心をかきたて、意欲に火をつける

体育館でホバリング。基礎練習もおろそかにしない

スピン、サークル・・・ 自在にこなす生徒も

 「腰の高さでホバリングしてください。次に、2メートルの高さまで上昇させてください。10数えて腰の高さまで降ろして下さい。その高さをキープしたまま、前進させてください。ラインのところまでたどりついたら、戻りましょう。その高さをキープしてスピンをさせてください。スピンをさせながら上昇をさせてみましょう。そこでサークルを描いてみましょう」
 生徒達の中には、やすやすと南事務局長の指示通りに動かす強者もいて、成長の早さが伺えました。また1回目に取り組んだ、左手にプロポを持ったまま、右手で持ったトイドローンを放り投げてフライトさせ、自分の手元におろすリリース・アンド・キャッチに挑戦し、成功させている生徒もいました。

「上昇させて」「前進させて」「スピンをさせて」「サークルを描こう」-。南事務局長が次々と繰り出す操作指示を難なくこなす生徒も

飛行時間10時間へ 田村市内をフライトする飛行申請を準備

 トイドローンでの基礎練習後に、校庭に出て空撮に挑戦しました。プロポの扱い方は、南事務局長、土方さんがマンツーマンで指導。第2期としては初の空撮ですが、トイドローンで指ならしをしていた成果か、安定性のより高いファントムのフライトは、多くの生徒がこなしていました。この日は青空の広がる好天にめぐまれ、生徒達は白い機体を見上げていました。
 ただ、南事務局長は、操作していない生徒を飛行予定エリアで警戒にあたらせ、フライトが簡単であっても、安全確保策に万全を期すことの大切さを繰り返し指導しました。空撮に取り組むなど、基礎から応用に進むにつれて、とかくおろそかになりがちな安全確保ですが、そこは絶対におろそかにさせない、という決意の表われでもあります。生徒達も指導に従って、交代で見張り役を担当しました。
 ところで、生徒達は、受講したさいや、自主練習などの飛行時間を記録するよう、指導を受けています。この日の講座がスタートする前の時点で、先週の第1回を終えてからすでに累計で4時間飛ばした生徒がいました。南事務局長は、田村市内でのドローンの飛行申請をする考えで、その目安となる10時間が当面の目標です。生徒たちはこれから自主練習も含めて、10時間のフライトを目指すことになります。
 この日の練習では、体育館での基礎練習にも、校庭での空撮にも、郡山測量設計社から寄贈されたドローンが活躍しました。
 次回のドローン特別講座は8月24日の予定です。

講座2回目で早くもファントムに挑戦。広々とした校庭で青空にフライト

助っ人で駆け付けた株式会社糺の森の土方愛玲奈さんもプロポの扱い方を指導

ファントムを操作するプロポの扱い方を南政樹事務局長から教わる生徒達

この記事のライター

関連する投稿


【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

【慶大ドローン】ドロゼミ学生、実践へ 「10時間飛行」「手続き」を経験し即戦力人材に

 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)を拠点に活動しているドローン研究の「ドロゼミ」メンバーが、人口集中地区での空撮依頼に対応することを想定し、いわゆる包括申請をするなど、実践的な取り組む。身に着けた知識、技量を社会で生かす力も育み、即戦力となるための準備に入った。


【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

【慶大ドローン】“ドロゼミ”の学生が農家レストランオープン式典を公式空撮 齋藤農水相、黒岩神奈川県知事ら列席

 慶應義塾大学でドローンを研究する自主活動〝ドロゼミ〟は5月19日、今月開業する飲食施設の開業式典の空撮を行った。式典には学生3人が参集。齋藤農水省、黒岩神奈川県知事、星野衆院議員らが列席する式典をノーミスで乗り切り、列席者や参加者から問い合わせを受けるなど歓迎を受けた。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

「ドローンコンソーシアムたむら」設立! 地域主導のドローン組織で課題解決と産業創出を!

 慶應義塾大学と包括的な連携協定を結んでいる福島県田村市は3月20日、ドローンによる産業創出、地域活性化を目指す「ドローンコンソーシアムたむら」の設立総会を田村市役所で開催した。地域主体のドローンの活動組織は前例がなく、各層から話題を集めそうだ。


「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

「ドローンコンソーシアムたむら」設立へ 知見を結集、人材育成から地域振興まで

 慶應義塾大学とのドローン包括連携をきっかけに、ドローン活用の取り組みに力を入れている福島県田村市は、ドローンに関連する知見を集め、地域や社会、参加者に還元する「ドローンコンソーシアムたむら」を設立させる。ドローン活用に意欲的な法人、個人の会員を市内外から広く募る。3月下旬に設立総会を開く。


最新の投稿


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。