システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

本セミナーでは、実際に使用した書類を用いながら、どのような流れで地方航空局に申請するのか、またどのような点に注意すれば良いのかを弊社講師〔JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクター〕が丁寧に解説します。


現在、人口密集地やその他指定区域内、或いは夜間や目視外などの特殊な条件に置けるドローンやラジコン飛行機等の無人航空機を飛行させるには、航空法に基づく申請・承認が必須です。

本セミナーでは、実際に使用した書類を用いながら、どのような流れで地方航空局に申請するのか、またどのような点に注意すれば良いのかを弊社講師〔JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクター〕が丁寧に解説します。

講義後の質疑応答を長く取ってありますので、お客様それぞれの案件に即したご質問を承ります。
またDID(= Densely Inhabited District 人口密集地)地区の飛行の他、夜間、目視外などそれぞれの記入例の資料もご用意しております。

本セミナーの内容を正しくご理解頂く事で、お客様が実際に地方航空局とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートします。

講師が過去に経験した、記入不足や内容不備で受理されなかった具体例も取り上げ、お客様が実際の申請で不便を感じることがないよう、順を追ってご説明します。

対象者

・これからドローンの飛行申請を出す予定のある方
・飛行申請を出したいが、やり方がわからない方
・都市部での飛行申請に関して、詳しく聞きたい方

プログラム

・許可の必要性について
・許可申請の状況
・申請書の提出から受理までの基本的な流れ
・申請書の作り方
・まとめ・質疑応答
※プログラムの内容は予定です。変更の可能性がございますことを予めご了承ください。

講師

二木洋(株式会社システムファイブ ドローン担当)

RC歴20年以上のベテランオペレーター。
F3C日本選手権(国際航空連盟の定めるラジコンヘリ競技会)の上位入賞常連者。
RCヘリコプター技能証D級所持、産業用無人ヘリコプター「R-50」「RMAX」飛行技術認定所持など、確かな操縦技術に定評がある。
JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定インストラクター、DJI社認定インストラクターとしても幅広く活躍中。

日時と会場

◆日時
2017年8月9日(水) 13:00~15:00 お申込受付中
2017年9月26日(火) 13:00~15:00 お申込受付中

※ 途中、10分程の休憩が入ります。
※ 受付は15分前より開始します。
※ 受付にてお名刺を1枚頂戴いたします。

◆会場
株式会社システムファイブ PROGEAR半蔵門セミナールーム
<所在地>〒102-0093 東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階
<連絡先>TEL : 03-5212-5100|FAX : 03-5212-5101
<MAIL>proseminar@system5.jp
<営業時間>月~土曜日 10:00-19:00|定休日 日・祝

受講料と定員

◆参加費用:7,500円(税別)
◆定員:25名様
※事前申し込み制となります。
※申込者のご都合が悪くなった場合、代理出席をお受け致します。
※お申し込み後のキャンセルは、他のお客様のご迷惑となりますのでご遠慮ください。
※会場内での録音・録画・撮影・ネット配信等は一切禁止とさせていただきます。

▼本セミナーにご参加いただく場合には、以下の項目への同意が必要です。
・セミナー中は、弊社および関係会社、報道関係者が写真・動画撮影を行います。
・撮影内容にはお客様が映り込む可能性がございます。
・撮影した画像・動画データは、弊社Webサイトや動画共有サイト、SNSサイトなどに掲載される場合がございます。
・お客様ご自身によるセミナー内容の撮影・録音・ネット配信などは一切禁止とさせていただきます。

◆主催
株式会社システムファイブ
◆協力
DJI JAPAN株式会社
◆お問い合わせ先
TEL:03-5212-5100 | FAX:03-5212-5101
東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階
株式会社システムファイブ PROSEMINAR事務局

DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

https://info.system5.jp/proseminar/archives/16617

概要 現在、人口密集地やその他指定区域内、或いは夜間や目視外などの特殊な条件に置けるドローンやラジコン飛行機等の無人航空機を飛...

情報提供元:株式会社システムファイブ
https://info.system5.jp/proseminar/archives/16617

この記事のライター

関連する投稿


DJI JAPANとトプコン、ドローン測量に標定点不要の写真測量専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」発表

DJI JAPANとトプコン、ドローン測量に標定点不要の写真測量専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」発表

DJI JAPAN株式会社(東京都港区)と株式会社トプコン(東京都板橋区)は、トータルステーションでドローンを自動追尾することで、 世界で初めて標定点 を不要とし、大幅な省力化を実現する空中写真測量システム「TSトラッキングUAS」に対応した専用ドローン「MATRICE 600 PRO for TS」の提供を開始した。


セキドがドローン導入のための補助金活用セミナー開催 産業用途でのドローン導入の足がかりに。

セキドがドローン導入のための補助金活用セミナー開催 産業用途でのドローン導入の足がかりに。

DJIドローン正規代理店である株式会社セキドは、ドローンの産業活用へ向けた、国の補助金制度に関する情報に特化したセミナーを開催する。


ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンが1日で4名の人命救助に貢献 DJIが発表

ドローンを活用した救助活動が、5月31日のたった1日で、英国と米国の消防などの公共安全機関よって3件4名の人命救助に役立った。DJIは、これまでに少なくとも133名の人命救助についてドローンが活用されたと発表した。


岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

一般社団法人岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、 会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を、5月23日に締結した。 同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回がはじめて。今後は大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に、雫石町が同協会に出動の要請を行う。


DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI ZENMUSE XT2の国内事例を紹介

DJI JAPAN株式会社(本社:東京都品川、代表取締役:呉韜)は、赤外線カメラのZENMUSE XT2の国内事例を報道関係者と代理店や関係者に発表した。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。