システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

本セミナーでは、実際に使用した書類を用いながら、どのような流れで地方航空局に申請するのか、またどのような点に注意すれば良いのかを弊社講師〔JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクター〕が丁寧に解説します。


現在、人口密集地やその他指定区域内、或いは夜間や目視外などの特殊な条件に置けるドローンやラジコン飛行機等の無人航空機を飛行させるには、航空法に基づく申請・承認が必須です。

本セミナーでは、実際に使用した書類を用いながら、どのような流れで地方航空局に申請するのか、またどのような点に注意すれば良いのかを弊社講師〔JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクター〕が丁寧に解説します。

講義後の質疑応答を長く取ってありますので、お客様それぞれの案件に即したご質問を承ります。
またDID(= Densely Inhabited District 人口密集地)地区の飛行の他、夜間、目視外などそれぞれの記入例の資料もご用意しております。

本セミナーの内容を正しくご理解頂く事で、お客様が実際に地方航空局とやり取りを行ない、申請を通す事ができるようサポートします。

講師が過去に経験した、記入不足や内容不備で受理されなかった具体例も取り上げ、お客様が実際の申請で不便を感じることがないよう、順を追ってご説明します。

対象者

・これからドローンの飛行申請を出す予定のある方
・飛行申請を出したいが、やり方がわからない方
・都市部での飛行申請に関して、詳しく聞きたい方

プログラム

・許可の必要性について
・許可申請の状況
・申請書の提出から受理までの基本的な流れ
・申請書の作り方
・まとめ・質疑応答
※プログラムの内容は予定です。変更の可能性がございますことを予めご了承ください。

講師

二木洋(株式会社システムファイブ ドローン担当)

RC歴20年以上のベテランオペレーター。
F3C日本選手権(国際航空連盟の定めるラジコンヘリ競技会)の上位入賞常連者。
RCヘリコプター技能証D級所持、産業用無人ヘリコプター「R-50」「RMAX」飛行技術認定所持など、確かな操縦技術に定評がある。
JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)認定インストラクター、DJI社認定インストラクターとしても幅広く活躍中。

日時と会場

◆日時
2017年8月9日(水) 13:00~15:00 お申込受付中
2017年9月26日(火) 13:00~15:00 お申込受付中

※ 途中、10分程の休憩が入ります。
※ 受付は15分前より開始します。
※ 受付にてお名刺を1枚頂戴いたします。

◆会場
株式会社システムファイブ PROGEAR半蔵門セミナールーム
<所在地>〒102-0093 東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階
<連絡先>TEL : 03-5212-5100|FAX : 03-5212-5101
<MAIL>proseminar@system5.jp
<営業時間>月~土曜日 10:00-19:00|定休日 日・祝

受講料と定員

◆参加費用:7,500円(税別)
◆定員:25名様
※事前申し込み制となります。
※申込者のご都合が悪くなった場合、代理出席をお受け致します。
※お申し込み後のキャンセルは、他のお客様のご迷惑となりますのでご遠慮ください。
※会場内での録音・録画・撮影・ネット配信等は一切禁止とさせていただきます。

▼本セミナーにご参加いただく場合には、以下の項目への同意が必要です。
・セミナー中は、弊社および関係会社、報道関係者が写真・動画撮影を行います。
・撮影内容にはお客様が映り込む可能性がございます。
・撮影した画像・動画データは、弊社Webサイトや動画共有サイト、SNSサイトなどに掲載される場合がございます。
・お客様ご自身によるセミナー内容の撮影・録音・ネット配信などは一切禁止とさせていただきます。

◆主催
株式会社システムファイブ
◆協力
DJI JAPAN株式会社
◆お問い合わせ先
TEL:03-5212-5100 | FAX:03-5212-5101
東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階
株式会社システムファイブ PROSEMINAR事務局

DJIドローン 飛行申請サポートセミナー 8/9・9/26開催!

https://info.system5.jp/proseminar/archives/16617

概要 現在、人口密集地やその他指定区域内、或いは夜間や目視外などの特殊な条件に置けるドローンやラジコン飛行機等の無人航空機を飛...

情報提供元:株式会社システムファイブ
https://info.system5.jp/proseminar/archives/16617

この記事のライター

関連する投稿


DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

DJI、インターネット通信を停止しデータの機密性を保持する「ローカルデータモード」を開発

大手民生用ドローンメーカーのDJIは、8月16日付のリリースで、ドローン操縦アプリからインターネット通信を停止できる「ローカルデータモード」を開発していると発表した。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

ドローンによる空撮を楽しむには、カメラの性能から機種を選ぶ方法がある。今回はDJIの製品ラインナップを比較して、自分の目的に合ったドローンを選ぶヒントを提供しよう。


DJI、 Roger Luo氏がプレジデントに就任

DJI、 Roger Luo氏がプレジデントに就任

民生用ドローンと空撮テクノロジーで世界をリードする DJI は、事業部門のバイスプレジデントを務める Roger Luo(ロジャー ルオ)が新たにプレジデントに就任したと発表した。Luo氏は、革新的 なドローンとカメラアプリケーションの需要が急激に拡大するグローバル市場において、DJI の事業展開に注力するとしている。


DJIがピカチュウと一緒に記念空撮ができる 「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を開催 15日まで

DJIがピカチュウと一緒に記念空撮ができる 「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を開催 15日まで

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、株式会社ポケモン(:東京都港区)が 「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」に参加し、Spark による空撮セルフィーを体験できる「ピカチュウ フォトスタジオ SHOT ON DJI SPARK」を、MARK ISみなとみらいで、8 月15 日まで開催。


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(2)  飛ばすだけなら5分で習得できる

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(2)  飛ばすだけなら5分で習得できる

1万円から6万円台の入門用ドローンの種類がわかったところで、基本的な飛行方法について紹介しよう。ドローンがホビーからビジネスでの利活用まで注目されている理由は、「簡単に飛ばせる」ことに尽きる。模型飛行機やラジコンヘリとは違い、初心者でもすぐに飛ばせる手軽さが、ドローンの最大の魅力だ。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。