クボタが農業用ドローン参入 低コスト、省力化…ヤンマーなどライバルに対抗

クボタが農業用ドローン参入 低コスト、省力化…ヤンマーなどライバルに対抗


 農機大手のクボタは29日、空中から農薬を散布する小型無人機「ドローン」の販売を始めると発表した。来年夏ごろに国内の農家をターゲットに発売。農機メーカーの強みを生かして販路を拡大し、平成31年をめどに年間1千台を売る目標だ。大手メーカーの参入によって、日本の農業にドローンが普及する可能性が出てきた。

 試作したドローンは、約1万平方メートルの農地への農薬散布をわずか10分ほどで行う。手作業で行えば半日もかかる労働時間が、大幅短縮できる。

 大規模農家では、農薬を産業用の無人ヘリコプターを使って撒くところもあるが、費用が1千万円程度かかる。発売するドローンは、無人ヘリのコストの5分の1にあたる200万円程度に価格を抑える方針だ。

 無人ヘリに比べて騒音が少ないうえ、精密な散布ができ、農薬の周辺へのまき散らしを減らせるとしている。また衛星利用測位システム(GPS)を搭載し、飛行履歴のデータを蓄積できるため、効率的な農薬散布が可能という。

 クボタが企画やデザインを担当し、防除機メーカーの丸山製作所(東京都千代田区)、産業用ドローンのプロドローン(名古屋市)が設計・組み立てを手がける。まずは来年に50台を限定販売。農家の意見を取り入れて改良を重ね、31年には販売台数年間1千台、売上高20億円を目指す。

農薬を散布する、クボタの農業用ドローンの試作機=長野県大町市

 農業でのドローン参入では、ヤンマー(大阪市)がコニカミノルタなどと共同で、水田での実証実験を行っている。ドローンに取り付けたカメラで上空から稲を撮影。画像を解析して、生育状態を把握するシステムを開発中だ。農機大手がそろって本格的にドローンを扱うようになれば、農業にロボット技術が一気に浸透しそうだ。

情報提供元:産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/160829/wst1608290088-n1.html

この記事のライター

関連する投稿


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

「第4回国際次世代農業EXPO」に登場した最新ドローン

2017年10月11日から13日までの3日間。幕張メッセで「第4回国際次世代農業EXPO」が開催された。最先端のIT技術や農業用ドローンが数多く登場し、各社が最新のソリューションを紹介していた


プロドローン、米スタートアップ企業GRADと「落書き消しドローン」の共同開発に着手

プロドローン、米スタートアップ企業GRADと「落書き消しドローン」の共同開発に着手

シリコンバレーの若い起業家、プロドローン機体を使ってコンペ優勝


ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

ドローンの存在感が増す【全日本模型ホビーショー】

9月30日と10月1日の二日間、東京ビッグサイトの東7・8ホールで、第57回となる全日本模型ホビーショーが開催された。会場には各種の模型やホビー商品が数多く展示されていたが、その中でもホビー用ドローンの存在感が増し、多くの来場者の注目を集めた。


プロドローン、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を発表

プロドローン、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を発表

株式会社プロドローンは、高圧電線検査ドローン「PD8-AW-HR」を開発した。


最新の投稿


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。