クボタが農業用ドローン参入 低コスト、省力化…ヤンマーなどライバルに対抗

クボタが農業用ドローン参入 低コスト、省力化…ヤンマーなどライバルに対抗


 農機大手のクボタは29日、空中から農薬を散布する小型無人機「ドローン」の販売を始めると発表した。来年夏ごろに国内の農家をターゲットに発売。農機メーカーの強みを生かして販路を拡大し、平成31年をめどに年間1千台を売る目標だ。大手メーカーの参入によって、日本の農業にドローンが普及する可能性が出てきた。

 試作したドローンは、約1万平方メートルの農地への農薬散布をわずか10分ほどで行う。手作業で行えば半日もかかる労働時間が、大幅短縮できる。

 大規模農家では、農薬を産業用の無人ヘリコプターを使って撒くところもあるが、費用が1千万円程度かかる。発売するドローンは、無人ヘリのコストの5分の1にあたる200万円程度に価格を抑える方針だ。

 無人ヘリに比べて騒音が少ないうえ、精密な散布ができ、農薬の周辺へのまき散らしを減らせるとしている。また衛星利用測位システム(GPS)を搭載し、飛行履歴のデータを蓄積できるため、効率的な農薬散布が可能という。

 クボタが企画やデザインを担当し、防除機メーカーの丸山製作所(東京都千代田区)、産業用ドローンのプロドローン(名古屋市)が設計・組み立てを手がける。まずは来年に50台を限定販売。農家の意見を取り入れて改良を重ね、31年には販売台数年間1千台、売上高20億円を目指す。

農薬を散布する、クボタの農業用ドローンの試作機=長野県大町市

 農業でのドローン参入では、ヤンマー(大阪市)がコニカミノルタなどと共同で、水田での実証実験を行っている。ドローンに取り付けたカメラで上空から稲を撮影。画像を解析して、生育状態を把握するシステムを開発中だ。農機大手がそろって本格的にドローンを扱うようになれば、農業にロボット技術が一気に浸透しそうだ。

情報提供元:産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/160829/wst1608290088-n1.html

この記事のライター

関連する投稿


KDDI、プロドローン、ゼンリンが、スマートドローン事業で業務提携

KDDI、プロドローン、ゼンリンが、スマートドローン事業で業務提携

12月19日。KDDI株式会社(本社:東京都、社長:田中孝司)と、株式会社プロドローン(本社:愛知県、社長:河野雅一)と、株式会社ゼンリン(本社:福岡県、社長:高山善司)は、「スマートドローンプラットフォーム」の商用化に向けた業務提携を発表した。(田中亘)


三菱商事と日立製作所による新会社スカイマティクス、ドローンのリモートセンシングで農業や建築分野に新たなサービスを提供

三菱商事と日立製作所による新会社スカイマティクス、ドローンのリモートセンシングで農業や建築分野に新たなサービスを提供

「空から無限の情報を。」というキャッチフレーズを掲げる株式会社スカイマティクス(本社:東京、代表取締役COO:渡邉善太郎)は、三菱商事株式会社と株式会社日立製作所の出資により設立された新会社。同社はドローンによるリモートセンシングサービスで、農業や建築分野へのソリューションを提供していく。(田中亘)


三菱商事と日立、ドローン事業で合弁設立 産業用途や衛星画像で活用広げる

三菱商事と日立、ドローン事業で合弁設立 産業用途や衛星画像で活用広げる

三菱商事と日立製作所は5日、小型無人機(ドローン)事業で新会社を設立し、営業を開始したと発表した。資本金は2億9000万円で三菱商事が66%、日立が34%を出資した。


次世代農業EXPOに農業用ドローンが一堂に介する

次世代農業EXPOに農業用ドローンが一堂に介する

2016年10月12日から幕張メッセで開催された「次世代農業EXPO」に、最新の農業用ドローンが集まった。農薬や肥料の散布から圃場のセンシングにデモフライトまで、農業で活躍するドローンの最前線を取材した。(田中亘)


DJI、農薬散布ドローン「Agras MG-1」が性能確認番号を取得 2016年内の販売、出荷を開始予定

DJI、農薬散布ドローン「Agras MG-1」が性能確認番号を取得 2016年内の販売、出荷を開始予定

DJI JAPAN株式会社は、DJIの農薬散布ドローン「Agras MG-1」が、一般社団法人 農林水産航空協会より性能確認番号を取得したことを発表した。


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。