クボタが農業用ドローン参入 低コスト、省力化…ヤンマーなどライバルに対抗

クボタが農業用ドローン参入 低コスト、省力化…ヤンマーなどライバルに対抗


 農機大手のクボタは29日、空中から農薬を散布する小型無人機「ドローン」の販売を始めると発表した。来年夏ごろに国内の農家をターゲットに発売。農機メーカーの強みを生かして販路を拡大し、平成31年をめどに年間1千台を売る目標だ。大手メーカーの参入によって、日本の農業にドローンが普及する可能性が出てきた。

 試作したドローンは、約1万平方メートルの農地への農薬散布をわずか10分ほどで行う。手作業で行えば半日もかかる労働時間が、大幅短縮できる。

 大規模農家では、農薬を産業用の無人ヘリコプターを使って撒くところもあるが、費用が1千万円程度かかる。発売するドローンは、無人ヘリのコストの5分の1にあたる200万円程度に価格を抑える方針だ。

 無人ヘリに比べて騒音が少ないうえ、精密な散布ができ、農薬の周辺へのまき散らしを減らせるとしている。また衛星利用測位システム(GPS)を搭載し、飛行履歴のデータを蓄積できるため、効率的な農薬散布が可能という。

 クボタが企画やデザインを担当し、防除機メーカーの丸山製作所(東京都千代田区)、産業用ドローンのプロドローン(名古屋市)が設計・組み立てを手がける。まずは来年に50台を限定販売。農家の意見を取り入れて改良を重ね、31年には販売台数年間1千台、売上高20億円を目指す。

農薬を散布する、クボタの農業用ドローンの試作機=長野県大町市

 農業でのドローン参入では、ヤンマー(大阪市)がコニカミノルタなどと共同で、水田での実証実験を行っている。ドローンに取り付けたカメラで上空から稲を撮影。画像を解析して、生育状態を把握するシステムを開発中だ。農機大手がそろって本格的にドローンを扱うようになれば、農業にロボット技術が一気に浸透しそうだ。

情報提供元:産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/160829/wst1608290088-n1.html

この記事のライター

関連する投稿


【新潟県ドローン特区】農業用ドローンの実証実験を開始

【新潟県ドローン特区】農業用ドローンの実証実験を開始

7月25日。株式会社ローソン(本社:東京都品川区)と特例農業法人ローソンファーム新潟(新潟市東区)は、「新潟市」と農業用ドローンの取り扱いと操縦教習所を展開する「新潟クボタ(本社:新潟県新潟市)」と連携して、農業用ドローンによる水稲の薬剤散布の実証実験を開始する。


日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

日の丸ドローンを目指してTEADがACSLと協業

ドローンメーカーのTEAD株式会社(本社:群馬県、代表取締役社長:横山勉、以下TEAD)と株式会社自律制御システム研究所(本社:千葉県、代表取締役:野波健蔵、以下ACSL)は、農業用ドローンの開発と生産に関する協業を発表した。


農薬散布の自動飛行を計画する新潟国家戦略特区

農薬散布の自動飛行を計画する新潟国家戦略特区

アグリテック・サミット(主催:日本経済新聞社)では、国家戦略特区に指定された新潟市の農林水産部ニューフードバレー特区課が参加、圃場を管理するITソリューションや株式会社クボタの農作業用ドローンMG-1Kを展示した。


日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

日本の農家のニーズを学んで進化を続けるエンルートの最新ドローン(1)

国内ドローンメーカーのエンルート社で、創業当時から技術者として機体の開発に携わってきた技術開発本部長の斉藤昇氏に、農業用ドローン開発の歴史と今後について聞いた。


スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

スカイマティクス、農薬散布クラウドサービス「はかせ」・葉色解析クラウドサービス「いろは」 の国内販売開始

株式会社スカイマティクス(以下「当社」)は、高性能農薬散布ドローンX-F1と専用クラウドサービスをセットにした農薬散布クラウドサービス「はかせ」、及び高性能測量ドローンX-S1と専用クラウドサービスをセットにした葉色解析クラウドサービス「いろは」の国内販売を5月31日より開始します。


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。