特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(3)  DJIの製品ラインナップで空撮を学ぶ

ドローンによる空撮を楽しむには、カメラの性能から機種を選ぶ方法がある。今回はDJIの製品ラインナップを比較して、自分の目的に合ったドローンを選ぶヒントを提供しよう。


DJIの4製品をカメラ性能で比較する


 まずDJIの4製品となる、Spark、Maciv Pro、Phantom 4 Pro、そしてInspire 2の機体とカメラ性能を比較してみよう。

Spark 
センサー 1/2.3インチCMOS  有効画素数: 1,200万画素
最大静止画サイズ 3968×2976 
動画解像度 FHD: 1920×1080 30p
ジンバル 2軸 ピッチ: -85~0°

Mavic Pro
センサー 1/2.3インチCMOS 有効画素数:1,235万画素
最大静止画サイズ 4000 x 3000
動画解像度 DCI4K: 4096×2160 24p
ジンバル 3軸 ピッチ: -90〜+30°

Phantom 4 Pro
センサー 1インチCMOS 有効画素数:2,000万画素
最大静止画サイズ 3:2:5472×3648
動画解像度 C4K:4096×2160 24/25/30p @100Mbps
ジンバル 3軸 ピッチ:-90 ~ +30°

Inspire 2
センサー 4/3インチCMOS 有効画素数:2,080万画素
最大静止画サイズ 4:3:5280×3956
動画解像度 C4K: 4096×2160 23.976/24/25/29.97/47.95/50/59.94p @100Mbps
ジンバル チルト:+50°~-140°、パン:±330°、ロール:+90°~+30°

 実際のデータは、もっと詳しく分かれるのだが、ここでは違いをわかりやすくするために、単純な値を抜き出している。その数字を比べてもらうと明確だが、最大静止画サイズや動画の解像度などは、製品のグレードに合わせて高性能になっている。4製品の中で、カメラの性能だけを比較すると、SparkとMavic Proには大差がない。しかし、空撮用ドローンの性能は、撮影するカメラだけではなく、ジンバルと呼ばれるカメラを支える軸の数と性能にも注目しなければならない。ジンバルの軸は、カメラを動かせる方向に影響する。2軸のジンバルではカメラを縦方向にしか動かせない。3軸になると横方向の動き、いわゆるパンというカメラワークが可能になる。またセンサーの性能に大きな差がなくても、撮影した画像データを処理する半導体による解像度の差も出る。例えば、SparkはフルHD動画まで記録できるが、Maciv Proは4K動画にも対応している。このあたりが、見えない差となって価格に反映されている。さらにMavic ProとPhantom 4 Proを比較すると、センサーの画素数も違えば、撮影できる4K動画のフォーマットやフレーム数にも違いがある。もしも空撮した静止画や動画を「商品」にしたいと考えているのであれば、最低でもPhantom 4 Proのカメラ性能は必要になる。それでも、Inspire 2と比べると違いはさらに明確だ。Inspire 2では、ドローンの機体とカメラが別売りになっている。そのため、Inspire 2で空撮するためには、機体価格 + Zenmuse X5S(248,000円)などのカメラも購入しなければならない。別売りになっているだけあって、高性能なカメラを利用できるので、撮影できる静止画も動画もプロフェッショナル向けになる。テレビやCMなどのドローンによる空撮映像の多くで、旧モデルのInspire 1や最新モデルとなるInspire 2が使われている理由は、カメラの性能が重視されているからだ。

どこまで必要で何に投資するかを見極める

 高ければ性能がいい、というのは当たり前。はじめてのドローン選びで重要なポイントは、自分の用途に合ったコストパフォーマンスの良い一台を見極めること。例えば、4K動画が撮影できる高性能なドローンを手に入れても、手元に4K動画を編集できるPCやソフトがなければ、実際にはフルHD動画で十分となる。また、高性能なドローンは安定した飛行のために機体もプロペラも大きくなっている。そのため、手軽な持ち歩きは難しい。そして、趣味として楽しむのか、将来的には仕事にも活かしていきたいのかで、投資の幅も変わる。こうしたポイントを総合的に評価すると、DJI社の4製品の中で入門者にお推めなのは、やはりSparkになる。カメラやジンバルの性能は、上位3モデルに比べると劣るが、自撮りから簡単な空撮までならば、Sparkで十分に楽しめる。小型で軽量なので、旅先にも手軽に持ち運べる。Sparkにも、別売りのコントローラーが用意されているので、自撮り以外の空撮にも活用できる。Sparkで空撮ドローンの基本を覚えて、さらに興味が沸いてきたときに、Phantom 4 ProやInspire 2などの本格的な機体を手に入れるのもいいだろう。また、もう少し予算があって、最初から自分なりの空撮「作品」を撮りたいと考えている人には、Mavic Proがベストチョイスといえる。

 ところで、ドローンの中には100万円を超える高額な機体もある。DJI製品の中でも、本格的な空撮で使われているMatrice 600シリーズになると、本体とジンバルにオプションなどを組み合わせると、100万円を越える投資が必要になる。入門用ドローンとは別に、産業用途のドローンでは100万円から300万円ほどの価格帯が中心だ。次回はそんな100万越えのドローンについて考察していく。

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

DJI Japanの展示コーナーでは、メインのプレゼンテーション用ステージの他に、ソリューションや販売パートナーごとに小さな展示スペースを設けて、協力各社の説明員が来客の対応にあたっていた。


DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPAN (東京都港区)と do (東京都千代田区)は、国際航業と業務提携し、高精度 UAV 測量を実 現するための講習プログラムを開発し、全国の提携講習団体が3 月から受講者の募集 を開始 する。


DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJIは、 アジア太平洋地域の24ヵ国と地域で,空港の保護などを強化するのGEO 2.0システムの運用を開始し、 ジオフェンス技術をさらに向上したと発表した。


DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI JAPANは、パシフィコ横浜で開催されている「CP+ 2019(シーピープラス)」に、DJIが空と動画をテーマに出展した。2月28日から3月3日(日)まで、


400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

ダウ・デュポン(ニューヨーク証券取引所:DWDP)のアグリカルチャー事業部門Corteva Agriscienceは、DroneDeployの商用ドローン向けクラウドソフトウェアプラットフォームを採用し、世界最大の規模となる400機以上のDJI製ドローンを導入する。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。