ドローン植林がマングローブを救う

ドローン植林がマングローブを救う

ミャンマーで始まる森林保護のイノベーション。ドローンのテクノロジーを活用した植樹。


アジア最後のフロンティアと呼ばれ進境著しいミャンマー。長年にわたる乱伐や災害で森や生態系は荒れ果てている。過去5年間、エーヤワディー川デルタの村人たちは失われたマングローブの生態系を回復させようと、苦労して270万本もの木々を植林してきた。しかし、手作業による植林には膨大な手間と時間がかかるため、森を失う速度に追いつかない。

その課題を解決する切り札として期待されているのが、ドローンのテクノロジーを活用した植樹だ。NASAの元エンジニアであるLauren Fletcher氏が設立したスタートアップのBioCarbon Engineeringのドローンは、1日に10万本の植林を行うことができ、人々はそのぶん浮いた時間で生育中の若木の世話に集中することができる。

…この記事の続きを読む

情報提供元:IDEAS FOR GOOD
http://ideasforgood.jp/2017/08/23/biocarbon-engineering/

この記事のライター

関連するキーワード


ミャンマー 植樹

最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。