前橋市消防局が有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の研究を公開

前橋市消防局が有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の研究を公開

前橋市消防局は、大規模災害時に被害状況を把握するための研究として、高所からの継続的な映像配信を行うために、有線ドローンによる「移動型火の見やぐら」の実証実験を8月29日、群馬県前橋市で公開した。


消防庁の「消防防災科学技術研究推進制度」による実験

 今回の実験は、消防庁による「消防防災科学技術研究推進制度」における平成29年度新規研究課題で、株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:猪坂 哲)の「有線Droneを利用した移動型火のみやぐらとG空間システム連携の研究」が採択されたことを受けて行われた。「消防防災科学技術研究推進制度」は、消防防災行政に係る課題解決や重要施策推進のための研究開発を委託する競争的資金制度。研究内容は、大規模災害時の災害状況を有線ドローンを使用して、サーマルカメラによる空撮とFWA(データを有線ではなく無線を使用する通信サービス)を使用した移動中継車による通信を併用し、災害現場映像をG空間情報を利用したシステムで表示するもの。会場には、研究の関係者だけではなく、有線ドローンの有用性を確かめるために、全国の消防局や官庁からも見学者が集まった。

離陸した有線給電式のドローンPARKとFWA網を使いドローンの撮影映像を中継する指揮車両=8月29日、群馬県前橋市の前橋消防局白川分署

高度122メートルで7日間の連続運用が可能

 公開実験に採用された有線ドローンは、ドローン事業を展開する田中電気株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:田中良一)がモトローラ・ソリューションズ株式会社と共に米 CyPhyWorks(サイファイ・ワークス)社から輸入した「PARC(パーク)」。雨や雪でも飛行が可能な全天候型の飛行ロボットで、7日間の連続運用が可能。防弾チョッキに利用されているケプラー素材で作られたマイクロフィラメントテザーというケーブルで電源を供給し、ドローン本体とのデータ通信も行う。6本のアームは脱着がワンタッチで、組み立てや分解も容易。
 「PARC(パーク)」の飛行は、前橋市消防局北消防署白洲分署で行われた。実験会場に置かれた「PARC(パーク)」は、122メートルのケーブルを巻き取っているスプーラーと、200Vの電力を1070Vに昇圧して給電する電源装置と連動し、指令席に置かれたPCからのコマンドにより、指定した高度に上昇した。上昇後は、地上のスプーラーが常にケーブルを張った状態に維持して、ドローン本体は地上から引っ張られる状態で安定した高度を保つ。飛行中は、離陸した地点からほぼ垂直に上昇した位置を維持し続け、過度に移動することはない。ドローンの位置を移動させるコマンドはないので、360度に回転するカメラを操作して、上空から地上の様子をモニタした。前橋市消防局にFWA電波による画像伝送システムを納入した実績のある理経は、有線ドローンからの映像をG空間情報と呼ばれる災害対策情報の共有システムに中堅する様子も紹介した。
 「PARC(パーク)」の性能は、最大で800時間の連続運転が可能になっているが、安全を考慮して7日間の連続運用が推奨されている。また、本体にはバッテリーも内蔵されていて、ケーブルからの電源が失われても、自力で着陸できるように設計されている。公開実験の最後には、電源装置にある「緊急停止」ボタンを押して、ドローンへの電源を停止し、機体が自力で着陸する様子も紹介された。
 前橋市消防局では、今後も寒冷時の飛行や、夜間での赤外線カメラによるモニタリングなどの実験を行う計画。

デモフライト中の有線給電ドローンPARKと背後はFWA網のアンテナ=8月29日、群馬県前橋市の前橋消防局白川分署

高度120mからの中継映像

この記事のライター

関連する投稿


【Japan Drone 2019】田中電気、中国HARWAR社の強力な災害支援ドローンD-HOPEを紹介

【Japan Drone 2019】田中電気、中国HARWAR社の強力な災害支援ドローンD-HOPEを紹介

秋葉原でJUIDA認定のドローンスクールを開講する田中電気株式会社(東京都千代田区)は、これまでに有線給電ドローン「PARC」を防災、警備などに提案している。今回は今年5月に実機が入荷予定の中国HARWAR社の強力な災害支援ドローン「D-HOPE」を紹介した。


田中電気が防災対応に最適なHARWAR社のD-HOPEシリーズの販売開始へ

田中電気が防災対応に最適なHARWAR社のD-HOPEシリーズの販売開始へ

都心でドローンスクールを運営する田中電気株式会社(東京都千代田区)は、これまで防災、警備対応に有線給電ドローンPARKを提案してきた。同社は、多彩な災害対応モジュールを備えた中国のHARWAR社のD-HOPEシリーズの販売を新たに開始する。


第1回CSAJドローンプログラミングコンテストを開催(1) 工夫を凝らした3チームが挑戦

第1回CSAJドローンプログラミングコンテストを開催(1) 工夫を凝らした3チームが挑戦

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(東京都港区、会長:萩原紀男、以下:CSAJ)は、ドローンのソフトウェア技術の向上を目的に、第1回ドローンプログラミングコンテストを神奈川県藤沢市の慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)で3月31日、開催した。(田中亘)


【ジャパンドローン2018・発見!】田中電気協賛、CSスカパーで、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」スタート

【ジャパンドローン2018・発見!】田中電気協賛、CSスカパーで、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」スタート

ジャパンドローン2018では、有線給電ドローンSPARCを展示、来場者の注目を集めた田中電気株式会社(東京都千代田区)は、秋葉原でドローンスクールを運営することもあって、業界初のドローン専門番組「レッツ!ドローン」(CSスカパー)の制作に協賛、番組は4月14日から放映される。


【橋梁・トンネル技術展】田中電気、秋葉原から徒歩1分が魅力のドローンスクール

【橋梁・トンネル技術展】田中電気、秋葉原から徒歩1分が魅力のドローンスクール

都心でドローンスクールが受講できる田中電気株式会社は、JUIDAから11月末現在で認定から1年が経過したスクールとして表彰された。同社によると2016年9月の開校以来、これまでに約80人が卒業した。


最新の投稿


CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

CFDの法人向け水中ドローンレンタルサービス「春の半額キャンペーン」開催中!

PCパーツの総合サプライヤーCFD販売は、水中ドローンの法人向けレンタルサービスで、一部製品のレンタル価格が半額になるキャンペーンを開催中。


水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

水素燃料電池を搭載した中国のLQ-Hが初飛行に成功

上海の英字新聞Shanghai Dailyのサイトで、中国のCommercial Aircraft Corporation(COMAC)が、水素燃料電池を搭載したLQ-Hの初飛行に成功したと報じた。


米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

米国初、CAPE社が米国連邦航空局(FAA)から目視外飛行(BVLOS)認証証明書を授与

2019年3月19日 – 米国カリフォルニア州。ドローンのテレプレゼンスとデータ管理のクラウドプラットフォームを提供するCAPE(米国)社は、FAAから史上初となるBVLOS 認証証明書(COA)を付与された。


VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

VTOLを革新するPteroDynaimcs社のTranswing Parus5c

PteroDynamics(米国カリフォルニア州)のVTOLドローンは、翼を回転させるというユニークな構造で、革新的な飛行性能を実現した。


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。