ライブを盛り上げるバルーン型ドローン「Aerotain」 ディズニーの研究部門とスイスの研究部門が共同開発

ライブを盛り上げるバルーン型ドローン「Aerotain」 ディズニーの研究部門とスイスの研究部門が共同開発

広告マーケティングやスポーツイベント、ライブ…と、様々なジャンルでの活躍が見込まれているバルーン型ドローン「Aerotain」だ。


ドローンと言えば、プロペラが付いた無人機をイメージする人が多いかもしれない。ところが近年、従来のイメージからかけ離れた新種のドローンが登場している。

ここで紹介するのは、広告マーケティングやスポーツイベント、ライブ…と、様々なジャンルでの活躍が見込まれているバルーン型ドローン「Aerotain」だ。

・スイスのスタートアップが開発

バルーンのように大きく膨らんだ状態で空中を浮遊するドローン「Aerotain」。スイスのスタートアップAerotain AG、チューリヒ工科大学(ETH)および現地に拠点を置くディズニーの研究部門が共同で開発したものだ。

「世界一安全なライブエンターテイメント向けドローン」をコンセプトしており、空中を浮遊するドローンに触れても問題なさそうだ。…この記事の続きを読む

情報提供元:Techable
https://techable.jp/archives/63943

この記事のライター

最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。