<産経女子特区・その2>可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

<産経女子特区・その2>可能性秘めた空飛ぶ“あの子”

産経女子特区では、産経新聞東京本社に所属する女性記者が中心となり、さまざまなテーマを追いかける。今回は女性記者が最新ドローンを体験ルポした。


体験会で“ハイテクの塊”実感

 さまざまな場面で活用が期待されるドローンを理解するには自ら操縦してみることが何よりだろう。ドローンの販売代理店が開催する無料体験会に参加すべく、横浜市金沢区にある「SEKIDO-DJI横浜ベイサイド店」に併設されたグラウンドを訪れた。

 ドローンを飛ばすには許可申請が必要な場所が多く、加えて申請時には10時間以上のフライト経験が必要になる。ここでは、誰でも参加できる無料体験会を月1回開催しているほか、メーカー公認の技能資格認定試験も行われている。購入した愛機を持ち込んでフライト練習をする人たちも多い。利用者の1~2割が女性という。

 操縦体験をさせてもらったのは、空撮用ドローンで世界的なシェアを誇るDJI(中国)の「Phantom(ファントム)」シリーズ。実際に操縦して難しいと感じたのが、機首が旋回した際の左右の指示の出し方だ。通常の操作は機首を正面とし、前後左右の指示を出す。機首と操縦者が同じ方向を見て進んでいる場合はよいが、対向状態になると、操縦者にとっての左右と機首にとっての左右が逆転。機体を右に動かそうとしながら、つい左の指示を出してしまう。
 DJIのドローンを扱う正規販売代理店、SEKIDO(東京都国立市)の大岡聡さんは「初心者が一番混乱しやすいポイント。予期せぬ方向に進んだ結果、トラブルにつながる原因にもなる」と指摘する。

 飛行モードは多様で、機体を旋回させながらでも一定方向へ進み続けるように設定することもできるという。ほかには衝突回避システム、画像認識で対象物を追いかける自律飛行機能などを搭載した機体もある。

 4Kカメラを標準搭載したシリーズの登場や、画像処理ソフトも向上したことで、企業のパンフレットや広告など、これまで高額な撮影費用をかけていた空撮映像や写真が手軽に撮れるようになった。

 体験を通じ最新のドローンがハイテクの塊であり、高レベルで安全性が確保されていることが分かった。大岡さんは「数千万円する産業用無人ヘリに比べ、ドローンは数十万円台と価格も手ごろ。今後は農薬散布など農業分野での活躍も期待できる」と話した。

政府の新成長戦略に「ドローン配送」

 政府が5月にまとめた新たな成長戦略の素案には、ドローンによる荷物配送が盛り込まれた。それによると、来年度からドローンによる荷物配送を離島や山間部などで実施。2020年代には人口密度の高い都市部でも本格化させるとしている。物流コストの大幅減とともに物流業界の人手不足にも対応するのが狙いという。
 政府は8月、ドローンによる物流や災害現場などでの活用を促進するため、長距離飛行を可能とする法整備の方針も発表した。平成27年施行の改正航空法では、ドローンが操縦者の目視から外れた経路をとる場合、国交省の事前承認がなければ飛行できない。
 また承認基準を定めた「審査要領」には実際に飛行する際、別に監視できる「補助者」を配置することが規定されており、長距離飛行が事実上難しいのが現状だ。
 政府はこの審査要領を改訂し、離島や山間部などに限って、目視外の長距離飛行が可能となるよう承認基準を定める方針だ。今年度中に改定案をまとめ、来年度の運用開始を目指す。
 日本国内のドローン市場規模は世界全体の1割にも満たないとされる。

9月15日付産経新聞朝刊に掲載された「産経女子特区×ドローン」の記事

この記事のライター

関連する投稿


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日、開校した。


DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

この数週間に、Twitterなどで流出しているレンズ交換システムを備えたシルバーボディのPhantomのようなドローンについて、DJIは海外のドローン系メディアに対して、公式にPhantom 5ではないと否定した。


最新の投稿


エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンス、ビックカメラで産業用ドローン「AEROBO(エアロボ)の販売開始 9月26日から

エアロセンスは、同社で開発・製造・販売している産業用国産ドローン AEROBO®(以下エアロボ)と、GPS 搭載対空標識 AEROBO® Marker(エアロボマーカー)と、高速自動データ処理クラウド AEROBO® Cloud(エアロボクラウド)のパ ッケージを、ビックカメラで販売開始。


BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENの新曲「シリウス」MVにLEDビジョン×ドローンでCGを超えた光の演出

BUMP OF CHICKENは、 9月24日、 Digital Single「シリウス」の配信と同時にミュージックビデオ(MV)を公開しました。ミュージックビデオでは LEDビジョンなどの最新照明やドローンによる空撮を活用し、 生の演出とは思えない美しく神秘的な映像を実現した。


川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高校の生徒11名が参加、「川俣町ドローンスクール」を開催 福島県・川俣町の新産業を高校生が創造

川俣高等学校(福島県伊達郡川俣町)で、 9月26日に第1回目となる「川俣町ドローンスクール」を開催。


Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

Drone Fundが新執行体制を発表! 大前創希氏を千葉氏と同格の共同代表に 高橋伸太郎氏もパートナー入り 

 ドローンのスタートアップ専門のファンドDrone Fundは9月25日、千葉功太郎氏と同格の代表パートナーに大前創希氏を、最高公共政策責任者パートナーに高橋伸太郎氏を起用する新執行体制を発表した。代表2人体制、パートナー4人体制に強化し、「ドローン前提社会」、「エアモビリティ社会」の実現への取り組みを加速する。


DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

DJIが空撮カメラマンの匠(Master)に写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド氏を任命

ドローンメーカーのDJI(中国)は、写真家で映画監督のヤン・アルトゥス・バートランド(Yann Arthus-Bertrand)氏をDJI Master(匠)に任命した。世界で最も熟練したイメージング・パイオニアとして、他に2名の匠も任命している。