ドローンの安全飛行管理システムを語る〜熊田 貴之・ブルーイノベーション株式会社 代表取締役

ドローンの安全飛行管理システムを語る〜熊田 貴之・ブルーイノベーション株式会社 代表取締役

INTERNATIONAL DRONE EXEPOで、ブルーイノベーション株式会社 代表取締役の熊田 貴之氏は、ドローン市場やドローンの安全飛行管理システムに関する講演を行った。


法人におけるドローンの積極的な利活用を推進してきた同社の代表を務める熊田氏が、国内におけるドローンの安全な飛行管理システムについて講演した。

2020年には1兆円産業になる国際的なドローン市場の予測

 「世界のドローン市場の成長予測によれば、2020年には、約1.2兆円の産業になると予測されています。(*1)」と熊田氏は切りだす。
 一方の日本でも、国内産業用ドローンの市場規模が、2020年には約200億円に、さらに2022年には400億円を超えると予測されている。(*2)
 「産業用ドローンの国内における市場の内訳予測によれば、200億円のうちドローン本体の規模は約20億円と試算され、残りの約170億円がドローン関連のサービスによる売上になると予測されています。(*3)」と熊田氏。
 ドローンのサービス関連の利用分野としては、2015年の時点では約70%が農薬散布となっているが、2020年には整備や点検などの用途が約4割を越え、計測が約2割を占めると予測されている。その他にも、警備や倉庫などの需要も広がると考えられている。(*2)
 また、ドローンの実用化に向けたロードマップによれば、空中撮影などの用途が中心の現在から、今年は観測や監視などへの利用が広がり、来年からは環境監視や夜間の稼動にマッピングなどへの応用が広がり、約200億円の市場規模に向けて、4年先には物流や配送などの分野でも活用される可能性が高い。
 「国内におけるドローンの民間需要においては、建築や土木工事での調査や測量に、不動産業や娯楽施設などのプロモーション映像の撮影に、報道や映画、そしてイベントや記念撮影などで利用されています。その他の用途でも、ソーラーパネルに山林や鉄道などの各種施設の調査や管理に活用されています」と熊田氏。

無人航空機の事故事例と安全上の課題

 「活用が進む一方で、国内外で無人航空機による墜落や危険な行為の事例も増えています。2014年だけでも、米国や英国で空港付近で旅客機とドローンが異常接近したり、日本でも撮影中のドローンが墜落して怪我をする人がいました。また、官邸や善光寺にドローンが落下した昨年の事件を記憶している方も多いと思います」と熊田氏。
 ドローンを安全に利用するためには、解決しなければならない技術的な課題と産業インフラの問題があるという。まず、技術的な課題としては、GPSの精度の向上やGPSが届かない環境下での飛行など、航法における技術革新が求められている。その他にも、自律制御や機体の長時間飛行に、部品の信頼性や風雨下での耐性、通信性能の向上に、安全対策などが求められている。また、産業インフラの面では、操縦者の技能や知識を向上させるライセンスの整備に、機体の認証や検査、飛行業務の管理に事故データの収集、賠償責任やプライバシーの保護に武器拡散禁止などの対応が、課題として検討されている。
 「ドローンを取り巻く数多くの課題を解決するために、ドローン・インテグレーターである弊社では、安全飛行管理システムによる解決策を提供しています」と熊田氏。

 同社の提供する安全飛行管理システムとは、ドローンに安全飛行管理装置を取り付けて、IDによる認証と飛行ログの記録を実現するもの。ICチップカードが入った操縦者ライセンスをかざすことで、ドローンが起動するシステムにより、悪用や盗難を防止する。また、飛行ログにより10時間以上の飛行時間も証明する。
 「安全飛行管理システムは、遠隔操作やドローンからのデータをクラウドサーバーにビッグデータとして収集することにより、将来的には事故の解析や保険適用などへの活用も可能になります」と熊田氏はそのビジョンを語った。

*1 出典 FROST&SULLIVAN分析(2014年)
*2 出所 シード・プランニング
*3 出所 日経BPクリーンテック研究所

この記事のライター

関連する投稿


JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、国土交通省航空局 安全部 運航安全課 無人航空機運航基準係の河本欣隆氏を講師にドローン情報基盤システム(Drone/UAS Information Platform System【DIPS】)について、セミナーを5月9日に東京大学(本郷)で開催する。


【ジャパンドローン2018・発見!】ブルーイノベーションのブースがOPEN前からにぎやかだった件!

【ジャパンドローン2018・発見!】ブルーイノベーションのブースがOPEN前からにぎやかだった件!

 3月24日まで千葉・幕張メッセで開かれていたJapan Drone 2018では期間中毎朝、来場者が入場する前にひときわ元気な声が響き渡るブースがあった。JUIDAを運営するドローンプラットフォーム会社、株式会社ブルーイノベーションのブースだ。


【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


ブルーイノベーションがスイスのFlyability社と業務提携、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」の提供開始

ブルーイノベーションがスイスのFlyability社と業務提携、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」の提供開始

ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、Flyability SA社(スイス、ローザンヌ)と業務提携し、屋内狭小空間の運用に最適なドローン「Elios」を採用、機体の販売や屋内点検分野での新たなソリューション・サービスなどを展開すると3月20日、発表した。


最新の投稿


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)