第14回ドローン検定「無人航空従事者試験」受験申込受付開始 【11月19日開催】

第14回ドローン検定「無人航空従事者試験」受験申込受付開始 【11月19日開催】

ドローンパイロットが正しい知識を身につける機会となることを図ります。


無人航空従事者試験について

無人航空従事者試験(以下、本検定)は、筆記による試験で、1級~4級に分けて実施いたします。
試験の内容は、用語や機体の構造といった基礎知識から、飛行に関する特性、電気電子工学、航空力学、気象学、関連法規などを問う問題となっています。 級数に応じて出題範囲と難易度が異なります。

試験実施地

試験実施地は、毎試験受付時に、実施要項にて発表されます。同じエリアで毎回開催されるとは限りませんのでご注意ください。具体的な受験地については、郵送にて送られてくる受験票に記載されています。

出題方法

ドローン検定の試験は、筆記試験のみで行われます。解答方法は、選択肢から設問に応じた答えを選ぶマークシート方式です。各設問4択の選択肢の中から1つだけを選びます。1問2点で全50問です。

合否判定

80点以上で合格です。

採点結果照会

マークシートを機械で読み取り合否を判定するため、個別の採点結果(点数)は、お伝え出来ません。ただし、有料(1500円+税)にて採点結果照会を行うことが可能です。採点結果照会は、答案を個別に採点し、採点結果(点数を含む)を郵送にてお知らせするサービスです。(万が一、採点結果照会により当協会での採点ミスがあった場合は、本サービスの費用はご返金いたします。)

受験お申込みから合格通知までの流れ

当ホームページ右上の「受験案内(受験申込)」より、受験申し込み手続きを行ってください。各会場と各級により申し込みされる際のボタンが異なりますので間違いの無いようにお願いいたします。

お申し込み後、受験料のご入金をお願いいたします。ご入金を確認できた方より、順次(1週間前後にて)受験票を郵送させていただきます。試験会場は、受験票に記載されております。

受験票を紛失されると受験ができなくなりますので大切に保管して下さい。また、再発行も致しておりませんので予めご了承下さい。試験当日会場に直接お越しください。お持ちいただくものは、「筆記用具(えんぴつ)、消しゴム、受験票」です。また、いかなる場合でも試験の中止が無い限りは、欠席による返金や持ち越しなど致しておりませんので、ご注意ください。

受験日から10日ほどで合否確認用の通知を郵送させて頂きます。合否確認通知の情報を元にホームページより合否確認が可能です。

受験日から1ヶ月ほどで「合格者」のみ、合格証をお届けいたします。

合格者証

■1級
合格証(カード)
合格者ピンバッチ
ドローン検定協会ホームページにプロフィール掲載(希望者のみ)

■2級
合格証(カード)
合格者ピンバッチ

■3級・4級
合格証(カード)

…この記事の続きを読む

情報提供元:ドローン検定協会株式会社
https://drone-kentei.com/about1.html

この記事のライター

関連する投稿


自動車学校でのドローン操縦教育導入を推進(ミナミホールディングスとドローン検定協会が協力)

自動車学校でのドローン操縦教育導入を推進(ミナミホールディングスとドローン検定協会が協力)

ミナミホールディングス株式会社とドローン検定協会株式会社は、自動車学校でのドローン操縦教育導入を推進していくことで合意し、平成29年3月17日(金)に調印式を行う運びとなりましたのでお知らせいたします。今後、2社が協働で全国の自動車学校へノウハウの提供を行います。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。