第14回ドローン検定「無人航空従事者試験」受験申込受付開始 【11月19日開催】

第14回ドローン検定「無人航空従事者試験」受験申込受付開始 【11月19日開催】

ドローンパイロットが正しい知識を身につける機会となることを図ります。


無人航空従事者試験について

無人航空従事者試験(以下、本検定)は、筆記による試験で、1級~4級に分けて実施いたします。
試験の内容は、用語や機体の構造といった基礎知識から、飛行に関する特性、電気電子工学、航空力学、気象学、関連法規などを問う問題となっています。 級数に応じて出題範囲と難易度が異なります。

試験実施地

試験実施地は、毎試験受付時に、実施要項にて発表されます。同じエリアで毎回開催されるとは限りませんのでご注意ください。具体的な受験地については、郵送にて送られてくる受験票に記載されています。

出題方法

ドローン検定の試験は、筆記試験のみで行われます。解答方法は、選択肢から設問に応じた答えを選ぶマークシート方式です。各設問4択の選択肢の中から1つだけを選びます。1問2点で全50問です。

合否判定

80点以上で合格です。

採点結果照会

マークシートを機械で読み取り合否を判定するため、個別の採点結果(点数)は、お伝え出来ません。ただし、有料(1500円+税)にて採点結果照会を行うことが可能です。採点結果照会は、答案を個別に採点し、採点結果(点数を含む)を郵送にてお知らせするサービスです。(万が一、採点結果照会により当協会での採点ミスがあった場合は、本サービスの費用はご返金いたします。)

受験お申込みから合格通知までの流れ

当ホームページ右上の「受験案内(受験申込)」より、受験申し込み手続きを行ってください。各会場と各級により申し込みされる際のボタンが異なりますので間違いの無いようにお願いいたします。

お申し込み後、受験料のご入金をお願いいたします。ご入金を確認できた方より、順次(1週間前後にて)受験票を郵送させていただきます。試験会場は、受験票に記載されております。

受験票を紛失されると受験ができなくなりますので大切に保管して下さい。また、再発行も致しておりませんので予めご了承下さい。試験当日会場に直接お越しください。お持ちいただくものは、「筆記用具(えんぴつ)、消しゴム、受験票」です。また、いかなる場合でも試験の中止が無い限りは、欠席による返金や持ち越しなど致しておりませんので、ご注意ください。

受験日から10日ほどで合否確認用の通知を郵送させて頂きます。合否確認通知の情報を元にホームページより合否確認が可能です。

受験日から1ヶ月ほどで「合格者」のみ、合格証をお届けいたします。

合格者証

■1級
合格証(カード)
合格者ピンバッチ
ドローン検定協会ホームページにプロフィール掲載(希望者のみ)

■2級
合格証(カード)
合格者ピンバッチ

■3級・4級
合格証(カード)

…この記事の続きを読む

情報提供元:ドローン検定協会株式会社
https://drone-kentei.com/about1.html

この記事のライター

関連する投稿


自動車学校でのドローン操縦教育導入を推進(ミナミホールディングスとドローン検定協会が協力)

自動車学校でのドローン操縦教育導入を推進(ミナミホールディングスとドローン検定協会が協力)

ミナミホールディングス株式会社とドローン検定協会株式会社は、自動車学校でのドローン操縦教育導入を推進していくことで合意し、平成29年3月17日(金)に調印式を行う運びとなりましたのでお知らせいたします。今後、2社が協働で全国の自動車学校へノウハウの提供を行います。


最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。