ニューヨーク州政府がドローン産業の発展に3,000万ドルの投資を約束

ニューヨーク州政府がドローン産業の発展に3,000万ドルの投資を約束

ニューヨーク州のAndrew Cuomo知事は、ニューヨーク州の中央地域に位置するセントラル・ニューヨークで、50マイルのドローン専用空路と新たな試験施設の開発に、3,000万ドルを投資すると9月28日、発表した。


ドローン産業に投資を加速するニューヨーク州

ニューヨーク州のAndrew Cuomo知事

 ニューヨーク州のブルーム郡やマディソン郡にモンゴメリー郡などが位置するセントラルニューヨーク地域は、農場や観光地として発展してきた。その一方で、セントラル・ニューヨークとモホーク渓谷には、ロッキード・マーティンやハリス・コーポレーションにAIS、サーブ、SRC、グリフォン・センサーなど、多くの製造業や研究開発拠点がある。またこの地域は、UA(Unmanned Aerial Systems)産業も盛んで、テストおよび認証施設のNUSTAR(National UAS Standard Testing and Rating)施設の本拠地もある。
 ニューヨーク州のAndrew Cuomo知事は、このセントラル・ニューヨークのドローン産業をさらに発展させるために、世界初となる50マイルのドローン専用空路を開設し、NUSTARとのパートナーシップを正式化すると発表した。Cuomo知事は「この画期的なパートナーシップと、国内で最も高度な無人機のテストに3,000万ドルを投資し、セントラル・ニューヨークとモホーク渓谷で、最先端のイノベーションを確立していきます」と話し「この最先端の技術に投資することで、我々は、先進国の経済を成長させ、将来の業種において良質で質の高い雇用を創出するための道筋を作ります」とも語った。

この記事のライター

最新の投稿


御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

御岳山と奥多摩の紅葉・幻の集落・ドローン4K空撮

こんな絶景が東京にあるなんて! 


セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

セキドが2018年の新ビジョンを発表 ドローンの安全運用進めるSUSCの推進と虎ノ門エリアに新拠点を開設

株式会社セキド(東京都国立市)は第1回目となるパートナーカンファレンスを12月11日、都内のホテルで開催し、同社代表取締役の大下貴之氏が2018年に向けた同社の新たなビジョンを発表した。


大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学写真学科がドローンの撮影技術を習得できる授業導入 2018年4月から

大阪芸術大学がドローンの操縦技能と空撮技術が習得できる授業を導入、来春開講する。講師にはドローン撮影の第一人者で一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)代表理事の坂口博紀氏が写真学科3年生を対象に特別授業を実施する。


香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

香川高専がドローン水難救助システムを展示 SEMICON JAPAN

 東京ビッグサイトで開催中(12月13~15日)の、国内外の半導体製造装置、材料が集まる展示会SEMICON JAPANの、高等専門学校の展示エリアで、「マルチコプターを活用した水難救助シシテム」を掲げ、人だかりができているブースがあった。香川高等専門学校(香川県)のブースだ。


半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

半導体展示会SEMICON Japanに登場したドローン特別展示

東京ビッグサイトで2017年12月13日から15日までの3日間にわたって開催されたマイクロエレクトロニクス国際展示会のSEMICON Japan 2017に、ドローン・ジャパンが企画したドローン特別展示が開設された。