「ドローンスクールジャパン埼玉春日部校」が10月11日(水)に開校

「ドローンスクールジャパン埼玉春日部校」が10月11日(水)に開校

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(本社:東京都中央区、代表取締役社長:貝應大介)は全国21校目となるドローン専用の屋外飛行場を完備した『ドローンスクールジャパン埼玉春日部校』を10月11日(水)に開校します。開校日の10月11日(水)には、開校式典を開催、デモフライトも予定しております。


■​埼玉県初となるドローンスクールが誕生! 北海道から九州まで全国21校で開校した「ドローンスクールジャパン」

当社は、一般社団法人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA/読み:ディーパ)に認定されている「ドローンスクールジャパン」を、東京、神奈川、仙台、静岡、大阪、福岡で運営しています。産業用ドローンはインフラ点検・農林業・捜索などに活用されていますが、急増する需要に対し、操縦士が不足しております。現在、ドローンの潜在市場は、約15兆円※1と想定され、トンネルや橋梁、太陽光パネルなど、各種施設の点検への利用が始まっており、実験段階ではありますがドローンを利用した配送サービスに注目が集まっております。

この度、「確かな操縦技術と知識を兼ね備えた操縦士」を育成するため、国内最大級の屋外飛行施設を持った「ドローンスクールジャパン埼玉春日部校」を10月11日(水)に開校いたします。

「ドローンスクールジャパン」は、北は北海道から、南は、宮崎県まで全国各地に開校しております。当校は、全国21校目のスクールであり、埼玉県では、初の誕生となります。春日部市は、江戸時代に日光街道などの主要道路の整備とともに、粕壁宿として栄え、発展を遂げました。東西方向に東武アーバンパークラインと国道16号バイパスが横断し、南北方向には東武スカイツリーラインと国道4号・4号バイパスが縦断していて、都心への通勤圏となっている一方、水田や屋敷林が広がる水と緑の豊かな都市として、美しい景観と恵まれた自然環境を有しています。埼玉県はもとより千葉・茨城県からのアクセスが可能な3県対応スクールです。

今後ますます過熱するドローンではプロのドローンパイロットとして活躍する人材を輩出する事を目指し、農業、配送、警備、太陽光パネルの点検など、各分野において多くの産業利用が期待されております。
※1・・・英国ロンドンを本拠地とする世界的な監査・コンサルティンググループ PwC (Price Waterhouse Coopers)社調べ

■未来の操縦士を育成する充実したカリキュラムを準備した『ドローンスクールジャパン』 受講者は、述べ2500人を突破※2

「ドローンスクールジャパン」とは、初心者向けのコースから、土木業界向けのドローン3Dマッピング講習、赤外線カメラを使った夜間の人命救助講習などが受講できる、産業用ドローン操縦士の育成・訓練を目的とした学校です。一般社団法人ドローン操縦士協会に認定されており所定のコース修了者は、DPAの認定資格「ドローン操縦士回転翼3級」を取得することができます。2016年に開校後、東京、神奈川、愛知など全国各地へ21校開校し、2017年8月時点で、受講者数は、述べ2,500人を突破しました。※2・・・2017年8月末時点

<ドローンスクール講習内容>
ドローンに全く触れたことのない方向けの2日間限定のカリキュラム「フライトコース」では、円移動や四角移動等、ドローン操縦士に必要な25種類の技能が2日間で習得できます。カリキュラムで習得できなかったスキルは、後日スキルアップコースによって、習得可能です。また、「ビジネスコース」では、プロの操縦士を目指し、基礎技術が身に付く赤外線カメラ撮影など産業用ドローン操縦士に必要な20種類の技術が学べるコースとなっています。

スクール概要

■名称
ドローンスクールジャパン埼玉春日部校
■場所
埼玉県春日部市浜川戸1-5-13
東武スカイツリーライン春日部駅徒歩17分
東武野田線八木崎駅徒歩10分
■営業時間
9:00~17:00 土日祝日 休み
※土日祝日、受講希望者は要相談
■コース・料金
入学金は不要

開校日   :2017年10月11日(水)
ホームページ:http://k-drone-s.com/lp
問い合わせ先:TEL048-422-3880

<開校式典>
2017年10月11日(水) 13:00~

【開校式次第】
13:00~開校の辞
13:05~ご挨拶(株式会社D-MAX代表取締役 山本修司様)
13:10~ご挨拶(一般社団法人ドローン操縦士協会 理事長 小林一郎様)
13:20~認定校盾授与(一般社団法人ドローン操縦士協会)
13:30~交流会(デモフライト・操作体験)
14:00  閉式の辞
※メディアの方のドローン操縦体験やご取材も受け付けております。お申し込みはスカイロボット広報事務局までお願いいたします。

■ドローンスクールジャパンについて
「ドローンスクールジャパン」(略称:DSJ)は、株式会社スカイロボットが運営する、ドローン操縦士の育成学校です。「フライトコース」「ビジネスコース」「スマート農業コース」など目的に応じた各コースを用意しており、産業用ドローンの専門的な操縦技術やノウハウを習得することが可能です。一般社団法人ドローン操縦士協会(Drone Pilot Association/略称:DPA/読み:ディーパ)に認定されており、修了者はDPAの認定資格を取得することができます。

2016年4月に神奈川県高座郡寒川町の『ドローンスクールジャパン神奈川校』、2016年10月に世界最大級の屋内ドローン訓練施設となる東京都江東区潮見の『ドローンスクールジャパン東京校』、2016年11月に静岡県掛川市の『ドローンスクールジャパン静岡掛川校』を開校しており、建築や太陽光発電に関わる方、空撮を学びたい方など、主に産業活用を目的とした生徒が通っています。『スカイボランティア』の拠点として、2017年12月までの間に、千葉県、福島県など、全国に8校を新たに開校予定です。「ロボットがヒトを救う時代」の早期実現に向け、今後も取り組んでいきます。

■株式会社スカイロボットについて
株式会社スカイロボットは、『ロボット・ソリューションによる未来社会への貢献』をミッションとするドローンベンチャー企業です。産業用ドローンのパイオニアとして、豊富な経験と独自のスキルを活かし、人間にとっては過酷な環境で活躍するロボットを提供することで、社会への貢献を目指しています。
近年急普及する産業用太陽光発電分野においては、より長期的な視点での設備保全を可能にしたロボット・ソリューションを提供しております。他にも、家屋調査、非破壊検査、探索、人命救助など、当社のドローンはさまざまな分野において活用することができます。
当社はこれからも、ユニークで世の中に役立つソリューションの開発を推進していきます。

【会社概要】
社名 株式会社スカイロボット
代表 貝應 大介(かいおう だいすけ)
本社所在地 東京都中央区銀座一丁目13 番 15 号 ダイワロヤル銀座ビル オフィスフロア 2F
ホームページ http://www.skyrobot.co.jp
設立 2014年9月9日
資本金 9,800万円
従業員数 31名
事業内容
・ドローン本体、ドローン周辺機器およびドローン専用アプリケーションの開発・販売・レンタル
・ドローンとAI(人工知能)による探索レスキューシステムおよび医療品等の物質
・運搬システムの開発・販売・レンタル
・ドローンによる構造物の異常検出解析システムの開発・販売・レンタル
・ドローン連動式産業用ロボットの開発・販売・レンタル
・ドローンによる野生動植物、山林および農地等の観察調査システムの開発・販売・レンタル
・ドローンスクールジャパンの運営およびドローンレース、ドローンゲーム等各種・イベントの企画・開催

情報提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000026.000025128.html

この記事のライター

関連する投稿


スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、今年2月に提携した米国のドローンソリューション・ベンチャー PrecisionHawk USA Inc.(米・北カロライナ州) のドローン業務ソリューションの提供を5月から開始する。


スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

i-Construction対応ドローン3D空中測量と精密農業ソリューション&サービス


ドローンスクールジャパン、「スマート農業コース」を開講 !5日間で農薬散布用ドローン認定資格が日本全国で取得可能に

ドローンスクールジャパン、「スマート農業コース」を開講 !5日間で農薬散布用ドローン認定資格が日本全国で取得可能に

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)が運営するドローンスクールジャパンは、農薬散布用ドローンDJI AGRAS MG-1専門のスマート農業コースを開講する。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。


スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結  赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結 赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 赤外線カメラメーカーFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結し、世界最軽量クラス・赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始した。1月17日(水)から開催される「ロボデックス ロボット開発・活用展」で展示される。


最新の投稿


エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソン、両眼シースルーのスマートグラス モニターモデルで業務効率化!MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』新発売

エプソンは、検査・測定機器やドローン操作等のモニター利用に適した両眼シースルーのスマートグラス MOVERIO『BT-35E』『BT-30E』を10月17日より順次発売する。


ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

ORSO、オーイーシーと共同開発中の自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表

株式会社ORSO(東京都千代田区)は、今年2月に業務提携した株式会社オーイーシー(大分県大分市)と共同開発を進める、自治体向けドローン飛行場所管理ツール「DUCT」を正式発表し、9月23日〜24日に開催される「OITAドローンフェスタ2018」で先行公開する。


DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

DJIが米国で政策提言のプロフェッショナルを新たに雇用

2018年9月18日。DJIの米国法人は、航空政策の専門家David Hansell(デビッド・ハンセル)氏を公共政策管理者に雇用した。米国でのドローン関連の法律や規制への提言を推進する考えだ。


DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

DJI Matrice 200用ナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLT

Shenzhen Yangda Security Co.、Ltd(中国)が運営するYangdaonline.comで、DJI Matrice 200用に設計されたナイトビジョンズームカメラSky Eye-10NLTが販売されている。


 第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

第14回全日本学生室内飛行ロボットコンテスト開催 9/29、30

全国の大学・高専・専門学校生が自作の飛行ロボット(ドローン)を操縦して競い合う。