株式会社オプティムが農業ワールドで「OPTiM スマート農業ソリューション」を一挙に展示

株式会社オプティムが農業ワールドで「OPTiM スマート農業ソリューション」を一挙に展示

AIやIoTにビッグデータプラットフォームを提供する株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表者:菅谷俊二)は、AIなどを活用した「OPTiM スマート農業ソリューション」を幕張メッセにて開催されている「第4回国際次世代農業EXPO」で展示した。


“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を目指す「OPTiM スマート農業ソリューション」

 「OPTiM スマート農業ソリューション」は、圃場情報管理サービスの「Agri Field Manager」と、ハウス情報管理サービスの「Agri House Manager」に、ロボティクスサービスの「OPTiM Hawk」「OPTiM Agri Drone」「OPTiM Crawler」、そして農作業記録・GAP取得支援サービスの「Agri Assistant」、さらにOPTiMスマート農業で栽培された野菜「スマートやさい」、最後にブロックチェーンを活用したトレーサビリティプラットフォーム「アグリブロックチェーン」の6つの要素で構成されている。そのサービス構成は図のようになっている。「第4回国際次世代農業EXPO」の会場では、それぞれのサービスを紹介したパネルの展示や、ドローンにジオラマなどでサービスの詳細や連携の様子が紹介されていた。

OPTiM スマート農業ソリューション

試作中のマルチスペクトルカメラ搭載アダプタも展示

 株式会社オプティムの展示コーナーには、開発中のマルチコプターや固定翼ドローンに加えて、マルチスペクトルカメラを取り付けたDJIのPhantom 4も展示されていた。同社のインダストリー事業本部の井ノ上仁史氏によれば「このアダプターは開発中のもので、当社のドローン以外にも、Phantom 4をお使いのお客様が、手軽にマルチスペクトルカメラを使えるように、試行錯誤を繰り返しています」と話す。写真のモデルは試作品で、今後も改良を重ねて飛行のバランスや機体のセンサーなどの干渉を避けるように、設計していく計画。

試作モデルを手にする株式会社オプティムのインダストリー事業本部の井ノ上仁史氏

この記事のライター

最新の投稿


スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットは、 サイバネットと共同で開発したドローン計測データ用簡易可視化ビューアー「Sky Viewer(スカイ ビューアー)」も販売を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

米国ボストン、2017年12月07日。農業オートメーションに特化した工業用UAV開発業者のAmerican Roboticsが、Scout(スカウト)を発表した。Scoutは、自発的に毎日の偵察飛行を自律的に行う自己充電式の自己管理UAVシステム。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。