株式会社オプティムが農業ワールドで「OPTiM スマート農業ソリューション」を一挙に展示

株式会社オプティムが農業ワールドで「OPTiM スマート農業ソリューション」を一挙に展示

AIやIoTにビッグデータプラットフォームを提供する株式会社オプティム(本社:東京都港区、代表者:菅谷俊二)は、AIなどを活用した「OPTiM スマート農業ソリューション」を幕張メッセにて開催されている「第4回国際次世代農業EXPO」で展示した。


“楽しく、かっこよく、稼げる農業”を目指す「OPTiM スマート農業ソリューション」

 「OPTiM スマート農業ソリューション」は、圃場情報管理サービスの「Agri Field Manager」と、ハウス情報管理サービスの「Agri House Manager」に、ロボティクスサービスの「OPTiM Hawk」「OPTiM Agri Drone」「OPTiM Crawler」、そして農作業記録・GAP取得支援サービスの「Agri Assistant」、さらにOPTiMスマート農業で栽培された野菜「スマートやさい」、最後にブロックチェーンを活用したトレーサビリティプラットフォーム「アグリブロックチェーン」の6つの要素で構成されている。そのサービス構成は図のようになっている。「第4回国際次世代農業EXPO」の会場では、それぞれのサービスを紹介したパネルの展示や、ドローンにジオラマなどでサービスの詳細や連携の様子が紹介されていた。

OPTiM スマート農業ソリューション

試作中のマルチスペクトルカメラ搭載アダプタも展示

 株式会社オプティムの展示コーナーには、開発中のマルチコプターや固定翼ドローンに加えて、マルチスペクトルカメラを取り付けたDJIのPhantom 4も展示されていた。同社のインダストリー事業本部の井ノ上仁史氏によれば「このアダプターは開発中のもので、当社のドローン以外にも、Phantom 4をお使いのお客様が、手軽にマルチスペクトルカメラを使えるように、試行錯誤を繰り返しています」と話す。写真のモデルは試作品で、今後も改良を重ねて飛行のバランスや機体のセンサーなどの干渉を避けるように、設計していく計画。

試作モデルを手にする株式会社オプティムのインダストリー事業本部の井ノ上仁史氏

この記事のライター

最新の投稿


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。


ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

ドローンが飛び交う社会を目指した研究の最前線

幕張メッセで開催されたInterop 2018と同時開催されたLocation Business Japan 2018のドローン特設エリアに、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、ドローンが飛び交う社会を目指した最新の試験モデルを展示した。


ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

ドローンでハイパーラプス空撮映像 沖縄のドローン空撮・映像制作・かりゆしエア

タイムラプス技法のひとつであるハイパーラプス映像をMavic Proで撮影、作成した。


石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

石手川赤橋・愛媛県松山市 【ドローン空撮】

愛媛県松山市の水がめの石手川ダムの通称赤橋。


DJI Mavic Proで福間海岸の夕陽を空撮【ドローンおやじの「福岡ドローン空撮隊」】

DJI Mavic Proで福間海岸の夕陽を空撮【ドローンおやじの「福岡ドローン空撮隊」】

ドローンおやじの「福岡ドローン空撮隊」が撮影した福岡県の福間海岸の夕陽。