農業用ドローンのナイルワークス 第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス 第三者割当増資を実施

株式会社ナイルワークスは、 この度、 株式会社産業革新機構、 住友化学株式会社、 クミアイ化学工業株式会社、 住友商事株式会社、 全国農業協同組合連合会ならびに農林中央金庫(以下、 「出資企業・組合」)を引受先とする総額8億円の第三者割当増資を実施すると発表した。ナイルワークスは、「空からの精密農業」を掲げている。


 ナイルワークスは、 世界初のセンチメートル精度でドローンを完全自動飛行する技術開発に成功し、 本技術を搭載したドローンを作物上空30cmの至近距離を飛行させることにより、 薬剤の飛散量を大幅に抑えるだけでなく、 作物の生育状態を1株ごとにリアルタイムで診断し、 その診断結果に基づいて最適量の肥料・農薬を1株単位の精度で散布する新しい精密農業の実現に取り組んでいる。
 世界的な人口増加に伴って穀物需要は増え続ける見通しであり、 農業の生産性向上による食糧増産は地球規模の喫緊の課題となっている。 「空からの精密農業」は、 農作業の大幅な省力化を図るとともに、 農作物の収量と品質を飛躍的に向上させることを目標としている。
 ナイルワークスは、 今回の資金調達により自動化技術の安全性向上と生育診断技術の精緻化を進め、 「空からの精密農業」を実現すべく技術開発を一層加速し、 各出資企業・組合と緊密に連携し、 その技術をより多くの作物や品種に展開し、 日本のみならず海外にも進出していくことで、 精密農業のリーダーになることを目指すとしている。

■株式会社産業革新機構 は、 ナイルワークスへの出資を通じて、 ICTによる革新的な精密農業の普及や、 それに伴う我が国の農業の生産性向上・国際競争力の強化を支援するとともに、 産業界の枠組を越えた連携・オープンイノベーションを推進することで、 ICTと農業の融合による新しい産業の創出に貢献して参ります。

■住友化学株式会社 は、 今後、 住友化学とナイルワークスの優れた技術・知見を融合させることで農業の大幅な省力化・効率化と農作物の収量および品質の向上を実現することを目指すとともに、 農業経営の競争力強化を支援する「トータル・ソリューション・プロバイダー」型ビジネスならびに精密農業の取り組みを加速していきます。

■クミアイ化学工業株式会社 は、 国産第一号の農薬を市場に提供して以来、 安全で効果的な農薬の研究開発・グローバル規模での普及を図ってきました。 スマート農業への取組みの一環として、 ナイルワークスとの間で双方の技術を活用した共同研究等を目的とした業務提携も行っており、 今後とも新しい農業スタイルの提案に繋げて参ります。

■住友商事株式会社 は、 農業の省力化による新規就農者の増加、 農業の活性化を目指し、 革新的技術を有するナイルワークスに総合商社として広くバックアップを行うことで開発、 量産、 普及を加速し、 農業専用高精度ドローンによる空からの精密農業の早期事業化を支援していきます。

■全国農業協同組合連合会 は、 完全自動飛行が可能で、 農薬散布時のドリフトが極めて少ないナイルワークスのドローンを同社と連携して農業生産現場に普及することで、 中山間地域等これまで防除や栽培管理に多くの労力を必要とした地域での労力軽減と生産コスト低減に貢献していきます。

■農林中央金庫 は、 ナイルワークスの手掛けるドローンの普及を通じて、 中山間地域における労働負荷軽減や、 農薬・肥料の適正散布による生産コストの低減に取り組んでいきます。 なお、 本件出資は農林水産業の生産性向上・国際競争力強化に向けた産業界へのリスクマネー供給を目的とする「F&A(Food&Agri)成長産業化出資枠」を活用したものです。

ナイルワークスは、 2017年10月11日(水)~13日(金)、 千葉・幕張メッセで開催される「第4回 国際次世代農業EXPO」(展示ホール6、 小間番号 40-41)において自社のドローンを出展。

<2017年 実証実験> 【写真上:完全自動飛行 離陸直後(2017/8/9)】【写真左下:畦畔抑草剤散布試験(2017/7/19)】【写真右下:殺虫殺菌剤散布試験(2017/8/22)】※機体は全て実験用機体。

ナイルワークス ならびに出資企業・組合の概要

株式会社ナイルワークス
設立:2015年 1月
所在地:東京都渋谷区西原三丁目1番7号
代表者:代表取締役社長 柳下洋
事業内容:農業用ドローンの設計・開発・製造・販売、 生育診断技術・栽培技術の研究開発、 農業クラウドサービスの開発・販売
URL: https://www.nileworks.co.jp/

この記事のライター

関連する投稿


CLUE、ドローンのソフト開発CLUEが3.3億円の資金調達を実施

CLUE、ドローンのソフト開発CLUEが3.3億円の資金調達を実施

株式会社CLUEはこの度、リアルテックファンド、DroneFund、アイ・マーキュリーキャピタル株式会社、Spiral Ventures、電通ベンチャーズ、株式会社ドリームインキュベータ、株式会社アドウェイズ、家入一真氏、及び既存株主らを引受先とする3.3億円の第三者割当増資を実施したと発表した。


ナイルワークスとマクセルが農業用ドローン専用の「インテリジェントバッテリー」を共同開発

ナイルワークスとマクセルが農業用ドローン専用の「インテリジェントバッテリー」を共同開発

株式会社ナイルワークスと、 マクセル株式会社は、 農業用ドローン専用の「インテリジェントバッテリー」(リチウムイオン電池パックおよび専用充電器)の共同開発を行い、 2018年5月から、 共同で製造・販売を開始する。



最新鋭の農業用ドローンに見る国内ドローン事情詳報(1)

最新鋭の農業用ドローンに見る国内ドローン事情詳報(1)

次世代農業EXPOには、国内の主要なドローンベンダーが集まり、最新鋭の機体を展示した。すでに販売実績のあるモデルから、数年後の製品化を目指すプロトタイプまで、国内のドローン事情が俯瞰できる展示会となっていた。(田中亘)


最新の投稿


スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットは、 サイバネットと共同で開発したドローン計測データ用簡易可視化ビューアー「Sky Viewer(スカイ ビューアー)」も販売を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

American Robotics社が精密農業のための完全自律ドローンシステムを発表

米国ボストン、2017年12月07日。農業オートメーションに特化した工業用UAV開発業者のAmerican Roboticsが、Scout(スカウト)を発表した。Scoutは、自発的に毎日の偵察飛行を自律的に行う自己充電式の自己管理UAVシステム。


ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。