エンルートが9億円増資 JSATグループが発表 同グループの完全傘下に

エンルートが9億円増資 JSATグループが発表 同グループの完全傘下に

 産業用ドローンの開発、製造などを手掛ける株式会社エンルート(埼玉県)は、9億円の増資を実施したと発表した。同社はスカパーJSATグループの一角で、同グループはこの増資などにより10月20日付で100%の議決権を取得した。エンルートはこの増資を機に、量産体制の構築、安全管理、品質管理の充実など事業を加速させる。


量産体制、サービス充実、スク-ル強化・・・産業拡大に総力

 エンルートの増資は、スカパーJASTグループのスカパーJSAT株式会社(東京都)が第三者割当増資を引き受けるなどして実施した。
 スカパーJSATの子会社であり、エンルートの親会社である株式会社衛星ネットワーク(SNET、東京)は、エンルートの既存株主から株式をすべて取得し、これによりグループ2社で100%の議決権を獲得した。
 発表は、スカパーJSAT、SNET、エンルートが10月24日に連名で実施した。
 発表によると、エンルートは調達した9億円の資金をもとに、量産体制構築、通信不感帯などの技術的課題解決などを充実させ、JSATグループとしても「成長を続けるドローン分野の拡大に向けてグループ一丸となって取り組む」と意欲を示している。
 エンルートの瀧川正靖社長はDroneTimesの取材に「われわれは機体を販売した後も、納めた機体にユーザーが満足して頂ける体制を構築することに力を入れている。機体の品質管理、安全管理を徹底したうえで量産体制を構築していくし、機体が損傷を受けたときに備える保険や、パーツの定期交換などがワンストップで行える窓口もつくる。また量産体制を強化するが、生産強化のための技術者増強やスクール充実のための教官増強も進める。ドローン産業の拡大に必要な体制の整備をさらに加速させたい」と話した。

リリース
https://www.sptvjsat.com/load_pdf.php?pTb=t_news_&pRi=1021&pJe=1

(参考資料)
<エンルートのドローンが変える農業・測量の未来>

【農業】
Phase1:ドローン操縦からの解放
効率とコストのバランスを高いレ
ベルで両立させているエンルートの
農業専用ドローンが、更なる進化を
遂げようとしています。
将来に向けてのテーマはずばり
『操縦からの解放』。PC やタブレット
上の地図にマーキングするだけで、
安全かつ迅速な散布を行える時代が
すぐそこまで来ています。

Phase2:人工の目と知能がスマート化を加速
収穫の日に向けてすくすくと育つ
若い稲穂。日毎に糖度を上げながら
色づいていく果実。それらの色味や
大きさ、表情といった小さな変化を
エンルート 製 ドローン のカメラの目
がキャッチし、AI が今必要な薬剤、
肥料を即座に判断し て 最も効率的な
散布を自動で 行 う ことを目指 してい
ます。

【測量】
標定点不要の測量システム『TS トラッキング UAS』専用ドローン『QC730-TS』
(2017/9/8 付プレスリリースご参照)

標定点不要の 画期的な 測量システ
ム『TS トラッキング UAS』(株式会社
トプコン製) 対 応 の エンルート 製
『QC730-TS』は、搭載するカメラに専
用のプリズムを取り付けること で 、
自動追尾 で の 連続測定を可能としま
し た 。 このシステムとドローンの組
み合わせにより、 飛躍的に作業効率
の向上を図ることができます。

情報提供元:スカパーJSAT株式会社
https://www.sptvjsat.com/

この記事のライター

関連する投稿


エンルート、RIEGLスキャナ搭載機「LS1500R」を11月8日に発売 バッテリー含め25㎏未満で20分飛行

エンルート、RIEGLスキャナ搭載機「LS1500R」を11月8日に発売 バッテリー含め25㎏未満で20分飛行

 産業用ドローン製造のエンルート(埼玉県)は7日、オーストリアの測量機器メーカー、RIEGL製レーザースキャナ「VUX-1UAV」を搭載した新型機「LS1500R」を11月8日に発売すると発表した。機体、バッテリー、測量機材をあわせた重量は21.4㎏と25㎏未満に抑え、専用バッテリーで20分飛行可能だ。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

株式会社エンルートM’s(福島県福島市 代表取締役 辺見 俊彦)は、 株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市 取締役社長 伊豆 智幸)の、 第三者割当増資引き受けにより、 3月1日付けでエンルートラボの92.6%の議決権を取得し、 子会社化したと発表した。


NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOが橋梁点検に用いる無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を実施

NEDOは、富士通、日本電気、イクシスリサーチ、エンルート、プロドローンとともに、橋梁点検のための無人航空機の性能評価基準策定に向けた飛行試験を千葉県東金市で実施した。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。