日本郵便、小型無人機の物流分野への活用実現に向けた郵便局を離発着場所とする実証実験の実施協力

日本郵便、小型無人機の物流分野への活用実現に向けた郵便局を離発着場所とする実証実験の実施協力

日本郵便株式会社は、国土交通省が検討している「物流用ドローンポートシステム」の実証実験実施に協力する。


国土交通省では、ブルーイノベーション株式会社、東京大学等と連携し、小型無人機(以下「ドローン」)の目視外飛行における安全な離着陸が可能で、かつ安価に設置できる「物流用ドローンポートシステム」の研究開発を行っています。「物流用ドローンポートシステム」は、ドローンの高精度な着陸支援、人の侵入検知、気象計測を行うことで、目視外飛行時の安全な離着陸や荷物等の取り降ろしを可能とするものです。
 日本郵便は、ドローンの物流分野への活用に向けた実証実験を昨年度から行っており、国土交通省が行っている安全な離着陸や荷物等の取り降ろしを可能とする物流用ドローンポートの研究開発に、物流用ドローンポート連絡会を通じて参画しています。
 今回、初めて郵便局を離発着場所として実験に活用することで、ドローンによる荷物等の輸配送実現に向けた取組を進めてまいります。

■概要

・日 時:2017 年 11 月 13 日(月)午前 10 時~12 時
・場 所:長野県伊那市長谷地区(美和郵便局~道の駅南アルプスむら長谷)
・主 催:国土交通省、ブルーイノベーション株式会社、東京大学
・実施協力:下表のとおり

                                     以上

情報提供元:日本郵便株式会社
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2017/00_honsha/1106_01.html

この記事のライター

関連する投稿


JUIDAが無人航空機による物流に関する安全ガイドラインを公表

JUIDAが無人航空機による物流に関する安全ガイドラインを公表

一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(東京都千代田区/JUIDA)は、今後中心的な利活用分野として発展が期待されているドローン物流につ いての民間による日本初のガイドラインの制定を行うため「無人航空機による物流に関 する安全ガイドライン」を公表した。


日本郵便とサムライインキュベートがドローン実証実験を含むオープンイノベーションプログラムを開始

日本郵便とサムライインキュベートがドローン実証実験を含むオープンイノベーションプログラムを開始

日本郵便株式会社(東京都千代田区)と株式会社 サムライインキュベート(東京都品川区) は、日本郵便初となるオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」 を9月4日から開始した。また本プログラム専用の Web サイトを公開、スタートアップ企業の募集をはじめた。


中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

 中国で外資系、国営系以外では宅配便事最大手の順豊エクスプレス(順豐速運、本部・広東省深圳)は、物流ドローンモデル運行区の空域申請を行い、正式に認可された。


ドローンポートの実証実験を実施へ…ドローンを活用した荷物配送実現に向けて

ドローンポートの実証実験を実施へ…ドローンを活用した荷物配送実現に向けて

国土交通省は、小型無人機(ドローン)を活用した荷物配送の実現に向けて物流用ドローンポートシステムの実証実験を実施する。



最新の投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。