ドローンが水に落ちても沈まない DRONEFLOAT(ドローンフロート) 公式サイトより販売開始!

ドローンが水に落ちても沈まない DRONEFLOAT(ドローンフロート) 公式サイトより販売開始!

ドローンによる海洋調査や水上撮影で強風による落下、機器不良による落下など 水上でドローンが落下しても機体を浮かして 撮影データも同時に回収できる DRONEFLOAT(ドローンフロート)が 公式サイトより 一般販売された。ドローン業界に必須アイテムが誕生した。


クラウドファンディングやドローンスクールに対しての優先販売を終了し、11月より 公式サイト http://drone-float.com/ で一般販売を開始した
《公式販売特別価格¥25,800~》

 ドローンフロートは水上での撮影など作業中(河川、海上、湖など)、予期せぬトラブルで水上落下した際、着水後約3秒でエアバックが作動しドローン本体が水没してしまうのを防ぐ装置。すでにドローンスクールや、近畿地方の港湾局に納品するなど実績もあり、これからの海や川の上空撮影でのEmergency Componentとして普及が見込まれる商品。
 海洋調査、映像製作の水上ロケなどで落下水没による紛失のリスクが伴う撮影データも早期回収が可能になる。

■■概要
重さは230gと軽量化を実現。
浮力は25N 産業用など重量のあるドローンには複数装着する事で水没を免れる。

最近ではドローン機体保険という機体故障に対する保険も販売されているが、大抵は水没でも保険金が降りますが、機体を紛失してしまうと保険金の認定が降りないこともある。そのリスクを回避するためにもドローンフロートのメリットは大きい。

商標登録 DRONEFLOAT
現在、販売代理店募集中
公式サイト http://drone-float.com/
ツイッター https://twitter.com/drone_float

☆Amazonの販売は11月下旬~12月上旬予定☆

情報提供元:ValuePress
https://www.value-press.com/pressrelease/188841

この記事のライター

関連するキーワード


DRONEFLOAT ドローンフロート

最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。