ドローンが水に落ちても沈まない DRONEFLOAT(ドローンフロート) 公式サイトより販売開始!

ドローンが水に落ちても沈まない DRONEFLOAT(ドローンフロート) 公式サイトより販売開始!

ドローンによる海洋調査や水上撮影で強風による落下、機器不良による落下など 水上でドローンが落下しても機体を浮かして 撮影データも同時に回収できる DRONEFLOAT(ドローンフロート)が 公式サイトより 一般販売された。ドローン業界に必須アイテムが誕生した。


クラウドファンディングやドローンスクールに対しての優先販売を終了し、11月より 公式サイト http://drone-float.com/ で一般販売を開始した
《公式販売特別価格¥25,800~》

 ドローンフロートは水上での撮影など作業中(河川、海上、湖など)、予期せぬトラブルで水上落下した際、着水後約3秒でエアバックが作動しドローン本体が水没してしまうのを防ぐ装置。すでにドローンスクールや、近畿地方の港湾局に納品するなど実績もあり、これからの海や川の上空撮影でのEmergency Componentとして普及が見込まれる商品。
 海洋調査、映像製作の水上ロケなどで落下水没による紛失のリスクが伴う撮影データも早期回収が可能になる。

■■概要
重さは230gと軽量化を実現。
浮力は25N 産業用など重量のあるドローンには複数装着する事で水没を免れる。

最近ではドローン機体保険という機体故障に対する保険も販売されているが、大抵は水没でも保険金が降りますが、機体を紛失してしまうと保険金の認定が降りないこともある。そのリスクを回避するためにもドローンフロートのメリットは大きい。

商標登録 DRONEFLOAT
現在、販売代理店募集中
公式サイト http://drone-float.com/
ツイッター https://twitter.com/drone_float

☆Amazonの販売は11月下旬~12月上旬予定☆

情報提供元:ValuePress
https://www.value-press.com/pressrelease/188841

この記事のライター

関連するキーワード


DRONEFLOAT ドローンフロート

最新の投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。