米国AT&Tがハリケーン被災地で通信復旧にLTEドローンを飛ばす

米国AT&Tがハリケーン被災地で通信復旧にLTEドローンを飛ばす

米国の通信会社のAT&Tは、9月の後半にハリケーン・マリアの被害にあったプエルトリコで、LTE通信を装備したCOW(Cell on Wings)ドローンを飛ばして、モバイル通信の復旧に取り組んでいる。


最大40平行マイルにモバイル通信を提供

AT&TのCOWドローンは有線で飛行する

 AT&Tのヘリコプター型ドローンのCOW(Cell on Wings)は、地上から200~400フィート(約60~120メートル)の上空に浮上し、最大で40平行マイル(約103平行キロメートル)のエリアに、モバイル通信を提供する。飛行は、プエルトリコのサンフアン地区で行われている。
 9月にハリケーン・マリアの被害を受けたプエルトリコでは、47.8%のモバイル通信サイトが不通になり、11月6日の時点でも30%以上がつながらない状態にある。AT&TのCOWドローンは、最大で8,000人まで同時に接続できる性能を備えている。
 公開された動画によれば、COWドローンは有線給電とLTE通信の中継機能を備えている。COWドローンの連続飛行時間は不明だが、一部の報道によれば米国IT企業のアルファベットのバルーンによるモバイル通信も準備しているという。AT&Tによれば、ドローンのLTEセルサイトが、災害時に住民との接続に成功したのは、今回が初となる。

この記事のライター

関連する投稿


米AT&T、LTEドローンで〝空飛ぶアンテナ〟を計画 基地局の点検はスタート

米AT&T、LTEドローンで〝空飛ぶアンテナ〟を計画 基地局の点検はスタート

 米通信大手のAT & Tが、携帯電話のつながりにくい場所に空飛ぶアンテナがわりにドローンを運用することを計画しているという。携帯電話基地局の点検には利用し始めており、今後実用に向けた動きが加速しそうだ。


クアルコム(Qualcomm)がAT&T社とセルラーネットワークを利用したドローンの実証実験を発表

クアルコム(Qualcomm)がAT&T社とセルラーネットワークを利用したドローンの実証実験を発表

 クアルコムはAT&T社と商用のLTEネットワークを利用したドローンの飛行テストを行うと発表した。実験では、ドローンがLTE及び5Gを含む将来のネットワーク上で安全に動作するかを分析する。


通信回線を確保するため、花火・夏フェス会場にドローンを飛ばす!

通信回線を確保するため、花火・夏フェス会場にドローンを飛ばす!

つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通信会社のAT&T社は、イベント会場に通信回線を確保するために、ドローンを飛ばそうと計画中。というのも、こんな問題が過去に起きていたんです。


最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。