DJIがドローンの飛行オペレーションからフライトデータなどをリアルタム管理する「FlightHub」発表

DJIがドローンの飛行オペレーションからフライトデータなどをリアルタム管理する「FlightHub」発表

DJI は企業やドローンサービスのプロバ イダーを対象に、単一プラットフォームでドローンの効率的な業務管理ができる「FLIGHTHUB」 を発表した。


 今回発表された「FlightHub」 は、ドローンの飛行オペレーションからフライトデータ、パイロット運用のリアルタイムでの管理を実現したことで商業用途のニーズに 応えるものとなっている。
 DJI のエンタープライズパートナー部門を統括する Jan Gasparic氏によると「単一プラットフォームで提供する FlightHub は、操縦 現場から離れた場所からでも安全に管理でき、準備のために必要な時間はわずか数秒です」と述べている。

ドローンオペレーションを遠隔からリアルタイムで確認

 FlightHub は、現場のパイロットと離れた場所にいるチームとを効率的に連携させられるため、ド ローンの業務活用の一元管理を実現する。マップビューとリアルタイムビューは、意思決定に必要 なテレメトリデータ、カメラデータやセンサーデータなど、様々な情報を表示する。

・マップビュー

 地図情報を基に、現場から離れた場所にいるチームに飛行中のドローンのテレメトリデータをリアル タイムで提供する。これにより、ドローンの一斉飛行や複数チームによる飛行などのオペレーショ ンも容易に行うことができる。さらに、ジオフェンシングシステムにより、規制や制限による飛行禁止エリア や、安全上飛行に問題があるエリアが自動で特定され、ユーザーは常に最新情報を確認できる。

・リアルタイムビュー

 現場から離れた場所にいるチームに、飛行中の最大 4 機までのドローンからライブ動画を配信することができる。これにより、現場にいるパイロットと離れた場所にいるエンジニアの情報連携を実現させ、適切なワークフローを導入できる。さらに、重要なフライト業務においては、リアルタイムデータを提供することで、迅速な意思決定が可能になる。

どこからでも安全にフライトデータへアクセス

 FlightHub のデータ管理ツールには、飛行データを検索できるデータベースに安全に同期し、保存できる機能がある。これにより、プロジェクトやフリートの規模にかかわらず、規制や法令への 順守とパイロットの責任を明確にし、チーム管理が強化される。

・フライトログと統計情報

 これらの情報は、データベースに同期し、保存が可能。過去のフライト情報も検索可能なデータ ベースが作成されるため、パイロットは飛行情報をマニュアルで記録する必要がない。アドミニストレーターは過去のテレメトリデータを保存でき、規制や法令への順守とオペレーション 管理を簡単に行えるため、より効果的な内部コミュニケーションが可能になる。

・安全なウェブアクセスとクラウドストレージ

 米国を拠点とする Amazon Web Service(AWS)サーバーを介して、どのようなウェブブラウザから でも FlightHub へアクセスできる。FlightHub のデータ管理オペレーションは、SOC2 AICPA 基準 に準拠した評価を受けている。また、今後のバージョンで、企業や団体の最も高レベルなデータセ キュリティの要求にも応えるプライベートクラウド機能が統合される予定。

・メディアライブラリー

 写真や動画も含む飛行情報を操縦アプリ「DJI PILOT」から直接 FlightHub へ伝送し、時間を短縮で きる。さらに、DJI Pilot や SD カードから、データをマニュアルで伝送するプロセスも省略できる。(近日公開予定)

フリートとチーム管理を簡単に

 FlightHub は、内部のリソース管理を強化するため、効率的なチーム間調整や効果的な機材購入と メンテナンスを可能にする階層を設定し、飛行チームとフリート(航空隊)の概要を提供する。

・フリート管理機能

 機体の使用状況を簡単に追跡できる。フライトを個々のデバイス名で監視できるため、より効率的 に機材購入計画を立てられる。

・チーム管理機能

 ユーザーは Administrator(アドミニストレーター)、Captain(キャプテン)、Pilot(パイロット)の 階層システムからチームを設定し、管理できる。また、クライアント、位置、ミッションタイプに よってチームをセグメント化できるので、リソースとチーム管理が強化できる。

 FlightHub へのアクセスはウェブブラウザから可能。データは、ユーザーの Android で作動する
DJI Pilot、もしくは DJI CrystalSky のモニターから安全に伝送される。FlightHub は、DJI の 「MATRICE 200」シリーズ、「MAVIC PRO」、「PHANTOM 4」シリーズ、「INSPIRE 2」に対応。

価格と販売時期

 FlightHub は、企業顧客を対象に、下記 3 種類のプランで提供

  ベーシックプランとアドバンスドプランは、DJI オンラインストアにて販売予定。 エンタープライズプランの販売時期および価格については、後日改めて案内するとしている。

・ベーシック:
月額料金:12,800 円、年間料金:129,000 円(税込) リアルタイムビューを除くすべての機能が、最大 5 機のドローン利用可能

・アドバンスド:
月額料金:38,800 円、年間料金:388,000 円(税込) ベーシックプランのすべての機能と、リアルタイムビューの機能が、最大 10 機のドローンで利用可能。

・エンタープライズ:
アドバンストプランのすべての機能が、最大 10 機のドローンで利用可能。さらに、データをプライ ベートクラウドに統合できる機能が追加予定。
※エンタープライズプランの販売時期および価格については、後日改めて案内される。

FlightHub のオープン β テストへの参加者を募集

 DJI では、FlightHub のオープン β テストへの参加者を募集している。
 テスト期間は 11 月 14 日か ら 12 月 14 日までです。β テストにご協力頂くユーザーには、テスト期間中ベーシックアカウントを 無料で提供される。またβ テストの終了後より、FlightHub サービスを開始できる。 FlightHub についての情報、オープン β テストへの参加希望者は、www.dji.com/flighthub  でご確認のこと。

 FlightHub は、DJI の AirWorks カンファレンスで発表された。AirWorks カンファレンスは、年次 開催され、3 日間の期間中、農業、建築、エネルギー、インフラ、人命救助といったさまざまな分野 でプレゼンテーションやハンズオンワークショップ、トレーニングセッションに参加できる。 AirWorks カンファレンスは、11 月 7 日より米国デンバー州コロラドで開催中。

この記事のライター

関連するキーワード


DJI フライトハブ FlightHub

関連する投稿


Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

Air Works China 2018に日本から唯一の出展 センシンロボティクス出村太晋社長インタビュー

 DJIが8月末に、世界の主要プレイヤーが集まるクローズドのカンファレンス、「Air Works China 2018」を開催し、日本からドローンの完全自動運用システム「DRONEBOX」などを手掛けるセンシンロボティクスが唯一出展し、プレゼンテーションをした。帰国した出村太晋社長に、現地の様子と今後の戦略を聞いた。


DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJI、ドローン専門トレーニングセンター(UTC)を日本で開校

DJIは、 個人や企業に所属するドローン操縦者がドローンの基本的な飛行訓練や実際の現場における作業手順など専門的なトレーニングプログラムを受講できるトレーニングセンター「UTC」(Unmanned Aerial System Training Center)を9月7日、開校した。


DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

DJIが公式にPhantom 5ではないと否定するレンズ交換式カメラを備えた特注Phantom 4?

この数週間に、Twitterなどで流出しているレンズ交換システムを備えたシルバーボディのPhantomのようなドローンについて、DJIは海外のドローン系メディアに対して、公式にPhantom 5ではないと否定した。


Phantom 5の発売に向けた準備か? Phantom 4などの販売が海外で終了

Phantom 5の発売に向けた準備か? Phantom 4などの販売が海外で終了

2018年8月30日、米国。海外のドローン関連のメディアやDJIユーザーのフォーラムなどで、8月30日にDJIのディーラー向けに配布された製品の販売終了に関する発表が、数多くの憶測を生んでいる。その中には、Phantom 5の発売に向けた製品ラインナップの整理ではないか、というものがある。


センシンロボティクス、DJI主催「AirWorks China 2018」へ出展

センシンロボティクス、DJI主催「AirWorks China 2018」へ出展

企業・自治体向け業務用ロボティクスソリューションを提供する株式会社センシンロボティクス(東京都渋谷区)は8月30日(木)・31日(金)に中国 上海で開催される、ドローンユーザーやディベロッパー向けのDJI主催カンファレンス「AirWorks China 2018」に出展する。


最新の投稿


Jヴィレッジでドローンスクール開講 「ドローンの聖地」目指し10月29日に第1期スタート

Jヴィレッジでドローンスクール開講 「ドローンの聖地」目指し10月29日に第1期スタート

サッカー、ラグビーなど多くのスポーツ選手の育成拠点、ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で、ドローンスクールが開講する。東日本大震災対応で施設としての運用を停止して以来、7年4か月ぶりに再始動した施設は、復興の象徴として「ドローンの聖地」としての名声獲得にも乗り出した。


合同会社DMM.com 、ドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約

合同会社DMM.com 、ドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約

合同会社DMM.comは、9月1日付けでDRONE SPORTS株式会社が運営するプロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約を締結した。


KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI株式会社は、株式会社野村総合研究所、会津アクティベートアソシエーション株式会社と、会津若松の地場産業である「日本酒造り」の工程に、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) やあらゆるモノがネットワークにつながるIoTの技術を活用した実証事業を開始した。


イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

株式会社DroneFutureAviationは、独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」のデモンストレーションを慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで9月5日に行った。


国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省「無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会物流分科会」※は、無人航空機を使用した荷物配送の社会受容性を高めるため、航空法に基づく審査要領で定める要件とは別に、民間事業者等が荷物配送を行うにあたり自主的に取り組むべき事項等を取りまとめた。