「日本ドローンアカデミー TOKYO MX校」開校!受講生募集中!

「日本ドローンアカデミー TOKYO MX校」開校!受講生募集中!

11月19日から週末コースがスタート!


この度、東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(TOKYO MX)が「日本ドローンアカデミー TOKYO MX校」開校致します。
11月19日(日)からスタートする「週末コース」と、11月27日(月)からスタートする「平日コース」の2コースから選べる短期集中型講座で、ドローン運航に関する知識や技術の習得、映像制作や測量に欠かせない空撮に係る様々なノウハウを現役のドローンオペレーターから直接教わることができ、コース修了者は、JUIDAが交付する「操縦技能証明書」を受けとることができます。
TOKYO MXのお買い物サイト「TOKYO MX モール」にて、第1回目の講座の受講生を絶賛募集中です。

​東京メトロポリタンテレビジョン株式会社(TOKYO MX 東京都千代田区)では、この度、JUIDA(※)認定スクール「日本ドローンアカデミー TOKYO MX校」を開校致します。
本校は、ドローンを安全に運航する知識や技術の習得はもちろんのこと、映像制作や測量に欠かせない空撮に係る様々なノウハウを現役のドローンオペレーターから直接教わることができる、現場主義のJUIDA認定ドローン操縦者養成スクールです。
(※)<一般社団法人日本UAS(無人航空機システム)産業振興協議会>

第一回目の講座は、11月19日(日)からスタートする「週末コース」、11月27日(月)からスタートする「平日コース」の2コースから選べる、いずれも5日間の短期集中型講座となっています。関連法規・安全ガイドライン、無人航空機を安全に飛行させるために必要な知識を学べる座学講習に加え、屋外・屋内での飛行実習の時間を多く取ることにより、実践的な操縦技能を習得できます。コース修了者はJUIDAが定める申請手続きを行うだけでJUIDAの「操縦技能証明書」の交付を受けることが可能です。

<屋外での実技講習イメージ>

<講習カリキュラム>
【座学】無人航空機UAS概論、関連法規・安全ガイドライン、自然科学、技術、安全運用(1日、6時間)
【実習】屋内・屋外(合わせて4日間、24時間)
【試験】筆記+実技
※座学講習にはJUIDA提供の教材を使用

◇「日本ドローンアカデミー TOKYO MX校」案内ページ  
http://s.mxtv.jp/drone_a_mx/
◇「日本ドローンアカデミー TOKYO MX校」申込ページ  http://shop.mxtv.jp/item/0001_5001.html

情報提供元:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000029757.html

この記事のライター

関連するキーワード


ドローンアカデミー

最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。