アイ・ロボティクスが最長10キロのドローンの総合複合施設「ドローンフィールドKAWCHI」を 11/27にオープン

アイ・ロボティクスが最長10キロのドローンの総合複合施設「ドローンフィールドKAWCHI」を 11/27にオープン

株式会社アイ・ロボティクスは、 今後益々進むドローンの産業利用を見越して、 都心から車で約80分の茨城県稲敷郡河内町に、24時間365日利用可能な研究開発施設と、 最長10kmに及ぶテストフィールド、 そしてカンファレンス施設などが一体となった総合複合施設「ドローンフィールドKAWACHI」をオープンする。


最長10km・24時間365日のフライトが可能な「ドローンの総合複合施設」が誕生

 ドローンをめぐる世界の状況は、 各産業分野の大手企業と、 AI、 通信、 電池など専門的な要素技術ベンチャー等を同居させた、 イノベーションの発火点となるような集積地が生まれつつありが、日本ではラボとテストフィールドの物理的な距離が離れており、 スピーディな開発が困難で、 ドローン産業は世界遅れをとっているのが現状。
 このような状況を背景にドローンフィールドKAWACHIは、 都心から80分、 成田空港から20分の立地にあり、 10kmに及ぶ屋外飛行場、 屋内実証実験場、 研究開発施設、 カンファレンスセンター、 宿泊施設などを備えた、 ドローンに関わる全ての人・モノ・テクノロジー・インテリジェンスを集約する総合複合施設として誕生する。

《ドローンフィールドKAWACHI》概要

ドローンフィールド KAWACHI

ドローンフィールド KAWACHI
〒300-1403 茨城県稲敷郡河内町金江津7501-2

エリアマップ

ドローン・ラボ

 旧中学校の教室をリノベーションし、 契約企業様向けにラボを貸し出す。 警備会社に委託し、 セキュリティ面を担保、 またバッテリーの保管専用倉庫を用意し、 防災面での安全性を高める。 工作機械の設置も可能で、 振動、 騒音の出る作業も可能です(※要相談)。

研究所やカンファレンス施設と直結したテストフィールド

 従来、 ドローン産業の技術開発では、 都心で開発→地方でテストフライト→都心で分析/改良と、 タイムロスがあったが、ドローンフィールドKAWACHIは、 ラボ直結での屋外飛行エリアを完備している。

最長10km・24時間365日使用が可能なフライトエリア

 片道5km、 往復10km, フライトが可能な環境。 24時間365日使用可能。 雨天でもテスト可能な屋内施設があり、また町営施設を活用したカンファレンスの開催も可能となっている。

至近なアクセス

 首都圏から80分、 成田空港から20分程の好立地にあり、 国内の企業だけでなく、 海外の研究機関や企業との交流/連携がしやすい。

詳細ついては《ドローンフィールドKAWACHI》公式ホームページをご覧ください。
http://dronefield-kawachi.irobotics.co.jp

この記事のライター

関連する投稿


日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

日本チームが世界10強入り! ボーイング協賛の飛行装置開発コンテスト「GoFly」第1期

 米ボーイング社が協賛する個人用の飛行装置の開発コンテスト「GoFly」に参戦している日本の学生・社会人の混成専門家チーム「teTra(テトラ)」が、設計を競う第1フェーズで、受賞10社に入った。GoFlyは賞金総額200万ドルのコンテスト。2年をかけて今後、試作機、実機で競われ、2019年秋にグランプリが決まる。


アイ・ロボティクスのドローンを活用したプラント向けソリューション

アイ・ロボティクスのドローンを活用したプラント向けソリューション

「ドローンフィールドKAWACHI」を中心に、 プラント向けのドローン・ソリューションの開発を行っているアイ・ロボティクスは、ドローンを利用したプラント向けソリューションの実現で、プラントオペレーションにドローンの導入を検討する企業へのPOC提供やコンサルティングを開始する。


アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクス、ドローンの産業利用をより身近にするイノベーション創造プログラム「D4」の提供を開始

アイ・ロボティクスはドローンによる産業構造の刷新「ドローン・イノベーション」をより身近にするため、「Drone 4 - innovation」のプログラム(通称「D4」)の提供を開始した。


「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催 ~ ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト

「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催 ~ ドローン農業利用の可能性を探るコンテスト

来たる3月18日、茨城県河内町と株式会社アイ・ロボティクスは「ドロコン®2018 in KAWACHI」を開催する。


NTT-ATシステムズとiROBOTICSがレスキュー支援システムの共同研究を開始

NTT-ATシステムズとiROBOTICSがレスキュー支援システムの共同研究を開始

NTT-ATシステムズ株式会社(NTT-ATシステムズ)と株式会社アイ・ロボティクス(東京都新宿区)は、 ドローンを活用したレスキュー支援システムの共同研究を開始すると発表した。


最新の投稿


Jヴィレッジでドローンスクール開講 「ドローンの聖地」目指し10月29日に第1期スタート

Jヴィレッジでドローンスクール開講 「ドローンの聖地」目指し10月29日に第1期スタート

サッカー、ラグビーなど多くのスポーツ選手の育成拠点、ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で、ドローンスクールが開講する。東日本大震災対応で施設としての運用を停止して以来、7年4か月ぶりに再始動した施設は、復興の象徴として「ドローンの聖地」としての名声獲得にも乗り出した。


合同会社DMM.com 、ドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約

合同会社DMM.com 、ドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約

合同会社DMM.comは、9月1日付けでDRONE SPORTS株式会社が運営するプロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約を締結した。


KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI株式会社は、株式会社野村総合研究所、会津アクティベートアソシエーション株式会社と、会津若松の地場産業である「日本酒造り」の工程に、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) やあらゆるモノがネットワークにつながるIoTの技術を活用した実証事業を開始した。


イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

株式会社DroneFutureAviationは、独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」のデモンストレーションを慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで9月5日に行った。


国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省「無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会物流分科会」※は、無人航空機を使用した荷物配送の社会受容性を高めるため、航空法に基づく審査要領で定める要件とは別に、民間事業者等が荷物配送を行うにあたり自主的に取り組むべき事項等を取りまとめた。