米国Kittyhawk社が飛行管理システムのFlight Deckに新たな機能を追加

米国Kittyhawk社が飛行管理システムのFlight Deckに新たな機能を追加

11月7日。米国でドローンの飛行管理システムのFlight Deckを提供している米国Kittyhawk社は、新たにリアタイムでのビデオ共有と飛行追跡の機能を追加すると発表した。


DJIのFlightHubに対抗する機能を強化するFlight Deck

 Kittyhawk社は、米国を中心に54,000のユーザーが利用するFlight Deckという飛行管理システムを提供している。今回の発表では、新たにリアルタイムのテレメトリー機能を追加し、複数の場所を飛行しているドローンのオペレーターやチームの管理を実現した。また、ビデオとオーディオのライブストリーミングも発表した。Flight Deckを利用するパイロットは、DJIのドローンを飛行させながら、クラウドを介して世界のどこからでも、モバイルデバイスを通してチームのメンバーとビデオやオーディオを安全に共有できる。

リアルタイムでの飛行管理の画面例

 Flight Deckの新しいストリーミング機能には、Common Traffic Advisory Frequency-like(CTAF)機能も含まれ、ユーザーは誰でもリアルタイムでストリームを視聴できる。またチームのメンバーは、パイロットなどとシームレスにコミュニケーションが取れるので、災害現場やインフラ点検などのライブビデオを見ながら、離れた場所からでも状況を的確に把握できるようになる。

リアルタイムでのビデオストリーミング共有の画面例

 Flight Deckのビデオストリーミング機能は、エンタープライズ契約ユーザーから提供を開始し、2018年には全ユーザーに提供する予定。対応するドローンの機種は、DJI Matrice, DJI Inspire 2, DJI Inspire 1, DJI Mavic, DJI Phantom 4 PRO, DJI Phantom 4, DJI Phantom 3 Series, DJI Spark。

この記事のライター

関連する投稿


JeppesenとKittyhawkが米国のLAANC認証を取得

JeppesenとKittyhawkが米国のLAANC認証を取得

米国コロラド州、5月1日。エンタープライズドローンオペレーションソフトウェアのKittyhawk(米国サンフランシスコ)は、航空ナビゲーションシステムを提供するJeppesen(米国コロラド)と協力して、KittyhawkのプラットフォームでLAANC申請の提供をFAAから認可されたと発表した。


米国Kittyhawk社がリアルタイムの飛行管理ソリューションを提供

米国Kittyhawk社がリアルタイムの飛行管理ソリューションを提供

米国5月17日。ドローンのオペレーション用ソフトウェアを開発しているKittyhawk社(本社:米国サンフランシスコ、CEO:Jon Hegranes)が、複数ドローンの運行をリアルタイムで管理できる新しい飛行制御プラットフォームを発表した。


最新の投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。