米国Kittyhawk社が飛行管理システムのFlight Deckに新たな機能を追加

米国Kittyhawk社が飛行管理システムのFlight Deckに新たな機能を追加

11月7日。米国でドローンの飛行管理システムのFlight Deckを提供している米国Kittyhawk社は、新たにリアタイムでのビデオ共有と飛行追跡の機能を追加すると発表した。


DJIのFlightHubに対抗する機能を強化するFlight Deck

 Kittyhawk社は、米国を中心に54,000のユーザーが利用するFlight Deckという飛行管理システムを提供している。今回の発表では、新たにリアルタイムのテレメトリー機能を追加し、複数の場所を飛行しているドローンのオペレーターやチームの管理を実現した。また、ビデオとオーディオのライブストリーミングも発表した。Flight Deckを利用するパイロットは、DJIのドローンを飛行させながら、クラウドを介して世界のどこからでも、モバイルデバイスを通してチームのメンバーとビデオやオーディオを安全に共有できる。

リアルタイムでの飛行管理の画面例

 Flight Deckの新しいストリーミング機能には、Common Traffic Advisory Frequency-like(CTAF)機能も含まれ、ユーザーは誰でもリアルタイムでストリームを視聴できる。またチームのメンバーは、パイロットなどとシームレスにコミュニケーションが取れるので、災害現場やインフラ点検などのライブビデオを見ながら、離れた場所からでも状況を的確に把握できるようになる。

リアルタイムでのビデオストリーミング共有の画面例

 Flight Deckのビデオストリーミング機能は、エンタープライズ契約ユーザーから提供を開始し、2018年には全ユーザーに提供する予定。対応するドローンの機種は、DJI Matrice, DJI Inspire 2, DJI Inspire 1, DJI Mavic, DJI Phantom 4 PRO, DJI Phantom 4, DJI Phantom 3 Series, DJI Spark。

この記事のライター

関連する投稿


米国Kittyhawk社がリアルタイムの飛行管理ソリューションを提供

米国Kittyhawk社がリアルタイムの飛行管理ソリューションを提供

米国5月17日。ドローンのオペレーション用ソフトウェアを開発しているKittyhawk社(本社:米国サンフランシスコ、CEO:Jon Hegranes)が、複数ドローンの運行をリアルタイムで管理できる新しい飛行制御プラットフォームを発表した。


最新の投稿


「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

「DRONE STAR 01」がウィンターキャンペーンで求めやすい価格に 2018年1月14日まで

株式会社ORSOは、ドローン操縦の基礎を、楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した、操縦者教育機能を搭載したスマートフォンアプリ「DRONE STAR」に対応した超小型機体「DRONE STAR 01」を2018年1月14日まで価格を下げて販売する。


セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

セキドが今話題の!水中ドローン「BlueROV2」無料体験会を開催いたします!

株式会社 セキド(東京都国立市)は、 水中ドローン「BlueROV2」の無料体験会を、 2017年12月1日(金)千葉県 市川マリンセンターにて開催する。


NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県がロボット・ドローンの実証に関する協力協定を締結

NEDOと福島県は、福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証に関する協定を11月22日締結した。本協定を通じて、NEDOと福島県の連携を強化し、NEDOプロジェクトにおいて福島ロボットテストフィールドを積極的に活用することで福島イノベーション・コースト構想の推進とロボット・ドローン産業を活性化する


若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。


JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)では、無人航空機の開発機のテスト飛行や操縦士のトレーニングを行える「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」(静岡県田方郡函南町)と「JUIDA・大宮試験飛行場」(埼玉県さいたま市)を新たに開設した。JUIDAが開設した試験飛行場はこれで国内4カ所となった。