米国Kittyhawk社が飛行管理システムのFlight Deckに新たな機能を追加

米国Kittyhawk社が飛行管理システムのFlight Deckに新たな機能を追加

11月7日。米国でドローンの飛行管理システムのFlight Deckを提供している米国Kittyhawk社は、新たにリアタイムでのビデオ共有と飛行追跡の機能を追加すると発表した。


DJIのFlightHubに対抗する機能を強化するFlight Deck

 Kittyhawk社は、米国を中心に54,000のユーザーが利用するFlight Deckという飛行管理システムを提供している。今回の発表では、新たにリアルタイムのテレメトリー機能を追加し、複数の場所を飛行しているドローンのオペレーターやチームの管理を実現した。また、ビデオとオーディオのライブストリーミングも発表した。Flight Deckを利用するパイロットは、DJIのドローンを飛行させながら、クラウドを介して世界のどこからでも、モバイルデバイスを通してチームのメンバーとビデオやオーディオを安全に共有できる。

リアルタイムでの飛行管理の画面例

 Flight Deckの新しいストリーミング機能には、Common Traffic Advisory Frequency-like(CTAF)機能も含まれ、ユーザーは誰でもリアルタイムでストリームを視聴できる。またチームのメンバーは、パイロットなどとシームレスにコミュニケーションが取れるので、災害現場やインフラ点検などのライブビデオを見ながら、離れた場所からでも状況を的確に把握できるようになる。

リアルタイムでのビデオストリーミング共有の画面例

 Flight Deckのビデオストリーミング機能は、エンタープライズ契約ユーザーから提供を開始し、2018年には全ユーザーに提供する予定。対応するドローンの機種は、DJI Matrice, DJI Inspire 2, DJI Inspire 1, DJI Mavic, DJI Phantom 4 PRO, DJI Phantom 4, DJI Phantom 3 Series, DJI Spark。

この記事のライター

関連する投稿


米国Kittyhawk社がリアルタイムの飛行管理ソリューションを提供

米国Kittyhawk社がリアルタイムの飛行管理ソリューションを提供

米国5月17日。ドローンのオペレーション用ソフトウェアを開発しているKittyhawk社(本社:米国サンフランシスコ、CEO:Jon Hegranes)が、複数ドローンの運行をリアルタイムで管理できる新しい飛行制御プラットフォームを発表した。


最新の投稿


ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

ドコモ、ドローンを活用したビジネスを支援する「ドローンプラットフォーム docomo sky」を開発

株式会社NTTドコモは、ドローンを用いたサービスを提供する企業向けにドローン運用をトータルにサポートする「ドローンプラットフォーム docomo skyTM(ドコモ スカイ)」2月21日に開発したと発表した。


Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

Terra Mapper クラウド版が新料金プラン「使ったぶんだけプラン」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 画像処理から画像解析までの全てのワークフローを一つのWebアプリ上で行うことができる「Terra Mapper クラウド版」の新料金プランの提供とi-Construtction対応のオプションサービスを開始した。


DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

DJI Matrice 600用パラシュートSafeAirを開発したイスラエルのParaZero社

イスラエルで2014年に設立されたParaZero Drone Safety Solutionsは、ドローンの安全な飛行を目的に研究開発を続けてきた。そして、2017年からDJI Matrice 600用のパラシュートを販売している。


ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

ドローンに最適なプライム・スターの蓄電池「HUG」シリーズ 「バッテリー ジャパン」展に出展

プライム・スター株式会社(本社:東京都港区赤坂/代表取締役 下田 知代)は、防災非常用蓄電池としてリチウムイオン蓄電池「HUG」シリーズを、ドローン用のポータブル蓄電池として提案、販売している。2月28日から開催される「二次電池展(バッテリー ジャパン)」(東京ビッグサイト)に出展する。


フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

フジタがドローン測量を切盛土工事の日々の出来高管理に適用

大和ハウスグループの株式会社フジタ(東京都渋谷区)は、切盛土工事の日々の出来高管理にドローンによる測量を活用する技術「デイリードローン(※2)」を当社施工道路工事の盛土作業で実証し、運用を開始した。