日本ドローンコンソーシアム(JDC)講演会が 札幌で開催 11月17日

日本ドローンコンソーシアム(JDC)講演会が 札幌で開催 11月17日

日本ドローンコンソーシアム(JDC)主催の講演会が札幌で11月17日(金)に開催される。


詳細は下記PDFファイルをご参照下さい。
https://do-rone.jp/dr/wp-content/uploads/2017/11/20171117JDC.pdf

開催日

2017年11月17日

14:30開場 15:00~17:00

懇親会17:30~

会場

アスティ45 ACU-A 大研修室1606
札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45・16F

料金

講演会のみ 1,000円(定員120名)
講演会+懇親会 5,000円(定員40名)

主催

主催:一般社団法人 ジャパンドローンコンソーシアム
協賛:北海道情報通信利用研究会

講演会

15:00~16:00
第1部
「空の産業革命」はどこまで進んでいるか、世界と日本の動向
一般社団法人 ジャパンドローンコンソーシアム
会長 野波 健蔵氏

16:00~16:30
第2部
北海道のドローン事情/農業、環境、防災分野に関して
酪農学園大学 農食環境学群 環境共生学類 環境空間情報学研究室
准教授 小川 健太氏

16:30~17:00
第3部
パネルディスカッション
コーディネイター 北海道職業能力開発大学校
校長 荒磯 恒久氏

お申込み方法

お申込は下記PDFファイルにご記入の上でジャパンドローンコンソーシアムへFAXにてお申込下さい。
https://do-rone.jp/dr/wp-content/uploads/2017/11/20171117JDC.pdf

お問い合わせ

北海道情報通信利用研究会(ICURA)
060-0062 札幌市中央区南2条西7丁目6-2 日宝南2条ビル9F
TEL 011-206-0419

情報提供元:Digital北海道研究会内・北海道ドローン協会
https://do-rone.jp/info/1348/

この記事のライター

関連するキーワード


日本ドローンコンソーシアム

関連する投稿


長崎県五島市が、ドローン活用による新産業創出・雇用創出の取組みを本格化

長崎県五島市が、ドローン活用による新産業創出・雇用創出の取組みを本格化

長崎県五島市が、一般社団法人日本ドローンコンソーシアム(JDC)に加盟。同団体への自治体としての加盟は九州初。


「第2回 沖縄ドローン大会」12月8日~12月9日

「第2回 沖縄ドローン大会」12月8日~12月9日

昨年実施いたしました沖縄初のドローン大会を、今年は更にスケールアップして、開催する運びとなりましたのでお知らせすると共にご興味がある方は是非ご参加いただきますようお願いいたします。


最新の投稿


Jヴィレッジでドローンスクール開講 「ドローンの聖地」目指し10月29日に第1期スタート

Jヴィレッジでドローンスクール開講 「ドローンの聖地」目指し10月29日に第1期スタート

サッカー、ラグビーなど多くのスポーツ選手の育成拠点、ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で、ドローンスクールが開講する。東日本大震災対応で施設としての運用を停止して以来、7年4か月ぶりに再始動した施設は、復興の象徴として「ドローンの聖地」としての名声獲得にも乗り出した。


合同会社DMM.com 、ドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約

合同会社DMM.com 、ドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約

合同会社DMM.comは、9月1日付けでDRONE SPORTS株式会社が運営するプロフェッショナルドローンレーシングチーム「RAIDEN RACING」とオフィシャルスポンサー契約を締結した。


KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI、会津若松市で5G、ドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始

KDDI株式会社は、株式会社野村総合研究所、会津アクティベートアソシエーション株式会社と、会津若松の地場産業である「日本酒造り」の工程に、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G) やあらゆるモノがネットワークにつながるIoTの技術を活用した実証事業を開始した。


イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

イタリアの陸上配送ドローン「YAPE」が慶応義塾大学SFCでデモ走行

株式会社DroneFutureAviationは、独占取扱権を有する陸上用配送ドローン「YAPE」のデモンストレーションを慶応義塾大学湘南藤沢キャンパスで9月5日に行った。


国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省、「無人航空機による荷物配送を行う際の自主ガイドライン」を作成

国交省「無人航空機の目視外及び第三者上空等での飛行に関する検討会物流分科会」※は、無人航空機を使用した荷物配送の社会受容性を高めるため、航空法に基づく審査要領で定める要件とは別に、民間事業者等が荷物配送を行うにあたり自主的に取り組むべき事項等を取りまとめた。