日本ドローンコンソーシアム(JDC)講演会が 札幌で開催 11月17日

日本ドローンコンソーシアム(JDC)講演会が 札幌で開催 11月17日

日本ドローンコンソーシアム(JDC)主催の講演会が札幌で11月17日(金)に開催される。


詳細は下記PDFファイルをご参照下さい。
https://do-rone.jp/dr/wp-content/uploads/2017/11/20171117JDC.pdf

開催日

2017年11月17日

14:30開場 15:00~17:00

懇親会17:30~

会場

アスティ45 ACU-A 大研修室1606
札幌市中央区北4条西5丁目 アスティ45・16F

料金

講演会のみ 1,000円(定員120名)
講演会+懇親会 5,000円(定員40名)

主催

主催:一般社団法人 ジャパンドローンコンソーシアム
協賛:北海道情報通信利用研究会

講演会

15:00~16:00
第1部
「空の産業革命」はどこまで進んでいるか、世界と日本の動向
一般社団法人 ジャパンドローンコンソーシアム
会長 野波 健蔵氏

16:00~16:30
第2部
北海道のドローン事情/農業、環境、防災分野に関して
酪農学園大学 農食環境学群 環境共生学類 環境空間情報学研究室
准教授 小川 健太氏

16:30~17:00
第3部
パネルディスカッション
コーディネイター 北海道職業能力開発大学校
校長 荒磯 恒久氏

お申込み方法

お申込は下記PDFファイルにご記入の上でジャパンドローンコンソーシアムへFAXにてお申込下さい。
https://do-rone.jp/dr/wp-content/uploads/2017/11/20171117JDC.pdf

お問い合わせ

北海道情報通信利用研究会(ICURA)
060-0062 札幌市中央区南2条西7丁目6-2 日宝南2条ビル9F
TEL 011-206-0419

情報提供元:Digital北海道研究会内・北海道ドローン協会
https://do-rone.jp/info/1348/

この記事のライター

関連するキーワード


日本ドローンコンソーシアム

関連する投稿


「第2回 沖縄ドローン大会」12月8日~12月9日

「第2回 沖縄ドローン大会」12月8日~12月9日

昨年実施いたしました沖縄初のドローン大会を、今年は更にスケールアップして、開催する運びとなりましたのでお知らせすると共にご興味がある方は是非ご参加いただきますようお願いいたします。


最新の投稿


エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス、GNSS高精度計測が可能なドローン用対空標識AEROBO® MARKERのNETIS登録完了

エアロセンス株式会社が開発・製造・販売しているAEROBO® Markerがドローン用対空標識としては国内で初めてNETISに登録された。


「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

「FAIドローンレーシング世界大会」 FAI、JMA、ALIが2020年の日本開催を目指し協力することで合意

 ドローン、ホバーバイクの開発などを手掛ける株式会社エアリアルラボインダストリーズ(ALI、東京)は、国際航空連盟(FAI)幹部らとパリで会談し、2020年にFAI 公認レース「FAI Drone Racing 世界大会」の日本開催を目指して協力することで合意したと発表した。ALIは複数の企業と連携する方針だ。


世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

世界初!? Phantom 4をプログラミングで飛行させるソフトをジツタが開発

6月13日と14日に都内で開催された「CHIYODA EXPO 2018」に出展した株式会社ジツタ(本社:愛媛県、代表取締役社長:山内延恭)は、非GPS環境でのドローン精密誘導システムを応用し、DJI Phantom 4をプログラミングで制御するソフトの先行デモを行った。同社によれば世界初の試みだという。


ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

ロケーションビジネスで活躍するドローンの最前線

幕張メッセで開催されたロケーションテクノロジーの展示会Locaiton Business Japan 2018で、ドローン特別企画が設けられ、数々のドローンとソリューションが紹介された。


NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDO、インフラ点検や災害対応に活用する「ロボット性能評価手順書」を公表

NEDOと経済産業省は、インフラ点検や災害対応向けの各種ロボットの性能を実際の現場への導入前に把握するための性能評価手法を「ロボット性能評価手順書」として公表した。