JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDAがドローン開発や操縦士養成を目的に「富士箱根ランド」と「大宮」の2試験飛行場を新設

JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)では、無人航空機の開発機のテスト飛行や操縦士のトレーニングを行える「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」(静岡県田方郡函南町)と「JUIDA・大宮試験飛行場」(埼玉県さいたま市)を新たに開設した。JUIDAが開設した試験飛行場はこれで国内4カ所となった。


小型マルチコプター専用試験飛行場を新たに2カ所開設 機体開発と操縦技術向上を支援

 一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会 (東京都千代田区、理事長:鈴木真二 以下:JUIDA)では、無人航空機の開発機のテスト飛行や操縦士のトレーニングを行うため2017年10月に「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」(静岡県田方郡函南町)、11月に「JUIDA・大宮試験飛行場」(埼玉県さいたま市)を新たに開設した。JUIDAが開設した試験飛行場はこれで国内で4カ所となった。

 2015年の改正航空法や自治体の様々な条例等でドローンを自由に飛行させる場所が極めて限られている現状や、国際競争が激しい無人航空機の研究開発を支援するため、JUIDAでは国内における試験飛行場の整備を進めてきた。2015年5月に全国第意1号となる「JUIDA・GOKOつくば試験飛行場」を開設、関西地区には「JUIDA・ATRけいはんな試験飛行場」と着実に試験飛行場を開設し、運営や技術協力を行ってき た。
 今回開設された「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」は、富士山や駿河湾が臨める素晴らしいロケーションにあり、体育館や宿泊できる研修施設なども備えている。一方「JUIDA・大宮試験飛行場」は、都心から近距離かつ広大なスペースで思う存分練習することができる。

JUIDAの試験飛行場では広々としたスペースで自由にドローンを飛ばすことができる=JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場

■「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」

富士山や駿河湾を臨むロケーションの中でドローンの操縦トレーニングや開発機のテストが行える。

https://uas-japan.org/researchandeducation/testairfield/fuji-hakonetestairfield/


 「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」は、箱根関所跡から車で約 5 分の場所にある富士箱根ランド内に開設した無人航空機(ドローン)専用の飛行場。試験飛行場のある富士箱根ランド内にはスコーレプラザホテル(別館)とホテル富士箱根(本館)、体育 館、多目的広場、21の会議室、温泉(各ホテルごと)、ボウリング場、カラオケ、宴会場などがある。試験飛行場を利用の際、日帰り温泉をプラスしたり、宿泊をして、ゆっくり過ごすことも可能。 また、事前予約をすれば、体育館での試験飛行も可能です。更に、大小様々な会議室が 21 室あり ますので、座学や分科会などのご利用も可能。「JUIDA・富士箱根ランド試験飛行場」は、ワンストップで、 用途にあわせて、利用内容をカスタマイズできる。

・所在地: 静岡県田方郡函南町桑原笛場 1354
・交通アクセス: 
  ◎車を利用の場合
   -東京方面から
①【用賀 IC】-東名高速道路(30 分)-【厚木 IC】-小田原厚木道路・箱根新道(60 分)-【富士箱根ランド】
②【用賀 IC】-東名高速道路(70 分)-【御殿場 IC】-乙女新道・芦ノ湖スカイライン(50 分)-【富士箱根ランド】
③【用賀 IC】-東名高速道路(80 分)-【長泉沼津 IC】-伊豆縦貫自動車道(20 分)-【富士箱根ランド】

<面積>5400平方メートル

・利用対象:①試験飛行
      ②操縦訓練
      ③その他イベント等(※要計画書)
      ※その他イベント等の目的で利用を希望する場合は、計画書を提出。
・利用条件:(1)利用時間
         午前:9:00-12:00(※1)
         午後:3:00-16:00(※1)
         定休日:年中無休(行事等でご利用できない日があるので問合せ下さい)
         (※1)午前と午後の2枠ある。終日利用する場合は、2枠必要。
      (2)利用料金

この記事のライター

関連する投稿


JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

JUIDA主催セミナー「国土交通省 ドローン情報基盤システム『DIPS』について」5月9日開催

一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は、国土交通省航空局 安全部 運航安全課 無人航空機運航基準係の河本欣隆氏を講師にドローン情報基盤システム(Drone/UAS Information Platform System【DIPS】)について、セミナーを5月9日に東京大学(本郷)で開催する。


【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

【ジャパンドローン2018・発見!】ドローン女性雇用促進協会 女性限定JUIDA認定ドローンスクール4月開校

今回のジャパンドローン2018では、ドローンスクールの出展も多かったが、中でもドローン撮影技能士コースを創設した一般社団法人ドローン撮影クリエーターズ協会、女性専門のドローンスクールを展開する一般社団法人ドローン女性雇用促進協会、卒業生運営の瀬戸内校を作ったドローン大学校など個性あるスクールが注目された。


【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

【ジャパンドローン2018】福島県がJUIDA、JUAV、JUTMと協定 目視外飛行の実現に向け実証体制を整備

 福島県とドローン関連団体のJUIDA、JUAV、JUTMの4者は3月22日、ドローンの操縦者、管理者が、肉眼で見える範囲を超えて機体を飛ばすことができる「目視外飛行」を実現させる環境を整えるため、「ジャパンドローン2018」が開かれている千葉・幕張メッセで協力協定を締結した。


ドローン操縦士を養成するTASKSが「TASKS DRONE ACADEMY大阪校」を 開校

ドローン操縦士を養成するTASKSが「TASKS DRONE ACADEMY大阪校」を 開校

株式会社TASKS(大阪府枚方市)は、3月7日~3月9日にドローン操縦士を養成する「TASKS DRONE ACADEMY大阪校」の開校に伴い、受講者の募集を開始。


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


最新の投稿


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)