若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。


世界中の学生エンジニアが集結する次世代ロボットコンテスト

 「RoboMaster」 は、ロボットの設計、開発を学ぶ学生エンジニア が世界中から参加し、チーム単位で優勝を目指し、競い合う年次開催されているロボットコンテストサイエンスやエンジニア リングを学ぶ学生コミュニティ内で人気があり、ゲームのエンタメ性に加えて、10,000 人を超える 観衆の目の前で繰り広げられる決勝ラウンドは、臨場感溢れる誰もが楽しめるエンタ ーテイメントとなっている。RoboMaster 2017 の決勝ラウンドは、814,000 人以上の視聴者が Twitch.tv で観 戦した。

 このコンテストに参加するチームは、学生および担当教員から構成されるが、学生以外でもアドバイザ ーとしてチームに参加できる。世界中からより多くの学生が参加できるよう、コンテストでは、参加チームを技術面および資金面で支援する。プロポーザル・ステージを通過し、2 次ステージへ進んだチームには、最大 1,500 米ドルが支給される。
詳細は https://www.robomaster.com/en-US/resource/pages/714?type=announcementSub でご確認のこと。

 DJI バイスプレジデントの Paul Xu は「DJI はドローン技術の開発だけはなく、 若いエンジニアの才能を世界中に披露する機会を提供したいと考えている。2018 年の RoboMaster を本格的なグローバルコンテストにしたいと考え、世界中から才能あふれるエンジニアチームを招き、お互いに学ぶ機会を提供し、スキルを試して頂き たい」と抱負を語った。

 2017 年のコンテストでは、中国、アジア諸国、米国、英国、ドイツなど、世界中の 200 の大学から 7,000 人以上の学生が参加した。98 チームが 2 回戦の一次予選を通過し、32 チームが中国の深圳での決勝ラ ウンドに進出した。RoboMaster 2017 のハイライトは https://www.twitch.tv/robomaster/videos/all で視聴できる。

RoboMaster 2018 への参加方法については、下記 URL を確認ください。 https://www.robomaster.com/en-US (※英語もしくは中国語) さらに詳しい情報については robomaster@dji.com まで問い合わせください。
RoboMaster をフォローする:
Facebook: https://www.facebook.com/RoboMasterDJI/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCbqRmEsVIa3eTEN5SCKBgeg?view_as=subscriber

この記事のライター

関連するキーワード


DJI ROBOMASTER 2018

関連する投稿


DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJIがドローンで思い出を撮りたくなるキャンペーンをスタート

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)は、 “ドローンが見せてくれる新しい日常を思い出として残そう“というコンセプトのもと、 初めてのドローン体験をまとめたスペシャルムービーや日本各地で撮影された空撮イメージをマップ上にまとめたキャンペーン「思い出を飛ばそう。 with DJI」を開始した。


東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

東海地方の3自治体が、DJIの産業用ドローンプラットフォームを防災や捜索救助活動に試験運用

DJI JAPAN株式会社(東京都港)は、静岡県焼津市危機対策課(市長:中野 弘道)、愛知県豊川市防災対策課(市長:山脇 実)と志太消防本部(消防長:増岡 直人)が、自然災害などに起因する捜索救助に活用するため、DJIの産業用空撮プラットフォームの試験運用を開始した。


DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

DJI JAPANとORSOによるドローン・IT合弁会社doが、Drone Fundに第三者割当増資実施

ドローンビジネス専門オンラインプラットフォーム「drone market」を運営するdo株式会社は、日本初のドローンスタートアップに特化した専門ファンドDrone Fundを引受先とする第三者割当増資を実施いたしました。


システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

システムファイブ、DJIドローン 飛行申請サポートセミナー(空港周辺編) 11/29開催!

無人航空機を飛行させるための地方航空局への申請について、JUIDA(一般社団法人日本UAS産業振興協議会)・DJI社認定インストラクターの弊社講師が、丁寧に解説いたします。


DJI、Mavicシリーズに限定版となるMavic Pro Alpine Whiteを発表

DJI、Mavicシリーズに限定版となるMavic Pro Alpine Whiteを発表

DJI公式オンラインストアとApple.com、Apple Storeでの限定販売。


最新の投稿


KDDIが国内初の「空飛ぶ基地局」の実証実験に成功

KDDIが国内初の「空飛ぶ基地局」の実証実験に成功

KDDI株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中孝司)は、株式会社KDDI総合研究所と「無人航空機型基地局 (ドローン基地局)、以下ドローン基地局」を開発し、実証実験に成功したと発表した。


ドローンで撮影した画像を3D化するクラウドサービス「くみき」を12月18日リリース

ドローンで撮影した画像を3D化するクラウドサービス「くみき」を12月18日リリース

株式会社スカイマティクスは、 ドローンで撮影した画像を3D化するための専用クラウドサービス「くみき」の提供を12月18日より開始する。


+Style、ラジコンカーとしても遊べるドローン「PETRONE」を販売開始

+Style、ラジコンカーとしても遊べるドローン「PETRONE」を販売開始

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「ショッピング」で、ラジコンカーとしても遊べるドローン「PETRONE(ペットローン)」を販売します。


スカイシーカーが福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始

スカイシーカーが福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始

(株)スカイシーカーは(株)アルサと共同で12月13日より福島県葛尾村にてドローンによるイノシシの生態調査を開始した。


NTT-ATシステムズとiROBOTICSがレスキュー支援システムの共同研究を開始

NTT-ATシステムズとiROBOTICSがレスキュー支援システムの共同研究を開始

NTT-ATシステムズ株式会社(NTT-ATシステムズ)と株式会社アイ・ロボティクス(東京都新宿区)は、 ドローンを活用したレスキュー支援システムの共同研究を開始すると発表した。