若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

若いエンジニアを支援!DJIが「ROBOMASTER 2018」の参加募集を開始

DJI は、同社が主催するロボットコンテス 「ROBOMASTER 2018」への募集を開始したと発表した。2018 年の RoboMaster 優勝チームには、最優秀賞としてトロフィーと 75,000 米ドルが授与される。


世界中の学生エンジニアが集結する次世代ロボットコンテスト

 「RoboMaster」 は、ロボットの設計、開発を学ぶ学生エンジニア が世界中から参加し、チーム単位で優勝を目指し、競い合う年次開催されているロボットコンテストサイエンスやエンジニア リングを学ぶ学生コミュニティ内で人気があり、ゲームのエンタメ性に加えて、10,000 人を超える 観衆の目の前で繰り広げられる決勝ラウンドは、臨場感溢れる誰もが楽しめるエンタ ーテイメントとなっている。RoboMaster 2017 の決勝ラウンドは、814,000 人以上の視聴者が Twitch.tv で観 戦した。

 このコンテストに参加するチームは、学生および担当教員から構成されるが、学生以外でもアドバイザ ーとしてチームに参加できる。世界中からより多くの学生が参加できるよう、コンテストでは、参加チームを技術面および資金面で支援する。プロポーザル・ステージを通過し、2 次ステージへ進んだチームには、最大 1,500 米ドルが支給される。
詳細は https://www.robomaster.com/en-US/resource/pages/714?type=announcementSub でご確認のこと。

 DJI バイスプレジデントの Paul Xu は「DJI はドローン技術の開発だけはなく、 若いエンジニアの才能を世界中に披露する機会を提供したいと考えている。2018 年の RoboMaster を本格的なグローバルコンテストにしたいと考え、世界中から才能あふれるエンジニアチームを招き、お互いに学ぶ機会を提供し、スキルを試して頂き たい」と抱負を語った。

 2017 年のコンテストでは、中国、アジア諸国、米国、英国、ドイツなど、世界中の 200 の大学から 7,000 人以上の学生が参加した。98 チームが 2 回戦の一次予選を通過し、32 チームが中国の深圳での決勝ラ ウンドに進出した。RoboMaster 2017 のハイライトは https://www.twitch.tv/robomaster/videos/all で視聴できる。

RoboMaster 2018 への参加方法については、下記 URL を確認ください。 https://www.robomaster.com/en-US (※英語もしくは中国語) さらに詳しい情報については robomaster@dji.com まで問い合わせください。
RoboMaster をフォローする:
Facebook: https://www.facebook.com/RoboMasterDJI/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCbqRmEsVIa3eTEN5SCKBgeg?view_as=subscriber

この記事のライター

関連するキーワード


DJI ROBOMASTER 2018

関連する投稿


DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJIは8月23日に発表するMAVIC 2の予告動画を公開

DJI(中国)は、8月23日に発表する新型ドローンMAVIC 2の予告動画をYouTubeに公開した。動画の内容からは、機体がコンパクトに持ち運べるタイプのドローンであると推測できる。海外のサイトでは、MAVIC 2だと指摘する記事も掲載されている


エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

エイチ・アイ・エスとDJI JAPAN、女子旅コミュニティ「タビジョ」次世代型トラベラー育成プログラム始動

株式会社エイチ・アイ・エス(H.I.S.)とDJI JAPANは、女子旅コミュニティ「タビジョ」にむけ、ドローンを活用した空撮や、縦型動画に対応可能な次世代型トラベラー育成プログラムを組み、旅の魅力を伝える新たなシェア方法を実現する。


DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

DJI SparkのLINE FRIENDS(BROWN)が海外で販売開始

2018年8月6日 、中国、深セン。民間用ドローンの世界的リーダーのDJIは、LINE FRIENDSとのブランド提携を発表した。


ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

ドローンで物が簡単に運べる DJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始

DJI正規代理店・PGY日本総代理店である株式会社セキドは、ドローンで物が簡単に運べるPGY社製のDJI Phantom4 シリーズ用 投下システム販売開始した。


スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

スマホアプリ「DRONE STAR©プログラミング」がTelloに対応 8⽉6⽇から配信!

 IT サービス開発とドローン利活⽤を推進する株式会社ORSOは、スマートフォンアプリ「DRONE STAR©プログラミング」に、DJI が技術提供するRyze Tech 社製のTelloも対応機種として追加すると発表した。2018 年8 ⽉6 ⽇から配信する予定。


最新の投稿


スマホケースと一体化した空飛ぶセルフィーカメラ「SELFLY」 12月発売予定

スマホケースと一体化した空飛ぶセルフィーカメラ「SELFLY」 12月発売予定

株式会社Gloture (東京都港区)は、SELFLY camera, LLC (ボストン・アメリカ) の高性能スマホケース型ドローンカメラ「Selfly Camera」を今年12月ごろ販売開始する。


Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

2018年8月13日、カリフォルニア州サンクレメンテ。Swift020 UASは、石川県農林研究センター、地方森林協同組合、主要林業界の指導者と協力して、2018年7月23-25日に石川県内の密集した森林地帯でフライトに成功したと発表した


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

 データセクション株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによって撮影された車や人の動画像をAI技術で分析し、自動で交通量を計測するサービス「ドローントラフィックモニター」の提供を開始した。


住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事株式会社(東京都中央区)は、農業分野における社会課題の解決と国内農業の国際的競争力の向上を目的に、ドローンなど先端技術を使った『水稲生産用先端農業システムのパッケージ型提案』を本格的に開始すると発表した。