大型ドローンテスト飛行基地が天津に設立へ

大型ドローンテスト飛行基地が天津に設立へ

ドローン技術の急速な発展に伴い、中国の2020年のドローン市場規模は584億元(1元は約17円)以上に達する見通し。


 中国北方で初となる大型ドローン専用のテスト飛行基地が20日、天津開発区で設立されることになった。12月末までに第1陣となる大型ドローンが正式にテスト飛行を実施する。科技日報が伝えた。

 ドローン技術の急速な発展に伴い、中国の2020年のドローン市場規模は584億元(1元は約17円)以上に達する見通し。大量のドローンによる違法飛行が民間航空の飛行を妨げており、ドローンによる安全問題が物議をかもしている。その一方で多くのメーカーの大型ドローンは、専用のテスト飛行場所と空域が無いため、その実験や試験を無事に完了させることができないという苦境に立たされている。

 今回天津で設立される専用の大型ドローンテスト飛行場の半径は5キロ、空域は高度600メートルで、国内の大型ドローンのテスト飛行の需要をほぼ満たすことができる。また空港側は専用の飛行管制サービスを提供し、テスト飛行の全過程を保障し、テスト飛行の安全性を高め、トラブルを回避する。大型ドローンのテスト飛行を実施する場合、前日までに基地に申請するだけで利用することが可能となる。 …この記事の続きを読む

情報提供元:Record China
http://www.recordchina.co.jp/b219725-s10-c20.html

この記事のライター

関連するキーワード


中国

関連する投稿


DJI主催「ROBOMASTER 2018」次世代ロボットコンテスト 広州の華南理工大学が優勝

DJI主催「ROBOMASTER 2018」次世代ロボットコンテスト 広州の華南理工大学が優勝

中国、広州の華南理工大学が200チームの頂点に。


東洋のヴェニス 中国・蘇州の山塘街 [ドローン空撮/かりゆしエア]

東洋のヴェニス 中国・蘇州の山塘街 [ドローン空撮/かりゆしエア]

東洋のヴェニスとも呼ばれる中国江蘇省の蘇州の山塘街を空撮。


2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国・商業用ドローン市場の規模が、600億元(約1兆322億円)を超えるとの分析が公表された。


領空侵犯ドローンに妨害電波で対抗 政府が検討、法改正も視野

領空侵犯ドローンに妨害電波で対抗 政府が検討、法改正も視野

 政府が、ドローンによる領空侵犯への対処策として、海上保安庁の巡視船に電波妨害装置を搭載しドローンの飛行を阻止する検討に入ったことが7月30日、分かった。(沖縄県石垣市)周辺で5月に中国公船から飛行したとみられるドローンが領空を侵犯したことを受けた措置。


中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

中国宅配最大手「順豊エクスプレス」がドローン物流で「モデル運行区」認可取得

 中国で外資系、国営系以外では宅配便事最大手の順豊エクスプレス(順豐速運、本部・広東省深圳)は、物流ドローンモデル運行区の空域申請を行い、正式に認可された。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。