【橋梁・トンネル技術展】川ノ上和文レポート!進化を加速する深圳速度に日本は追いつけるか

【橋梁・トンネル技術展】川ノ上和文レポート!進化を加速する深圳速度に日本は追いつけるか

中国・深圳を拠点に、ドローンビジネスを展開する株式会社エクサイジングジャパン(深圳)の川ノ上和文CEOが「橋梁トンネル技術展」のPwCブースに登場し、来場者に最新の深センとドローンの情報を公開した。


三部構成の充実したステージで深圳の「今」を深く理解

ドローンタイムズの村山繁副編集長とドローンインストラクターの土方愛玲奈さんの“公開取材”に答えるエクサイジングジャパン(深圳)の川ノ上和文CEO(右)=11月29日、千葉・幕張メッセのPwCブース

村山副編集長の公開取材という形でスタートしたPwCのステージには、ドローンジョプラス代表のササモモさん(佐々木桃子さん)がファシリテーターを務め、ドローンのインストラクターでもある土方愛玲奈さんが進行を補佐した。
 第一部では、「快進撃!まさにリアルシムシティ、深圳開発の実態NOW!」というテーマで、経済特区に指定されてから37年の深圳の進化の様子が紹介された。川ノ上氏は過去と現在の写真を比べて、急速に整備されるインフラの規模や、深圳を取り巻く「珠江デルタ経済圏」、さらに香港とマカオを結ぶ近く完成予定の全長55kmに及ぶ世界最長となる海上橋「香港・珠海・マカオ大橋」によって、さらに成長すると話す。その進化の速度は、「深圳速度」と呼ばれ行政が啓蒙する深圳10大思想の一つである「時は金なり、効率は命」に支えられていると指摘した。
 第二部では、深圳で急成長する企業が紹介され、DJIのような大手ドローン企業だけではなく、スマートフォンで有名なHUAWEIや電気自動車のBYDにインターネットサービス大手のTENCENTなど「急成長:ドローン、決済、教育まで。深圳の注目企業の躍動NOW!」が伝えられた。深センに暮らし仕事をする魅力は「住んでいると、新しいモノやコトに触れられ、構想段階であってもそれらが現実にできそうな気になる。未来の生活を身近に感じられる」と川ノ上氏は話す。
 最後の第三部では「超期待!日本の〝新たな〟協業モデル〟の可能性NOW!」と題して、「日本に付け入るスキはあるのか?」と疑問を問いかける村山副編集長に川ノ上氏が答えた。深圳でのビジネスを検討している日本の人に対して、川ノ上氏は別の深圳10大思想である「来たらあなたは、深圳人。」を示し、どんな人でも受け止める懐の広さがメリットだと説明する。深圳でビジネスをする人たちには、世界との距離感はなく、建設中の世界最大の国際展示会場オープンをきっかけに、今後さらに多くの企業や人が深圳に集まっていくだろう、と述べた。
 そんな深圳に対して、日本の公的機関であるJETRO(日本貿易振興機構)が11月16日から21日まで深圳で開催されていたハイテクフェアに合わせて実施した「JETRO InnovationProgram(JIP)深セン・プログラム」に触れ、日本から深圳に進出したい企業を現地アクセラレーター(創業・ビジネスサポート機関)と協働で支援する日本・深圳モデルの事例として紹介した。また、深圳の産業構造にも課題があると指摘する学者の意見を参考に、深圳が次の成長を目指すのに不足している「製造サービス業と技術コンサルティング業の推進」の分野において協業の可能性もあるという。そのほかにもJETRO産業研究員へのヒアリングを元に「危機管理や人材育成、さらに自社資源の見直しによる事業再開発、そしてグローバル展開などの支援で、日本企業の蓄積してきたノウハウや東南アジアのパートナーシップが深圳の企業に提供できる価値になる」と川ノ上氏は提案した。
 最後に、深圳でビジネスを立ち上げたい日本企業に向けては、現地のテクノロジーや新興企業の動向や変化の早い環境に対して、「未来への期待感や好奇心を掛け合わせていくことが、深圳を活用するための方程式だ」と川ノ上氏は締めくくった。

会場を和やかに盛り上げたファシリテーターの佐々木桃子さん。

この記事のライター

関連するキーワード


PwC 川ノ上和文 深圳

関連する投稿


【SLUSH TOKYO 2019】airvisionのアマナ、ライティング、マイクロなど最新事情をプレゼン

【SLUSH TOKYO 2019】airvisionのアマナ、ライティング、マイクロなど最新事情をプレゼン

 アマナドローンスクールを運営するアマナグループは2月22日に東京国際展示場で開幕したSLUSH TOKYO 2019に出展しているpwcのブースで、ドローン事業の最新事情について説明会を行った。この日はライティングやマイクロドローンの可能性などがテーマ。23日も開催する予定だ。


あの深圳通、川ノ上和文さんがアテンド! DRONE MEDIAが3月21~24日に深圳ツアー開催

あの深圳通、川ノ上和文さんがアテンド! DRONE MEDIAが3月21~24日に深圳ツアー開催

 ドローンの聖地、中国・深圳はドローンだけの聖地ではない。その様子を現地で実感する「深圳視察ツアー」を、DRONE MEDIAが3月21(木)~24日(金)に開催する。アテンド役は深圳で起業し、ドローン関連事業を手掛ける鬼才、川ノ上和文氏。ツアー中は現地企業訪問、セミナー、パーティーなどの企画が盛りだくさんだ。


PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCセミナー、様々なレイヤーで活躍する企業が登場 「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」

PwCが「ドローンを利用した次世代のビジネス変革のすすめ」というテーマで、ドローンビジネスの展望、目視外飛行等の法規制緩和や留意点について行政と民間の専門家によって解説するセミナーを11月22日、開催した。


エアロネクスト、中国深センの国際ピッチコンテスト世界大会に日本代表として出場決定

エアロネクスト、中国深センの国際ピッチコンテスト世界大会に日本代表として出場決定

国内予選で優勝。ICCリアルテックカタパルト優勝、ディープテックグランプリでも受賞。


PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

PwCが「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催 6組のピッチや、クローンアートのセッションも!

 ドローンタイムズが主催する「ドローントークPIT」にゲスト登壇したことがある世界最大級の会計事務所PwCが、社内の新規事業を競う「グローバル・イノベーション・チャレンジ」を東京で初開催した。勝ち上がった6組による高レベルなピッチや、著名芸術を成分までそっくりに再現するクローンアートのセッションが繰り広げられた。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。