【橋梁・トンネル技術展】PHASE ONE、1億画素の点検ソリューションで作業を効率化

【橋梁・トンネル技術展】PHASE ONE、1億画素の点検ソリューションで作業を効率化

SKYLINK(スカイリンクジャパン)、JEPICO(株式会社ジェピコ)と共同で展示を行ったPHASE ONE(フェーズワンジャパン株式会社)は、1億画素のカメラを使った点検ソリューションを提案した。


超高画素カメラが点検作業の効率化をもたらす

PHASE ONEの1億画素カメラを搭載したドローン。

 SKYLINK(スカイリンクジャパン)、JEPICO(株式会社ジェピコ)と共同で展示を行ったPHASE ONE(フェーズワンジャパン株式会社)は、1億画素のカメラを使った点検ソリューションを提案した。橋梁、トンネル、城など文化財、建物などで実際これまでに行ってきた様々な実証実験の具体例には説得力があり、高画素カメラを使うことで作業が安全に効率化が図れることを証明して見せている。
 会場内で説明会を行ったPHASE ONEの笠井伸啓営業本部長はドローンで1億画素カメラを使う利点として「より離れた、そして高い位置から広い面積を撮影することが可能となり、撮影枚数を大幅に削減され現場での作業時間も短縮できる。また1億画素のデータ量は大きいが、撮影枚数が少ないことからデータ解析の時間は大幅に短縮できる」ことをあげる。また「撮影対象から離れた位置からの撮影となるため、ドローンと対象との接触事故の可能性は減少する」と安全性も高まると指摘する。
 もともと高解像度撮影から得られる細密なデータは、詳細な確認、検証、検査を容易にするメリットがある。ボルトのゆるみや架線の劣化なども広めの画像データから部分を検証することを可能とする。他にも減少しているとび職など熟練作業者の仕事も補完し、レーザーにはない色の情報も得られるといった利点が多い。
 撮影枚数を削減することでデータ解析時間も短縮、得られた高解像度画像データで詳細に検証をする。1億画素カメラのドローン活用は、作業の効率化と安全をもたらす。

高解像度画像によるソリューションを説明するPHASE ONEの笠井伸啓営業本部長。

この記事のライター

関連する投稿


Phase Oneが高速な中判サイズのセンサーを使用したUAVに搭載に最適な測量カメラと電動式レンズを発表

Phase Oneが高速な中判サイズのセンサーを使用したUAVに搭載に最適な測量カメラと電動式レンズを発表

Phase One Japan株式会社は、ブレークスルー技術で開発したiXMカメラシステム2機種を発表、受注を開始する。iXMシリーズは新規開発のプラットフォームで、世界で最も高速な中判サイズのセンサーを使用しており、発表する2機種はUAVに搭載しての画像取得に最適です。同時に電動式レンズ群も新たに開発した。


Skylinkが 社会インフラ画像診断の「ドローン活用技術セミナー」開催 4月5日・品川

Skylinkが 社会インフラ画像診断の「ドローン活用技術セミナー」開催 4月5日・品川

ドローンを使った様々なソリューションを提供するSkylink(東京都)が、1億画素カメラや赤外線カメラを使った社会インフラ画像診断に付いてのセミナーを、4月5日、開催する。



PHASE ONEが1億9000万画素の航空撮影システムを発表

PHASE ONEが1億9000万画素の航空撮影システムを発表

Phase One Japan株式会社は、これまでの高価なラージフォーマットカメラに取って代わる、1億9000万画素の画像が撮影可能なデュアルレンズ、デュアルCMOSセンサーを搭載した「190MP航空撮影システム」とその中核となる1億9000万画素カメラ「iXU-RS 1900」を発表した。


Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase One Japan 株式会社(代表取締役:本田誠)は、DJI社の M600 および M600 Proに完全対応した、iXU、iXU-RS 航空撮影カメラシステムを発表した。このシステムは、 DJI 社のソフトウェア開発キットによって開発された最新ドローンソリューションで、写真測量からインフラ点検などに対応。


最新の投稿


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)