【橋梁・トンネル技術展】PHASE ONE、1億画素の点検ソリューションで作業を効率化

【橋梁・トンネル技術展】PHASE ONE、1億画素の点検ソリューションで作業を効率化

SKYLINK(スカイリンクジャパン)、JEPICO(株式会社ジェピコ)と共同で展示を行ったPHASE ONE(フェーズワンジャパン株式会社)は、1億画素のカメラを使った点検ソリューションを提案した。


超高画素カメラが点検作業の効率化をもたらす

PHASE ONEの1億画素カメラを搭載したドローン。

 SKYLINK(スカイリンクジャパン)、JEPICO(株式会社ジェピコ)と共同で展示を行ったPHASE ONE(フェーズワンジャパン株式会社)は、1億画素のカメラを使った点検ソリューションを提案した。橋梁、トンネル、城など文化財、建物などで実際これまでに行ってきた様々な実証実験の具体例には説得力があり、高画素カメラを使うことで作業が安全に効率化が図れることを証明して見せている。
 会場内で説明会を行ったPHASE ONEの笠井伸啓営業本部長はドローンで1億画素カメラを使う利点として「より離れた、そして高い位置から広い面積を撮影することが可能となり、撮影枚数を大幅に削減され現場での作業時間も短縮できる。また1億画素のデータ量は大きいが、撮影枚数が少ないことからデータ解析の時間は大幅に短縮できる」ことをあげる。また「撮影対象から離れた位置からの撮影となるため、ドローンと対象との接触事故の可能性は減少する」と安全性も高まると指摘する。
 もともと高解像度撮影から得られる細密なデータは、詳細な確認、検証、検査を容易にするメリットがある。ボルトのゆるみや架線の劣化なども広めの画像データから部分を検証することを可能とする。他にも減少しているとび職など熟練作業者の仕事も補完し、レーザーにはない色の情報も得られるといった利点が多い。
 撮影枚数を削減することでデータ解析時間も短縮、得られた高解像度画像データで詳細に検証をする。1億画素カメラのドローン活用は、作業の効率化と安全をもたらす。

高解像度画像によるソリューションを説明するPHASE ONEの笠井伸啓営業本部長。

この記事のライター

関連する投稿



PHASE ONEが1億9000万画素の航空撮影システムを発表

PHASE ONEが1億9000万画素の航空撮影システムを発表

Phase One Japan株式会社は、これまでの高価なラージフォーマットカメラに取って代わる、1億9000万画素の画像が撮影可能なデュアルレンズ、デュアルCMOSセンサーを搭載した「190MP航空撮影システム」とその中核となる1億9000万画素カメラ「iXU-RS 1900」を発表した。


Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase OneがDJI社製M600/M600Proに最適化された航空撮影カメラシステムを発表

Phase One Japan 株式会社(代表取締役:本田誠)は、DJI社の M600 および M600 Proに完全対応した、iXU、iXU-RS 航空撮影カメラシステムを発表した。このシステムは、 DJI 社のソフトウェア開発キットによって開発された最新ドローンソリューションで、写真測量からインフラ点検などに対応。


【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

【第3回国際ドローン展2017】レポートその2

第三回 国際ドローン展が4月19日〜21日、千葉市の幕張メッセで開催された。今回は「ドローン活用元年」にふさわしく、測量やインフラ点検に3次元計測など、産業用途に合わせたドローンとソリューションが一堂に介した。


Japan Drone 2017速報・ジェピコのサーモグラス、1億画素カメラシステムに熱視線

Japan Drone 2017速報・ジェピコのサーモグラス、1億画素カメラシステムに熱視線

 幕張メッセで開幕中のJapan Drone 2017で、スマートデバイスなどの電子部品商社、株式会社ジェピコ(JEPICO、東京・新宿)がブースを出展し、ドローン関連製品を展示し、来場者の視線を集めている。


最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。