【橋梁・トンネル技術展】社会問題にドローン活用を提供するスカイシーカーと、ドローン用蓄電池のプライム・スターがタッグ

【橋梁・トンネル技術展】社会問題にドローン活用を提供するスカイシーカーと、ドローン用蓄電池のプライム・スターがタッグ

ドローンによる様々なソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)がプライム・スター株式会社(東京都港区)のドローン用蓄電池を販売、今回両社は共同で出展を行った。


産業用ドローンのオペレーター養成すすめるスカイシーカー

ドローンによる様々なソリューションを提供する株式会社スカイシーカー(東京都千代田区)がプライム・スター株式会社(東京都港区)のドローン用蓄電池を販売、今回両社は共同で出展を行った。

 スカイシーカーは社会課題にドローンを使った様々なソリューションを提供している。野生動物の生態調査や農産物を荒らす害獣対策をはじめ、東京都あきる野市と総合防災訓練において大型ドローンを使った支援物資運搬実験をおこなうなど幅広くドローンを活用している。今回の展示でも、サルとイノシシの嫌がる周波数の音を出すスピーカーを組み込みこんだDJI製のMATRICE 600や、橋脚などの点検に最適なDJI製の産業用ドローンMATRICE 200などの展示していた。
 また、産業用など大型ドローンを操縦する人材育成が急務と考え、ドローンスクール事業も積極的に行っている。ドローン活用で合意している東京都あきる野市のあきる野市戸倉しろやまテラスを使ったDJI CAMPや国土交通省認定団体発行のライセンス所持者が参加できる産業用ドローン操縦者プログラムとして独自にSky Campを開催している。最近では、夜間飛行にも対応できる講習も開始した。

ヒトには聞こえないが、サルやイノシシが嫌う周波数のデータが入っているSDカードとスピーカーを組み込んだMATRICE600。SDカードを差して、データを外に流すことで害獣対策になる。また、データを津波情報などに変えると防災ドローンにも活用できる。

待望のドローン用蓄電池を提案するプライム・スター

 災害用蓄電池の開発と販売を手がけるプライム・スターは、多くのドローン事業者が悩んでいる野外でのバッテリーの充電に同社の蓄電池HUGシリーズをドローン用に使えないかとスカイシーカーに提案、実験を行ってきた。ドローンのバッテリー充電だけでなくパソコンにも使えることが分かりスカイシーカーがドローン用蓄電池として販売することになった。現在はHUG400とHUG3200をドローン用に販売している。他にもHUG20という防災非常用LED照明も扱い、今回はトンネル内など暗所での作業用照明として提案している。

点検などに使う産業用ドローンMATRICE200(左)と携帯製の高い蓄電池HUG400。

この記事のライター

関連する投稿


ソフトバンク C&S、「DroneDeploy テクニカル講習セット」提供開始  スカイシーカーが第1回講習

ソフトバンク C&S、「DroneDeploy テクニカル講習セット」提供開始  スカイシーカーが第1回講習

ソフトバンクC&Sが、ドローン本体(DJI PHANTOM 4 PRO V2.0)、周辺機器、賠償責任保険に加え、ドローン向け商用クラウドサービスDroneDeploy(ドローンデプロイ)とその使い方講習をセットにした「DroneDeploy テクニカル講習セット」の提供を開始。スカイシーカーが第1回講習開催。


国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

国内初!! DJI AGRUS MG-1Pが複数同時自律飛行で農薬散布に成功

2018年6月19日。株式会社スカイシーカー(東京都)は、DJI JAPANと協力して千葉県香取市のさつまいも畑で、DJI AGRUS MG-1Pによる農薬散布の実証実験を行い、自律制御による編隊飛行に成功した。(田中亘)


岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

岩手県ドローン協会が岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を締結 DJI社製新型物資搬送ドローン「QS8」を採用

一般社団法人岩手県ドローン協会(佐藤亮厚代表理事、 会員13社)は岩手県雫石町とドローンを活用した災害時等業務協力協定を、5月23日に締結した。 同協会が県内の市町村と災害協定を結ぶのは今回がはじめて。今後は大雨災害などの大規模災害や山岳遭難事故発生時に、雫石町が同協会に出動の要請を行う。


東京都、あきる野市、スカイシーカーが、災害対応でドローンによる5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験

東京都、あきる野市、スカイシーカーが、災害対応でドローンによる5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験

東京都、あきる野市、スカイシーカーは、ドローンを使った災害対応で、5.7GHz帯を利用した映像伝送と自律飛行による物資輸送の実証実験を、4月26日、あきる野市(東京都)で実施した。


【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

【ジャパンドローン2018】DJI の機体をプラットフォームに。各種ソリューションを紹介

ジャパンドローン2018でDJI 株式会社(東京都港区)は、DJIの機体をプラットフォームにした様々なソリューションを展示し、機体の対応能力の高さを示した。


最新の投稿


スマホケースと一体化した空飛ぶセルフィーカメラ「SELFLY」 12月発売予定

スマホケースと一体化した空飛ぶセルフィーカメラ「SELFLY」 12月発売予定

株式会社Gloture (東京都港区)は、SELFLY camera, LLC (ボストン・アメリカ) の高性能スマホケース型ドローンカメラ「Selfly Camera」を今年12月ごろ販売開始する。


Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

2018年8月13日、カリフォルニア州サンクレメンテ。Swift020 UASは、石川県農林研究センター、地方森林協同組合、主要林業界の指導者と協力して、2018年7月23-25日に石川県内の密集した森林地帯でフライトに成功したと発表した


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

 データセクション株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによって撮影された車や人の動画像をAI技術で分析し、自動で交通量を計測するサービス「ドローントラフィックモニター」の提供を開始した。


住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事株式会社(東京都中央区)は、農業分野における社会課題の解決と国内農業の国際的競争力の向上を目的に、ドローンなど先端技術を使った『水稲生産用先端農業システムのパッケージ型提案』を本格的に開始すると発表した。