【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

PwCコンサルティング合同会社(東京)が主催するビジネスコンテスト「ドローン・ソリューション・マッチング」の決勝チーム4組が、首都高速道路株式会社、PwCコンサルティング、ドローンタイムズの審査員を前に、4分間のプレゼンテーションを披露した。


長距離の自律飛行と点検の課題をクリアできるソリューションを求めて

首都高速のテーマにはブイキューブロボティクスのドローンボックスが選ばれた。

 コンテストの本選に臨んだのは次の4組。

●テラドローン株式会社
 https://www.terra-drone.net
●計画工学研究所
 www.cubicroot.com
●株式会社ブイキューブロボティクス
 https://www.vc-robotics.com/
●金沢大学
 http://www.kanazawa-u.ac.jp

 首都高速から与えられた課題は「保守点検や災害時調査でのドローン技術の利用を検証」するために「自律航行、レーザーセンシング測定技術、非GPS環境下での位置情報取得技術」の募集だった。
 この課題に対して、テラドローンは測量で培ってきたドローン飛行の圧倒的な現場力を訴え、先ごろKDDIと行った実証実験でLTEネットワークを使った「世界一の自動航行」を可能にした運航管理システムで、首都高速の課題を解決できると提案した。
 続いて、計画工学研究所が打音検査とAIを組み合わせた点検ソリューションと、地上を走るローバーを活用して、有線給電や交代制でドローンを長時間飛行させるといったアイディアを披露した。
 そして、ブイキューブロボティクスはドローンの保管から飛行、そして充電までをすべて全自動で運用できるドローンボックスを提案した。ドローンボックスを高速道路のサービスエリアなどに配備すれば、日常の点検や災害時の状況確認なども、遠隔地から操作でき、親会社のブイキューブが持つ映像伝送技術を活用することで、的確な状況の把握も可能になるという。
 最後に金沢大学は、1億画素のPHAZE ONEを活用した点検ソリューションを導入すれば、20メートルの距離から撮影したコンクリートでも、0.1mmまでのクラックを発見できると説明し、実際のコンクリート診断士による検証結果まで報告した。金沢大学と協力してドローンとカメラを提供したスカイリンクは、今日から使えるソリューションの提案が重要だったと説明し、長距離飛行に関しては共同研究中のハイブリッド電源が実現すれば、ペイロード28kgで1時間の飛行も可能になると提案した。

 4組のプレゼンテーションを聞き終えた審査員たちは、数分間の協議の末に「本当は全部のソリューションが一緒になるといいくらい」と首都高速道路株式会社保全・交通部長の土橋浩氏部長が感想を述べたうえで、最終的にはブイキューブロボティクスのドローンボックスを選んだ。
 ブイキューブロボティクスは「今回の提案は、ドローンボックスのソリューションとして、まさに我々が目指していたところです。選んでいただいて光栄です。今後も引き続き実験と検証を繰り返して、ソリューションの提案を継続していきます」と語った。

プレゼンターに鋭い質問をする首都高速の土橋浩部長。

首都高速のセッションのオープニングもPwCコンサルティング合同会社の寺本勝俊さんのジャンプから始まった。

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローン、早稲田大学共同で独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」を開発

テラドローンは早稲田大学スマート社会技術融合研究機構の鈴木太郎主任研究員と共同で、 独自技術によるUAVレーザシステム「Terra Lidar」の共同開発を完了した。 このシステムは鈴木研究員が内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)において研究開発した技術を応用。


テラドローン、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から有人機・無人機連携の実証実験の支援業務を受注

テラドローン、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から有人機・無人機連携の実証実験の支援業務を受注

TerraDrone株式会社は、 10月12日、愛媛県原子力防災訓練で、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の下で参加し、 災害発生時に情報収集を行う有人ヘリコプターとドローンの衝突回避を目的とした実証実験の技術支援を行った。


テラドローンが南アフリカ支社設立、アフリカ市場に進出

テラドローンが南アフリカ支社設立、アフリカ市場に進出

鉱業ソリューションに特化した南アフリカ支社設立。


テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

テラドローンが西日本豪雨の災害復旧にドローンによるレーザー計測で貢献 北海道胆振東部地震など災害対応にドローン活用推進

2018年7月に発生した西日本豪雨は、西日本を中心に、河川の氾濫や洪水に土砂災害など多くの被害をもたらした。復興に向けて国土交通省は、テラドローン(東京)にドローンによるレーザー計測を依頼し、被災地の正確な状況を収集している。


テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン、屋根点検ソリューション「TERRA ROOFER」を提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、屋根点検ソリューションとして“TERRA ROOFER”の提供を9月13日から開始


最新の投稿


【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

【InterBee 2018】撮影機材としての性能と用途を広げるドローン

2018年11月14日から16日までの3日間。幕張メッセで最新の映像・放送・通信・音響・照明・メディアビジネスの展示会 「Inter BEE 2018(インタービー2018)/[第54回] 2018年国際放送機器展」が開催された。


DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJI JAPAN、Mavic 2 Enterprise実機説明会開催 ドローン活用のメリットを講演

DJIは、Air Works 2018で高機能産業用ドローン「Mavic 2 Enterprise」を発表、日本国内でもすでに販売が開始された。DJI JAPANでは、11月15日、実機を使った製品説明会を開催した。防災科学技術研究所の内山庄一郎氏と日本ドローン無線協会の酒井淳一郎氏がドローン活用と導入について講演。


プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」 AppleとDJIで販売開始

プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」 AppleとDJIで販売開始

Telloミニドローンを製造するRyze Techは、プログラミング教育用ドローン「Tello EDU」を発表した。


茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。


KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

KDDIが富士山でドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功

2018年11月15日。KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 髙橋 誠、以下 KDDI) は、富士登山の遭難者救助を目的とし、 ドローン山岳救助支援システム の実証実験に成功したと発表した。