【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

【橋梁・トンネル技術展】首都高速の保守点検や災害時調査で活躍できるドローン技術は?

PwCコンサルティング合同会社(東京)が主催するビジネスコンテスト「ドローン・ソリューション・マッチング」の決勝チーム4組が、首都高速道路株式会社、PwCコンサルティング、ドローンタイムズの審査員を前に、4分間のプレゼンテーションを披露した。


長距離の自律飛行と点検の課題をクリアできるソリューションを求めて

首都高速のテーマにはブイキューブロボティクスのドローンボックスが選ばれた。

 コンテストの本選に臨んだのは次の4組。

●テラドローン株式会社
 https://www.terra-drone.net
●計画工学研究所
 www.cubicroot.com
●株式会社ブイキューブロボティクス
 https://www.vc-robotics.com/
●金沢大学
 http://www.kanazawa-u.ac.jp

 首都高速から与えられた課題は「保守点検や災害時調査でのドローン技術の利用を検証」するために「自律航行、レーザーセンシング測定技術、非GPS環境下での位置情報取得技術」の募集だった。
 この課題に対して、テラドローンは測量で培ってきたドローン飛行の圧倒的な現場力を訴え、先ごろKDDIと行った実証実験でLTEネットワークを使った「世界一の自動航行」を可能にした運航管理システムで、首都高速の課題を解決できると提案した。
 続いて、計画工学研究所が打音検査とAIを組み合わせた点検ソリューションと、地上を走るローバーを活用して、有線給電や交代制でドローンを長時間飛行させるといったアイディアを披露した。
 そして、ブイキューブロボティクスはドローンの保管から飛行、そして充電までをすべて全自動で運用できるドローンボックスを提案した。ドローンボックスを高速道路のサービスエリアなどに配備すれば、日常の点検や災害時の状況確認なども、遠隔地から操作でき、親会社のブイキューブが持つ映像伝送技術を活用することで、的確な状況の把握も可能になるという。
 最後に金沢大学は、1億画素のPHAZE ONEを活用した点検ソリューションを導入すれば、20メートルの距離から撮影したコンクリートでも、0.1mmまでのクラックを発見できると説明し、実際のコンクリート診断士による検証結果まで報告した。金沢大学と協力してドローンとカメラを提供したスカイリンクは、今日から使えるソリューションの提案が重要だったと説明し、長距離飛行に関しては共同研究中のハイブリッド電源が実現すれば、ペイロード28kgで1時間の飛行も可能になると提案した。

 4組のプレゼンテーションを聞き終えた審査員たちは、数分間の協議の末に「本当は全部のソリューションが一緒になるといいくらい」と首都高速道路株式会社保全・交通部長の土橋浩氏部長が感想を述べたうえで、最終的にはブイキューブロボティクスのドローンボックスを選んだ。
 ブイキューブロボティクスは「今回の提案は、ドローンボックスのソリューションとして、まさに我々が目指していたところです。選んでいただいて光栄です。今後も引き続き実験と検証を繰り返して、ソリューションの提案を継続していきます」と語った。

プレゼンターに鋭い質問をする首都高速の土橋浩部長。

首都高速のセッションのオープニングもPwCコンサルティング合同会社の寺本勝俊さんのジャンプから始まった。

この記事のライター

関連する投稿


テラドローン、タイ国営電力会社とポーランドの電力会社の長距離送電線の点検に成功

テラドローン、タイ国営電力会社とポーランドの電力会社の長距離送電線の点検に成功

RTK付き固定翼・AIを活用した3D送電線マップ・植生除去レポートを作成


テラドローン、インドネシアのUAVサービス企業AeroGeoSurveyに出資  テラドローン・インドネシア設立

テラドローン、インドネシアのUAVサービス企業AeroGeoSurveyに出資  テラドローン・インドネシア設立

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、インドネシアのUAVサービス企業であるAeroGeoSurvey (インドネシア)と出資契約を締結し、 Terra Drone Indonesiaを設立すると発表した。


テラドローン、UAVレーザ「Terra Lidar」のレンタルサービスを開始

テラドローン、UAVレーザ「Terra Lidar」のレンタルサービスを開始

テラドローンは、従来製品の約1/3価格を達成したUAVレーザ「Terra Lidar(テラライダー)」のレンタルサービスが開始された。2月末日まで各都道府県先着2社限定で計測キャンペーンを実施。


テラドローン、日本住宅保全協会と業務提携 屋根点検事業を加速

テラドローン、日本住宅保全協会と業務提携 屋根点検事業を加速

空撮写真の火災保険申請への活用と、ドローン操作講習の受講が可能に


テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

テラドローン、導入しやすい価格を実現したUAVレーザー「Terra Lidar(テラライダー)」の提供開始

リリースを記念し、各都道府県先行2社、期間限定で「Terra Lidar」を活用したレーザ計測キャンペーンを実施。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。