【橋梁・トンネル技術展】3次元の画像データで構造物の点検を容易にする画期的なドローンソリューション

【橋梁・トンネル技術展】3次元の画像データで構造物の点検を容易にする画期的なドローンソリューション

株式会社日立システムズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)の展示していた「3次元管理台帳サービス(仮称)」が、橋梁・トンネル技術展の来場者から高い関心を集めていた。


来場者の興味を強く引いた3次元の構造物点検システム

 日立システムズの展示コーナーで紹介されていた「3次元管理台帳サービス(仮称)」は、ドローンで空撮した画像から、クラウド上で3次元モデルを作成し、2次元の画像とマッピングした管理画面を提供するサービス。同サービスは、日立システムズがドローン運用統合管理センターのオプションとして提供される。ドローンで空撮した画像データを同センターにアップロードすると、簡易な3次元モデルであれば30分程度で作成できるという。3次元化されたモデルは、元となった2次元の空撮画像とリンクが張られているので、画面の右側から点検したい画像を選ぶと、左側の3次元モデルのどこに位置するのかが瞬時に表示される。そのため、撮影後の構造物の点検が容易になる。さらに同サービスでは、気になる箇所にコメントを書き込む機能も提供され、クラウドで複数の利用者が画像をチェックする際にも、確実に記録を残して共有できる。3次元モデルに変換できる画像データは、位置情報が記録されている静止画ファイルであれば、ドローンの機種は問わない。日立システムズでも、エンルート製のドローンだけではく、DJIのPhantomシリーズでも3次元モデルに変換できることを確認している。
 展示コーナーで「3次元管理台帳サービス(仮称)」の説明を担当していた同社のドローン・ロボティクス事業推進プロジェクトの宮河英充部長代理によれば「3次元モデルにすることで、視覚的に分かりやすく構造物を管理できるので、すぐにでも使いたい、という来場者の方が数多くいらっしゃいました。2018年1月からの正式なサービス開始を予定していますが、すでに導入を決めたお客様もいます。また、過去のデータとの比較が容易にできないか、などのお問い合わせもいただいていますので、AIなどを活用した自動化にも取り組んでいく計画です」と話す。

「3次元管理台帳サービス(仮称)」のデモ画面

この記事のライター

関連する投稿


国が実施する平成30年度のフィールド試行業務において大日本コンサルタントと日立システムズの技術を適用

国が実施する平成30年度のフィールド試行業務において大日本コンサルタントと日立システムズの技術を適用

大日本コンサルタント株式会社(東京都豊島区/以下、大日本コンサルタント)と株式会社日立システムズ(東京都品川区/以下、日立システムズ)は、点検記録作成支援ロボットの社会実装に向けて前進したと発表した。


茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

茂原市とブルーイノベーション、最新ドローン技術の展示会開催、地元企業にビジネスマッチングの機会提供

千葉県茂原市(市長:田中 豊彦)とブルーイノベーション株式会社(東京都文京区、社長:熊田貴之)は、県内外の先端企業9社が最新ドローン技術を展示する「もばらドローン EXPO 2018」を、11月16日、茂原市市民体育館で開催し、茂原市内および近隣の企業と のビジネスマッチングの場を提供した。


AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

AIを活用したドローンによるインフラ点検を拡充することで強化した、日立ドローンプラットフォームを提供開始

株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)、株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏/以下、日立システムズ)、株式会社日立ソリューションズ(取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、AIを活用したインフラ点検を拡充した。


日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

日立システムズとパスコがドローンによる 3 次元測量作業を支援

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:北野 昌宏、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)と、航空測量大手の株式会社パスコ(代表取締役社長:島村 秀樹、本社:東京都目黒区/以下、パスコ)は協業し、ドローンによる 3 次元測量 (*1) を支援するサービスを 9 月から提供する。


国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

国際資源リサイクルセンターがドローン+ロボットスーツ活用セミナーを開催

株式会社国際資源リサイクルセンター(栃木県)は、宇都宮の護国会館で「ドローン+ロボットスーツ活用セミナー」を開催した。会場では屋外でのデモ飛行や、ドローンの活用例から実際の導入費用など具体的なテーマでセミナーが行われた。(田中亘)


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。