【橋梁・トンネル技術展】三信建材工業の非GPS環境下での点検ソリューション

【橋梁・トンネル技術展】三信建材工業の非GPS環境下での点検ソリューション

三信建材工業株式会社(愛知県豊橋市)は、土木、構造物そして、特に非GPS環境下でドローンを使った点検の実験を繰り返し、すでに実際の現場で活用し紹介していた。。


非GPS環境下でも多くの実績

水平、巣直方向のレーザーで自分の位置を推定できるPF1 Inspection。

 三信建材工業株式会社(愛知県豊橋市)は、土木、構造物そして、特に非GPS環境下でドローンを使った点検の実験を繰り返し、すでに実際の現場で活用している。
 三信建材工業で非GPS環境下で点検作業を行う場合は、ドローンを自律飛行させず、操縦者が目視で機体を操縦するようにしているという。使用機体は(株)自律制御システム研究所(ACSL)製のPF-1にレーザーセンサーを搭載したPF1 Inspectionというタイプ。水平、垂直の2方向に搭載したレーザーで3次元地図をリアルタイムで生成し、ドローンが自分の位置を推定、把握することができるというもの。GPS・GNSSデータを取得できない環境下でも自律飛行が可能だが、高速道路の橋脚のように高高度で飛行させる場合、上空の風向、風力が分かりにくいこともあって同社では自律飛行は行っていないという。点検(撮影)する壁面などとの距離を一定に保ちながら安定した飛行ができる。
 同社にはもうひとつ非GPS環境下で飛行できるドローンの実験も行っている。それは前述のPF1に画像処理技術を使用した自己位置推定技術(Visual SLAM)によって、GPS・GNSSデータが取得できない環境でも自律飛行を可能としたPF1 Visual。下方向に搭載したカメラ画像を独自のアルゴリズムで処理することでドローンの位置、方角を把握するシステムと、前方向に搭載したステレオカメラにより前方の壁面など対象物との距離を把握し、一定の距離を維持することができる。これにより対象物の形状に合わせた飛行ができるようになった。
 三信建材工業では以上のドローンをすでに多くの実験を行い、多くの活用事例を持っている。

画像処理技術を使用したPF1 Vision.。

 同社の展示会ブースではおなじみの吊り下げ型点検昇降ロボット「点検くん」(コンセプト機)が今回も展示されていた。吊り下げ式なので足場、ゴンドラが不要というところはドローンと同じで、センサー部のユニットをカメラや打音機に変えることができる様々な用途に対応がかのうなところも似ている。開発を行っている愛知県の豊橋技術科学大学の機械工学専攻ロボティクス・メカトロニクス研究室では、現在長さ1.8mのものを製作中という。

ベルトによって吊り下げられる「点検くん」。ドローンに似通ったところも多い。

この記事のライター

関連する投稿


ACSL株、一時、1株4000円台を突破 週末2月1日のマザーズ市場で

ACSL株、一時、1株4000円台を突破 週末2月1日のマザーズ市場で

 東京証券取引所マザーズ市場では前週末の1日、ドローン技術の株式会社自律制御システム研究所(千葉市、ACSL)が1株あたり一時、4180円と上場来高値を更新した。ドローン事業者や利活用する関係者の期待が高まっている。


ACSL上場来高値更新で公開価格超え 1月8日に一時3500円

ACSL上場来高値更新で公開価格超え 1月8日に一時3500円

 東京証券取引所マザーズ市場では1月8日の午前の取引で、2018年12月21日に上場したドローン技術の株式会社自律制御システム研究所(千葉市、ACSL)が1株あたり一時、上場来高値を更新する3500円をつけ、公開価格の3400円を上回った。


ACSLが東証マザーズ上場 初値は2830円

ACSLが東証マザーズ上場 初値は2830円

 ドローン開発、製造、技術開発の自立制御システム研究所が12月21日、新興企業が多く上場する東京証券取引所マザーズ市場に上場した。午前9時27分に2830円で取引が始まった。ドローン専業のスタートアップが上場するのは国内では初のケースとなった。


世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

世界初、無人航空機搭載の衝突回避システムが有人機を探知 福島ロボットテストフィールドで性能試験を実施

NEDOなどが福島県と南相馬市の協力で、12月10日〜14日、復興工業団地内「福島ロボットテストフィールド」(福島県南相馬市)で、中型の無人航空機に搭載した衝突回避システムの探知性能試験を世界で初めて実施した。


ブルーイノベーション、球体点検ドローンELIOSの運用事例発表

ブルーイノベーション、球体点検ドローンELIOSの運用事例発表

 ブルーイノベーション株式会社は、今年3月に業務提携したスイスのFlyability社製の点検用球体ドローン「ELIOS」の活用事例を11月29日、表した。下水道やボイラー室内といったGPSの届かない屋内の狭小で暗所での点検作業が期待され、機体の販売、同社に依頼される運用件数も増加している。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。