エンルートラボ、「日本海洋ドローン協会」を設立 海洋ドローンの活用を加速

エンルートラボ、「日本海洋ドローン協会」を設立 海洋ドローンの活用を加速

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役:伊豆智幸)は、 海洋で用いるドローン活用促進のため「一般社団法人 日本海洋ドローン協会」を設立、 活動支援する。


(公財)日本セーリング連盟の木原 徳人を代表理事に

 エンルートラボは、無人航空機や船舶等に関する研究・開発を進める中で、 海洋での活用を推進するため(公財)日本セーリング連盟 加盟団体 外洋三崎の木原 徳人を代表理事とし、 一般社団法人 日本海洋ドローン協会を設立した。
 航空ドローンに関しては、 国内でも急速に普及が進み法律や運用ルールが整備され、 さまざまな事業化も進みつつありますが、 海洋での利用に関しては、 安全な運用ルールが存在しておらず、 これから海洋ドローンの開発が進むとともに、検討が必要になる。 まだ黎明期の海洋ドローンの普及を加速するため、 関係者と協議しながら早期に安全な運用ルールを確立することを目標に、 一般社団法人 日本海洋ドローン協会は、 2017年7月12日より公式ホームページを開設し、 会員の募集を開始を始めた。

日本海洋ドローン協会の事業内容

 日本海洋ドローン協会では、 海洋ドローンのリファレンス機の開発を積極的に行い、 それを使用した運用トレーニングを行う予定。 それに加え、 以下の事業を展開することで、 海洋ドローンの普及に努めるとしている。
・海洋ドローンの安全性の向上および事業発展のための認証・評価制度の整備ならびに実施
・海洋ドローン普及のための情報提供、 人材育成、 就業斡旋
・海洋ドローンの企画、 製造および販売
・海洋ドローンに関わるシンポジウム、 セミナー、 研修会等の開催および協力
・ 海洋ドローン推進に向けた国および地方自治体への政策提言
・海洋ドローンのためのコンサルティング
・海洋ドローンに関する機関誌、 出版物の発行業

日本海洋ドローン協会会員の種類

 日本海洋ドローン協会では、 協会の趣旨に賛同し、 事業パートナーとして、 技術提供や機材の開発などを協会と会員の参加企業と共同で実施する特別法人会員、 通常の法人会員以外にも、 個人や学生の方が参加しやすい個人会員を設けている。

日本海洋ドローン協会会員について

日本海洋ドローン協会の会員となり、 参加いただくことで、 下記のような会員特典が受けられる。
・認証・評価・コンサルティング、 研修会への参加、 リファレンス機、 書籍、 など会員割引価格で提供
・メールニュース、 会報の購読
・技術研究会への参加
・最新技術の会員向け情報提供
・協会主催の人材育成事業、 技術交流セミナーなどに会員割引価格で参加
・会員交流会への参加

今後の展開

この記事のライター

関連する投稿


エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

エンルートM’sによるエンルートラボへの出資により「イームズグループ」新体制へ

株式会社エンルートM’s(福島県福島市 代表取締役 辺見 俊彦)は、 株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市 取締役社長 伊豆 智幸)の、 第三者割当増資引き受けにより、 3月1日付けでエンルートラボの92.6%の議決権を取得し、 子会社化したと発表した。


エンルートラボがフライトコントローラー開発で、オーストラリアProfiCNC Pty Ltd社と提携

エンルートラボがフライトコントローラー開発で、オーストラリアProfiCNC Pty Ltd社と提携

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、オーストラリアの ProfiCNC Pty Ltd社とドローン用ハードウエアの開発で提携した。


エンルートラボがトンネル内点検ロボットや、無人車両、無人潜水艇用の有線操縦装置を開発

エンルートラボがトンネル内点検ロボットや、無人車両、無人潜水艇用の有線操縦装置を開発

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 FA用のデータ通信ドライバーを用いた、 耐環境性の高い有線式操縦装置を開発した。


エンルートラボが無人機や無人車両、無人艇用の携帯電話(LTE)回線を使用した遠隔操縦装置を開発

エンルートラボが無人機や無人車両、無人艇用の携帯電話(LTE)回線を使用した遠隔操縦装置を開発

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 docomoのLTE回線を使用した、 無人機や無人車両等を遠隔操縦する装置を開発した。


エンルートラボがドローンの信頼性を高める技術「EKF」の開発で、オーストラリアGNC Solutions Pty Ltd社と提携

エンルートラボがドローンの信頼性を高める技術「EKF」の開発で、オーストラリアGNC Solutions Pty Ltd社と提携

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 GNC Solutions Pty Ltd社(オーストラリアビクトリア州)とドローンで使用するEKF(Extended Kalman Filter)の開発で提携したと発表した。


最新の投稿


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)