エンルートラボ、「日本海洋ドローン協会」を設立 海洋ドローンの活用を加速

エンルートラボ、「日本海洋ドローン協会」を設立 海洋ドローンの活用を加速

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市、 代表取締役:伊豆智幸)は、 海洋で用いるドローン活用促進のため「一般社団法人 日本海洋ドローン協会」を設立、 活動支援する。


(公財)日本セーリング連盟の木原 徳人を代表理事に

 エンルートラボは、無人航空機や船舶等に関する研究・開発を進める中で、 海洋での活用を推進するため(公財)日本セーリング連盟 加盟団体 外洋三崎の木原 徳人を代表理事とし、 一般社団法人 日本海洋ドローン協会を設立した。
 航空ドローンに関しては、 国内でも急速に普及が進み法律や運用ルールが整備され、 さまざまな事業化も進みつつありますが、 海洋での利用に関しては、 安全な運用ルールが存在しておらず、 これから海洋ドローンの開発が進むとともに、検討が必要になる。 まだ黎明期の海洋ドローンの普及を加速するため、 関係者と協議しながら早期に安全な運用ルールを確立することを目標に、 一般社団法人 日本海洋ドローン協会は、 2017年7月12日より公式ホームページを開設し、 会員の募集を開始を始めた。

日本海洋ドローン協会の事業内容

 日本海洋ドローン協会では、 海洋ドローンのリファレンス機の開発を積極的に行い、 それを使用した運用トレーニングを行う予定。 それに加え、 以下の事業を展開することで、 海洋ドローンの普及に努めるとしている。
・海洋ドローンの安全性の向上および事業発展のための認証・評価制度の整備ならびに実施
・海洋ドローン普及のための情報提供、 人材育成、 就業斡旋
・海洋ドローンの企画、 製造および販売
・海洋ドローンに関わるシンポジウム、 セミナー、 研修会等の開催および協力
・ 海洋ドローン推進に向けた国および地方自治体への政策提言
・海洋ドローンのためのコンサルティング
・海洋ドローンに関する機関誌、 出版物の発行業

日本海洋ドローン協会会員の種類

 日本海洋ドローン協会では、 協会の趣旨に賛同し、 事業パートナーとして、 技術提供や機材の開発などを協会と会員の参加企業と共同で実施する特別法人会員、 通常の法人会員以外にも、 個人や学生の方が参加しやすい個人会員を設けている。

日本海洋ドローン協会会員について

日本海洋ドローン協会の会員となり、 参加いただくことで、 下記のような会員特典が受けられる。
・認証・評価・コンサルティング、 研修会への参加、 リファレンス機、 書籍、 など会員割引価格で提供
・メールニュース、 会報の購読
・技術研究会への参加
・最新技術の会員向け情報提供
・協会主催の人材育成事業、 技術交流セミナーなどに会員割引価格で参加
・会員交流会への参加

今後の展開

 日本海洋ドローン協会では、 会員の募集を行うとともにリファレンス機の開発と、 その運用に必要なトレーニングを行っていく。 また、 現状の問題点を整理し普及を促進するための課題整理を行うセミナーを、 今年の冬に実施する用意を進めている。

協会 概要

名称: 一般社団法人 日本海洋ドローン協会
代表理事: 木原 徳人
理事  : 伊豆 智幸
      石川 雄一
      貝道 和昭
      新田 肇

所在地  : 埼玉県ふじみ野市うれし野 1-3-29
設立   : 2016 年 10 月 27 日
事業内容 : 海洋で使用するドローンの健全な普及と振興
ウェブサイト : http://www.mdrone.org/

本件に関するお問い合わせ先

日本海洋ドローン協会 事務局
川上 聖治
Email:info@mdrone.org
TEL:042-455-6575(株式会社オフィス ケイ)

この記事のライター

関連する投稿


エンルートラボがフライトコントローラー開発で、オーストラリアProfiCNC Pty Ltd社と提携

エンルートラボがフライトコントローラー開発で、オーストラリアProfiCNC Pty Ltd社と提携

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、オーストラリアの ProfiCNC Pty Ltd社とドローン用ハードウエアの開発で提携した。


エンルートラボがトンネル内点検ロボットや、無人車両、無人潜水艇用の有線操縦装置を開発

エンルートラボがトンネル内点検ロボットや、無人車両、無人潜水艇用の有線操縦装置を開発

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 FA用のデータ通信ドライバーを用いた、 耐環境性の高い有線式操縦装置を開発した。


エンルートラボが無人機や無人車両、無人艇用の携帯電話(LTE)回線を使用した遠隔操縦装置を開発

エンルートラボが無人機や無人車両、無人艇用の携帯電話(LTE)回線を使用した遠隔操縦装置を開発

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 docomoのLTE回線を使用した、 無人機や無人車両等を遠隔操縦する装置を開発した。


エンルートラボがドローンの信頼性を高める技術「EKF」の開発で、オーストラリアGNC Solutions Pty Ltd社と提携

エンルートラボがドローンの信頼性を高める技術「EKF」の開発で、オーストラリアGNC Solutions Pty Ltd社と提携

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、 GNC Solutions Pty Ltd社(オーストラリアビクトリア州)とドローンで使用するEKF(Extended Kalman Filter)の開発で提携したと発表した。


エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

エンルートラボが沖縄県総合防災訓練でドローンとAI技術を連携活用

株式会社エンルートラボ(埼玉県ふじみ野市)は、沖縄県総合防災訓練に参加、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンやAI活用の有効性を検証した。


最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。