府中市、ドローンを使ったビジネスアイデアコンテスト【応募者募集中】1月19日応募締め切り

府中市、ドローンを使ったビジネスアイデアコンテスト【応募者募集中】1月19日応募締め切り

ドローンを使ったサービスや、ドローンが関係する周辺産業に関するビジネスアイデアを募集します。


府中市への航空技術大学の誘致に向けての動きが加速しています。こうした中、ドローンを使った新しいビジネスアイデアを募集したビジネスコンテストを開催することで、広く企業・市民等に対し誘致の機運を盛り上げるとともに、市内企業が航空産業へ新規参入するヒント・きっかけにすることを目的とします。

事業内容

ドローンを使ったサービスや、ドローンが関係する周辺産業に関するビジネスアイデアを募集します。

(1)ビジネスコンテスト(発表会)の実施

日 時 平成30年2月25日(日)午後1時~3時
場 所 府中商工会議所
内 容
①開会あいさつ
②イベント内容の説明
③学生部門の受賞者の発表
④総合部門の応募者の発表 (1人5分以内)
⑤審査員や観覧者による審査
⑥賞の発表・表彰
発表者 20人程度
観覧者 地域の企業、金融機関、マスコミ、行政、一般等
各 賞 【総合部門】
最優秀賞         1本…賞金5万円
審査員特別賞      1本…賞金1万円
アイデアが斬新で賞   1本…賞品
パフォーマンスが最高で賞1本…賞品

【学生部門】
高校・大学生部門優秀賞 1本…賞品
小・中学生部門優秀賞  1本…賞品
入賞         10本…図書カード

※小・中・高・大学生が総合部門に応募することもできます。

応募資格

・個人、企業、グループ、市内外を問わないが、2月25日の発表会に参加できる者

応募締切

平成30年1月19日(金)

応募方法

府中商工会議所「ビジネスアイデアコンテスト」応募申込書に、必要事項をご記入のうえ、府中商工会議所へご提出ください。

<応募における注意点>

・提出された書類などは返却いたしません。
・応募者の情報は、審査員に開示されることに同意したものとし、応募のあったアイデアは公表されます。
・公表によって、アイデアの模倣や類似商法が発生することがあります。発生した全てのトラブルは、いかなる場合であっても府中商工会議所はその責任を負いません。
・応募に係る資料作成費用や発表会に参加するために必要な交通費などは全て応募者の負担とします。
・応募された個人情報は、「ドローンを使ったビジネスアイデアコンテスト」のみに使用され、それ以外の目的では一切使用しません。
・発表会で使用するプレゼンテーション資料の作成は、府中商工会議所でお手伝いすることができます。

この記事のライター

関連するキーワード


府中市

最新の投稿


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)