米アマゾンが空中分解するドローンの特許を取得

米アマゾンが空中分解するドローンの特許を取得

米国時間2017年11月28日。米アマゾンは、UAVの断片化の指示に関する米国特許(9,828,097)を取得した。飛行中のドローンが自己の危険を察知して機体の部品を切り離す制御システムの特許になる。


フライトコントローラーの付加価値となるフラグメンテーションコントローラー特許

飛行中に断片化された部品を落下させるイメージ

 米アマゾンが取得した特許は、ドローンのフライトコントローラーに新たな制御システムを付加するアイディア。従来の飛行制御に加えて、フラグメンテーションコントローラーと呼ばれる新しい制御システムの組込みを特許にした。フラグメンテーションコントローラーは、飛行経路の気象条件や地形分析などの情報をリアルタイムで解析して、もしも飛行中にドローンに対して深刻なトラブルが発生したときに、あらかじめ設定された機体のフラグメンテーション(断片化)ロジックに従って、対象となる部品の一部や配送品、あるいは機体の不時着などを自動制御する。同社はこれまでにも、ドローンの飛行に関する各種の特許を取得してきたが、今回のフラグメンテーションコントローラーは、ドローンの制御中枢に位置する重要な技術。同コントローラーは、機体の制御データだけではなく、気象や地形など飛行に関連する多様な環境データを収集し分析し、分解を判断する頭脳にあたる機能を担う。安全な飛行のために、SLAMによる環境認識とAIによる判断を組み合わせた制御システムは、各社から提唱されているが、フラグメンテーションコントローラーは、物流を想定したドローンにとって、荷物の安全性を担保する重要な技術となる。仮に、このフラグメンテーションコントローラーの有用性が検証され実用化に至り、将来的に各国のドローン空輸を審査する機関の「機体認可」における選定条件の1つになれば、同コントローラーのアイディア特許は、大きな利益につながる可能性もある。ドローンの飛行だけではなく、空輸に取り組む米アマゾンならではの発想といえる。

フラグメンテーションコントローラーの構成イメージ

この記事のライター

最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。