米アマゾンが空中分解するドローンの特許を取得

米アマゾンが空中分解するドローンの特許を取得

米国時間2017年11月28日。米アマゾンは、UAVの断片化の指示に関する米国特許(9,828,097)を取得した。飛行中のドローンが自己の危険を察知して機体の部品を切り離す制御システムの特許になる。


フライトコントローラーの付加価値となるフラグメンテーションコントローラー特許

飛行中に断片化された部品を落下させるイメージ

 米アマゾンが取得した特許は、ドローンのフライトコントローラーに新たな制御システムを付加するアイディア。従来の飛行制御に加えて、フラグメンテーションコントローラーと呼ばれる新しい制御システムの組込みを特許にした。フラグメンテーションコントローラーは、飛行経路の気象条件や地形分析などの情報をリアルタイムで解析して、もしも飛行中にドローンに対して深刻なトラブルが発生したときに、あらかじめ設定された機体のフラグメンテーション(断片化)ロジックに従って、対象となる部品の一部や配送品、あるいは機体の不時着などを自動制御する。同社はこれまでにも、ドローンの飛行に関する各種の特許を取得してきたが、今回のフラグメンテーションコントローラーは、ドローンの制御中枢に位置する重要な技術。同コントローラーは、機体の制御データだけではなく、気象や地形など飛行に関連する多様な環境データを収集し分析し、分解を判断する頭脳にあたる機能を担う。安全な飛行のために、SLAMによる環境認識とAIによる判断を組み合わせた制御システムは、各社から提唱されているが、フラグメンテーションコントローラーは、物流を想定したドローンにとって、荷物の安全性を担保する重要な技術となる。仮に、このフラグメンテーションコントローラーの有用性が検証され実用化に至り、将来的に各国のドローン空輸を審査する機関の「機体認可」における選定条件の1つになれば、同コントローラーのアイディア特許は、大きな利益につながる可能性もある。ドローンの飛行だけではなく、空輸に取り組む米アマゾンならではの発想といえる。

フラグメンテーションコントローラーの構成イメージ

この記事のライター

最新の投稿


スマホケースと一体化した空飛ぶセルフィーカメラ「SELFLY」 12月発売予定

スマホケースと一体化した空飛ぶセルフィーカメラ「SELFLY」 12月発売予定

株式会社Gloture (東京都港区)は、SELFLY camera, LLC (ボストン・アメリカ) の高性能スマホケース型ドローンカメラ「Selfly Camera」を今年12月ごろ販売開始する。


Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

Swift020 VTOLドローンが石川県の林業と協力してフライトに成功

2018年8月13日、カリフォルニア州サンクレメンテ。Swift020 UASは、石川県農林研究センター、地方森林協同組合、主要林業界の指導者と協力して、2018年7月23-25日に石川県内の密集した森林地帯でフライトに成功したと発表した


テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン、ドローン専用自律航行管理ソフト「TERRA UTM」の提供開始

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、ドローン自律航行管理ソフト“TERRA UTM” の一般向けアプリの販売を、 8月20日、 開始した。


ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

ドローン×AIによる交通量調査サービス「ドローントラフィックモニター」提供開始

 データセクション株式会社(東京都渋谷区)は、ドローンによって撮影された車や人の動画像をAI技術で分析し、自動で交通量を計測するサービス「ドローントラフィックモニター」の提供を開始した。


住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事がドローンなど先端技術を使った水稲生産用先端農業システムのパッケージを提案

住友商事株式会社(東京都中央区)は、農業分野における社会課題の解決と国内農業の国際的競争力の向上を目的に、ドローンなど先端技術を使った『水稲生産用先端農業システムのパッケージ型提案』を本格的に開始すると発表した。