講習団体は130 半年間でほぼ3倍に 国交省航空局の12月1日更新情報

講習団体は130 半年間でほぼ3倍に 国交省航空局の12月1日更新情報

 国交省航空局は12月1日でホームページの掲載情報を更新し、ドローンの操縦について一定水準の要件を満たす講習を提供する「講習団体」は、11月1日時点から17団体増え130団体となった。国交省航空局が今年(2017年)6月1日にHPでの掲載を開始したさいには43団体で、6か月でほぼ3倍になった。


2つの技能認証を掛け持ち提供する〝二刀流〟は4団体 非管理団体系の技能講習は36本

 「講習団体」は、ドローンの操縦者に「技能認証」を授けるための講習を実施する団体で、航空局が一定の要件を満たしたと認めた場合に、HPに掲載する。消費者がHPに掲載された講習を受講し、該当する技能認証を取得すると、ドローンを飛行させたいときに行う申請手続きの一部が免除される。
 また技能認証は開発主体ごとに2種類に大別され、講習団体を管理する「管理団体」が開発した技能認証と、講習団体が独自で開発した技能認証とがある。
 12月1日付けで更新された講習情報では、講習団体は130団体。このうち4団体は2つの技能認証を掛け持ちしている「二刀流」だ。このため12月に掲載された技能認証は総数で134本となった。管理団体は11月と同じ12団体で、134本の技能認証のうち98本は、管理団体が開発した技能認証だ。残る36本は、講習団体が独自に開発した。
 国交省航空局は、ドローンの操縦について、一定の要件を満たす技能認証や、その認証の取得が可能な講習を提供する講習団体の情報を2017年6月1日付けから掲載していて、その後、1ヶ月ごとに更新している。12月1日までの6か月間に、管理団体は4団体から12団体に、講習団体は43団体から130団体に増加した。

 更新情報は国交省航空局ホームページの「航空・無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html)
のページ上にある
「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」
http://www.mlit.go.jp/common/001212164.pdf
で確認できる。
(リンク先は一覧表のリンク先は変更される可能性がある)

12月に新たに掲載された技能認証は18本で、このうち6本は管理団体に頼らない独立型の技能認証だ

この記事のライター

関連する投稿


「講習団体」は177、うち8組は〝二刀流〟 国交省航空局が5月1日付でHP更新

「講習団体」は177、うち8組は〝二刀流〟 国交省航空局が5月1日付でHP更新

 国交省航空局は5月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を得るための講習を実施する「講習団体」は177組と公表。2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟が8組あるため、実質169団体が5月1日時点で講習サービスを提供する掲載団体ということになる。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。


「講習団体」1つを取り下げ 国交省航空局が1月1日付でHPの掲載情報を更新

「講習団体」1つを取り下げ 国交省航空局が1月1日付でHPの掲載情報を更新

 国交省航空局は1月1日、ホームページ上のドローン講習に関する掲載情報を更新した。一定水準の要件を満たした技能認証を提供する「講習団体」は136団体で、このうち2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟が5団体となった。また12月1日まで掲載されていた講習団体の1つの掲載が取り下げられた。


講習団体は10増加の113団体 国交省航空局の11月更新

講習団体は10増加の113団体 国交省航空局の11月更新

 国交省航空局が11月1日で更新したホームページによると、ドローンの「講習団体」は113団体で、10月1日の101団体から10団体増加した。講習団体を管理する「管理団体」は、2団体増えて12となった。掲載されている技能認証は合計116本となった。


国交省航空局が10月1日付でHP更新 ドローン「講習団体」、大台突破の101に

国交省航空局が10月1日付でHP更新 ドローン「講習団体」、大台突破の101に

 国交省航空局は、ホームページに掲載する「講習団体」と、講習団体を管理する「管理団体」の情報について、10月1日付で更新した。講習団体は101団体となり、9月1日から10団体増えて100を越えた。3団体は2つの技能認証を併行して提供している。管理団体は10となった。


最新の投稿


DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

DJIの新社屋のデザインコンセプトが発表される

設計事務所のフォスター・アンド・パートナーズ(ロンドン)は、深センに建設中のDJIの新社屋のデザインコンセプトと動画を公開した。既存のオフィスにとらわれないドローンの発着基地のような空間も用意される計画。(田中亘)


Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

Amazonプライムオリジナルシリーズ「You Are Wanted」でDJI機器を利用

2018年5月18日-民間用ドローンとカメラジンバルで有名なDJI(中国)は、Amazonプライムのオリジナルシリーズ「You Are Wanted」の第2シーズンをDJI Inspire 2とZenmuse X7カメラなどでサポートした。


「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

「セキド虎ノ門」5月19日オープン 1階のDJI認定ストア虎ノ門はケージもあり体験型

DJI社 正規代理店である 株式会社セキド(東京都国立市)は、ドローン体験型総合施設「セキド虎ノ門」(東京都港区西新橋)のオープンを前に、記者内覧会を行った。都内でも最も開発の進むエリアの一つ虎ノ門に、セキドの新拠点誕生。1階はDJI認定ストア虎ノ門。


【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

【慶大ドローン】単位がつかないのに学生が集まるドローンの〝ゼミ〟 好奇心旺盛な学生が絶賛、活動中!

ドローンの研究、活用、実装に力を入れている慶應義塾大学で、単位にならないゼミがスタートし、活動が活発化している。指導しているのは慶大SFC研究所ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹副代表。登録者は経験者、未経験者、高校生ら16人で、原則毎週1回、強い好奇心を持ち寄って教室を熱気で満たしている。


新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市が「スマート農業 企業間連携実証プロジェクト」を開始

新潟市と井関農機株式会社、株式会社ヰセキ信越、株式会社スカイマティクス、国際航業株式会社、ウォーターセル株式会社はスマート農機(ICT田植機、ICTコンバイン)やリモートセンシング(ドローン、人工衛星)で得られた情報を、営農支援システム「アグリノート」に集約し一元管理する実証実験を開始すると発表した。(田中亘)