講習団体は130 半年間でほぼ3倍に 国交省航空局の12月1日更新情報

講習団体は130 半年間でほぼ3倍に 国交省航空局の12月1日更新情報

 国交省航空局は12月1日でホームページの掲載情報を更新し、ドローンの操縦について一定水準の要件を満たす講習を提供する「講習団体」は、11月1日時点から17団体増え130団体となった。国交省航空局が今年(2017年)6月1日にHPでの掲載を開始したさいには43団体で、6か月でほぼ3倍になった。


2つの技能認証を掛け持ち提供する〝二刀流〟は4団体 非管理団体系の技能講習は36本

 「講習団体」は、ドローンの操縦者に「技能認証」を授けるための講習を実施する団体で、航空局が一定の要件を満たしたと認めた場合に、HPに掲載する。消費者がHPに掲載された講習を受講し、該当する技能認証を取得すると、ドローンを飛行させたいときに行う申請手続きの一部が免除される。
 また技能認証は開発主体ごとに2種類に大別され、講習団体を管理する「管理団体」が開発した技能認証と、講習団体が独自で開発した技能認証とがある。
 12月1日付けで更新された講習情報では、講習団体は130団体。このうち4団体は2つの技能認証を掛け持ちしている「二刀流」だ。このため12月に掲載された技能認証は総数で134本となった。管理団体は11月と同じ12団体で、134本の技能認証のうち98本は、管理団体が開発した技能認証だ。残る36本は、講習団体が独自に開発した。
 国交省航空局は、ドローンの操縦について、一定の要件を満たす技能認証や、その認証の取得が可能な講習を提供する講習団体の情報を2017年6月1日付けから掲載していて、その後、1ヶ月ごとに更新している。12月1日までの6か月間に、管理団体は4団体から12団体に、講習団体は43団体から130団体に増加した。

 更新情報は国交省航空局ホームページの「航空・無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール」
http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html)
のページ上にある
「無人航空機の講習団体及び管理団体一覧」
http://www.mlit.go.jp/common/001212164.pdf
で確認できる。
(リンク先は一覧表のリンク先は変更される可能性がある)

12月に新たに掲載された技能認証は18本で、このうち6本は管理団体に頼らない独立型の技能認証だ

この記事のライター

関連する投稿


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。


「講習団体」1つを取り下げ 国交省航空局が1月1日付でHPの掲載情報を更新

「講習団体」1つを取り下げ 国交省航空局が1月1日付でHPの掲載情報を更新

 国交省航空局は1月1日、ホームページ上のドローン講習に関する掲載情報を更新した。一定水準の要件を満たした技能認証を提供する「講習団体」は136団体で、このうち2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟が5団体となった。また12月1日まで掲載されていた講習団体の1つの掲載が取り下げられた。


講習団体は10増加の113団体 国交省航空局の11月更新

講習団体は10増加の113団体 国交省航空局の11月更新

 国交省航空局が11月1日で更新したホームページによると、ドローンの「講習団体」は113団体で、10月1日の101団体から10団体増加した。講習団体を管理する「管理団体」は、2団体増えて12となった。掲載されている技能認証は合計116本となった。


国交省航空局が10月1日付でHP更新 ドローン「講習団体」、大台突破の101に

国交省航空局が10月1日付でHP更新 ドローン「講習団体」、大台突破の101に

 国交省航空局は、ホームページに掲載する「講習団体」と、講習団体を管理する「管理団体」の情報について、10月1日付で更新した。講習団体は101団体となり、9月1日から10団体増えて100を越えた。3団体は2つの技能認証を併行して提供している。管理団体は10となった。


講習団体91、管理団体9、初公表から3か月で2倍超え! 国交省HP改定

講習団体91、管理団体9、初公表から3か月で2倍超え! 国交省HP改定

 国交省航空局は、ドローン操縦技能の講習として一定の要件を満たす機関である「講習団体」と、講習団体を管理する機関である「管理団体」について、9月1日付で更新し、ホームページに掲載した。9月1付現在で管理団体は9、講習団体は91で、初公表した6月1日時点から3か月で2倍を超えた。


最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。