一般社団法人ドローン大学校 東京キャンパスが大手町に移転、定期性カリキュラムに変更 1月末以降

一般社団法人ドローン大学校 東京キャンパスが大手町に移転、定期性カリキュラムに変更 1月末以降

一般社団法人ドローン大学校の東京キャンパスが2018年1月20日以降、東京都江東区青海から千代田区大手町に移転。それに伴いカリキュラムも定期性となり大幅改正する。


東京都江東区青海から千代田区大手町へ

 一般社団法人ドローン大学校は、東京キャンパスを2018年1月20日以降に、東京都江東区青海から千代田区大手町に移転すると発表した。同校が開校以来、 一般社団法人ドローン大学校が東京キャンパスとして使用してきた東京都江東区青海にあるThe SOHOは、 ドローンビジネスと関わりの深いビルということもあり、 今後は一般社団法人ドローン大学校事務所として使用していく。 修了生・受講生などから「お台場は遠い」という意見が多かったため、 東京メトロ丸ノ内線・千代田線・半蔵門線・東西線・都営三田線の入る「大手町駅」と直結する大手町に新東京キャンパスを設けることになった。

 これに伴いカリキュラムも変更となり、 これまで1年以上続けてきた受講生各自の都合で好きなタイミングで登校する自動車教習所のような履修制から、 最短14日間で修了できる定期制に変えることになった。その訳は、ドローン大学校 名古屋キャンパスでは最短14日間で修了できる定期制にカリキュラムを1年間続けた結果、定期制にカリキュラムの方が、 短期間で効率良く高い操縦技術と運航知識を習得できることが分かり、 今回のカリキュラムの変更に至った。これまで 200名以上の受講生への指導実績から生まれた独自のカリキュラムで、“ドローンの安全な運航に必要な知識と技術を修得していただく”という同校のフィロソフィは厳守していくという。

教習機も"DJI PHANTOM 4"に変更

 教習機をDJI PHANTOM 2または、 DJI PHANTOM 3からDJI PHANTOM 4に変更する。 ATTI MODEでの実技実習を行うにあたりビジョンポジショニングモジュールを実装していないDJI PHANTOM 2または、 DJI PHANTOM 3が教習機として最適だと判断し、 ドローン大学校 東京キャンパスでは開校以来、 教習機をDJI PHANTOM 2または、 DJI PHANTOM 3を使用して来ましたが、 保守部品や付属品の欠品など継続した使用が困難なため、今後は。 DJI PHANTOM 4に教習機を変更する。

"ドローンのビジネススクール"というコンセプトに沿ったカリキュラムの開講

 ドローンの航行アプリケーション"Terra UTM"やドローンで取得したデータの三次元化から詳細な解析までを行える測量向けアプリケーション"Terra MAPPER"を開発・販売するテラドローン株式会社の認定校として、 Terra Mapper技能者認定証取得講座「3次元データ処理・解析プログラム」を2018年1月より開講する。 "Terra UTM"と"Terra MAPPER"の2つのアプリケーションを運用してドローン測量を行うことのできる知識と技術を講義 + 実技 + 検定で習得し、 修了試験に合格することで「Terra Mapper技能者認定証」が交付される。 今後は“ドローンの安全な運航に必要な知識と技術を修得するだけでなく、 修了生などすでにドローンの安全な運航に必要な知識と技術を修得している人に向けた講座を大手町の新東京キャンパスにて開講して行く。

ドローン大学校 無料セミナー

日時 

2017年12月06日(水) 19:30 ~
2017年12月12日(火) 19:30 ~
2017年12月20日(水) 19:30 ~


会場

ドローン大学校 東京キャンパス(旧お台場キャンパス)

〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 the SOHO206
電話  03-6865-8188
メール hi@dronecollege.ac

ウェブ  https://dronecollege.ac


無料説明会お申込  https://dronecollege.ac/tokyo-campus/

この記事のライター

関連する投稿


ドローン大学校が奨学金制度と特待生制度を3月から開始

ドローン大学校が奨学金制度と特待生制度を3月から開始

一般社団法人ドローン大学校は、 若年層ドローンパイロットと若年層ドローンビジネスマンの育成を目指し、 未成年入校生に9万円の奨学金を給付する奨学金制度と、 成績優秀な未成年入校生に対し、 毎期一名、 学費全額無料の特待生制度を開始する。


ドローン大学校が 請川博一氏を講師に「ドローン農薬散布実務実習」を開講

ドローン大学校が 請川博一氏を講師に「ドローン農薬散布実務実習」を開講

ドローン大学校が開校する「北海道旭川ドローン農薬散布実務実習」は、 実際にドローンによる農薬散布の業務受注ができるようになるための実務を経験するための実習となっている。


ドローン大学校がテラドローン認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座」開講

ドローン大学校がテラドローン認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座」開講

ドローン大学校はテラドローン株式会社認定校として「Terra Mapper技能者認定証取得講座"ドローン大学校 3次元データ処理・解析プログラム"」を開校する。


テラドローンがドローン大学校を「Terra Mapper」認定校に

テラドローンがドローン大学校を「Terra Mapper」認定校に

テラドローン株式会社(東京都渋谷区)は、 一般社団法人ドローン大学校(代表校:東京都江東区)とドローン測量に適した画像処理・解析ソフトウェア「Terra Mapper」の認定校、 並びに販売代理店契約を締結した。


ドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)のキックオフイベント開催

ドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)のキックオフイベント開催

10月25日。一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)のキックオフイベントが、都内で開催された。


最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。