【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作りカリキュラムで交流の輪

【慶大×田村市】船引高校に小高産業技術高校生が訪問 手作りカリキュラムで交流の輪

慶大がドローン連携協定を結んでいる福島県田村市で12月3日、地元の県立船引高校に、福島県南相馬市にある県立小高産業技術高校の生徒が訪問し、ドローンの交流が実現した。扱い方の始動を受けてきた船引高校の生徒は、90分にわたり、学んできた経験やコツを伝授した。


体育館に「バインドします」の声!

 今回の交流は、ドローンの知識や技術を身に付けながら、交流を図ることが有意義であるとの認識で両校が一致したことがきっかけ。夏以降、お互いの日程などについて情報交換を重ねながらタイミングを模索し、この日の実現になったという。
 この日は、船引高校の体育館を主会場として実施。参加したのは両校の1、2年生で、それぞれ約10人ずつ出席した。小高産業技術高校の参加生徒は、部活動、ロボット研究会のメンバーだ。
 船引高校生は、この日のためにドローンの飛ばし方や、技術向上のための練習の方法などについて独自のプログラムを準備。当日も冒頭の挨拶からリーダーシップをとった。両校生徒代表があいさつをしたあと、さっそく本題に突入。船引高校2年の吉田和正さん、石井隆斗さんが、ドローンで空撮した3本の動画の一部を披露し、その後、航空法、飛行申請などのルールや、ドローンの仕組み、動かし方についての基礎を説明した。
 ひととおりの説明を30分程度で終え、その後は、船引高校生が日頃使っている、手のひらサイズのトイドローンを飛ばす実践に入った。
 両校の生徒が2人ずつの小さな班に分かれ、ほぼマン・ツー・マンで、電源の入れ方、プロポの扱い方などを個別に伝授。それぞれの班で、ドローンの飛行になれた船引高校生が飛ばし方を示し、それを小高産業技術高校の生徒がみようみまねで挑戦した。体育館には各班から「バインドします」のかけ声が響き、周囲の状況を確認する習慣も徹底させた。
 スクリーンには「ドローンを飛ばしてみよう。離陸と着陸。まずは左手の上下だけ」「ホバリング。目線の高さで5分ぐらいできるように」などと、当面、挑戦するテーマが映し出され、生徒たちはときおりスクリーンを見ながら、飛ばし方のノウハウを伝え合った。

ドローン交流は生徒主導で行われた。説明をする石井隆斗さん(左)とスライドを操作する吉田和正さん

ドローンの魅力を伝えるために船引高校の生徒が選んだ方法は自分達が作った作品の一部を見せること

少人数に分かれて飛ばし方を伝授。小高産業技術高校の生徒は、ほとんどが初心者だったがフライトをさせて、ホバリング(空中制止)させるところまではほどなくたどりついた

ドローンの魅力を発信するバトン 今後も次の世代へ、地域へ

 船引高校の生徒は、ドローン特別講座で、慶大の講師陣、特に慶大ドローン社会共創コンソーシアムの南政樹事務局長から、「先に学んだものは次の人に伝える義務がある」と繰り返し教わった。9月の第二期終了日には、南氏は「今日でみなさんにバトンを渡す。一日でも早く学んだら〝師〟になる。みなさんは田村市では、ドローンの師だ。どんどんドローンで発信してほしい。それがバトンだ。これからの田村をまかせたぞ、という意味でもある」とも伝えた。
 この日、船引高校の生徒は、段取り、仕切り、説明、ノウハウの伝授などすべてのタイミング率先して動き、ドローンの楽しさを伝えた。今回の交流を聞きつけて船引高校にかけつけた田村市幹部は「積極的。自分たちで考えて、指示を待たずに動いている」と目を細めていた。船引高校の生徒の一人は「刺激にも励みにもなる」と交流の意義を語った。
 様子を見守っていた船引高校の亀田光弘教頭は「今回は、生徒主導で進めること決め、実際にそのようにした。こうした経験が次に生きると思うし、生かしてくれるはずだ」と力強く話した。
 小高産業技術高校の生徒を引率してきた関根毅教頭は「今回参加した生徒は、ロボット研究部の生徒達。ロボット操作については蓄積があるが、ドローンは多くの生徒が操縦経験を持っていなかった。今回の交流で同年代の取り組みを知ることもでき、ドローンに触れる機会にもなり、有意義な時間だった。またこういった機会をつくりたい」と話していた。
 船引高校の生徒は、この交流で〝伝える〟活動の第一歩を踏み出した。今後も慶大によるドローン特別講座で受け取った〝バトン〟は、次の世代や、地元や、他の地域などにドローンの魅力を発信し、交流の輪を育むことに使われる。

ドローンが手になじんだところで船引高校の校舎を背景に記念撮影。わずか90分の体験だったが、船引高校の生徒、小高産業技術高校の生徒それぞれに充実の表情が浮かんでいた

小高産業技術高校の生徒を乗せたバスを見送る船引高校生

この記事のライター

関連する投稿


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

【慶大×田村市】高校生が農薬散布機運用へ一歩 2人が訓練、4人がすでにライセンス取得

 慶應義塾大学と包括連携協定を締結し、ドローンによる地域活性化に積極的な福島県田村市で、地元の福島県立船引高校の生徒2人が2月13日に、市内で農薬散布機の訓練に取り組んだ。船引高校ではこの2人を含め、すでに4人がライセンスを取得おり、今後もドローンを使って地元への貢献に意欲をみせている。


【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

【慶大×田村市】船引高校生ドローン部4人が農薬散布教習に挑戦

 福島県立船引高校(田村市)特設ドローン部の部員4人が農薬散布の技能を身に着ける教習の初日に臨んだ。ドローンを飛ばせる高校生から、ドローンで農業に貢献する人材への一歩を踏み出した。教習は4日間だ。


【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

【慶大ドローン】慶大が静岡県小山町とドローン連携締結 田村市(福島県)、神石高原町(広島県)に続き3件目

 慶大SFC 研究所と静岡県小山(おやま)町は12月18日、ドローンの利活用による研究推進、防災減災の促進などを目指す連携協力協定を締結した。慶大がドローンで自治体と連携するのは3例目。込山正秀小山町長は3月に起きた大雨による災害をあげ「防災減災、治山治水などに取り組み、小山町の活性化に末永く協力を」とあいさつした。


【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

【慶大×田村市】船引高校で特別講座開催 課題は「〇」と「8」を描くこと…やすやすと

 ドローン研究に取り組んでいる慶大が指導する福島県立船引高校(福島県田村市)で、ドローン特別講座が開かれ、特設ドローン部の高校生たちが、ドローン初心者の当面の目標である、「〇」や「8」の操作課題を与えられた。やすやすとこなす腕前を披露する徒もいて、操縦の上達が目覚ましい。


最新の投稿


米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国でドローンIDの表示方法が変更になる

米国の連邦航空局(FAA)は、小型無人機の所有者に、航空機の外面にFAAが発行した登録番号を表示するよう要求する規則を連邦登録簿に掲示した。


セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

セキドが産業用ドローン製品について無料説明会 全国11カ所で開催

株式会社セキドは、 ドローンや関連製品の業務への導入を検討している法人または官公庁に向けに、 産業向け製品の無料総合説明会を全国11カ所で開催する。


AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

AIアナ「荒木ゆい」の声の技術で避難呼びかけ 神戸でスピーカー付きドローンの実験

 DPCA、RUSEAは2月17日、ヴィッセル神戸のホームグラウンド、ノエビアスタジアム神戸(神戸市)で、近所で不審物が見つかったことを想定し、ドローンによる多言語の避難呼びかける実験を実施した。多言語情報発信を手掛ける株式会社Spectee、圧電スピーカー開発の有限会社ZenTecと連携した。


オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

オプティムとドコモ、固定翼型ドローンとLTE通信による目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功

株式会社オプティムと株式会社NTTドコモは、1月16日〜18日、長距離・高速飛 行が可能な固定翼型ドローン(オプティムホーク)とLTE通信が可能なセルラードローン用通信デバイスを使い実証実験を行い、目視外・長距離飛行における広域リアルタイム映像伝送に成功した。


ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

ドバイ空港が不法ドローンで30分のフライト停止

2019年2月15日 – ドバイ。現地時間の午前10:15から10:45までの約30分間、ドバイ空港は違法なドローンの飛行が疑われたことから、フライトを一時停止した。