カナダのSkyX固定翼ドローンが100kmのパイプライン検査に成功

カナダのSkyX固定翼ドローンが100kmのパイプライン検査に成功

2017年12月4日。カナダのオンタリオ州に本社のあるSkyX Systems社は、メキシコで100kmのガスのパイプラインの自律飛行による検査に成功したと発表した。


100kmを約1時間で自律飛行し200以上の問題を発見

SkyX Systems社の固定翼ドローン

 SkyX Systems社の開発したドローンは、4つのプロペラを備えた固定翼。飛行は、メキシコの地上にいる技術者のサポートクルーと一緒に、同社のグレーター・トロント・エリア・スカイセンター(Greater Toronto Area SkyCenter)のミッション・コントロールから遠隔操作で行われた。約1時間で100kmを超える自律飛行を行い、高解像度の画像を撮影した。その画像の解析結果から、パイプラインの管理者が認識していなかった200以上の地理的な異常を特定し、迅速な調査と修復のための正確な座標を特定した。
 同社の創業者でCEOのDidi Horn(ディディ・ホーン)氏は「年間380億ドルを超える石油・ガスパイプラインの監視は、効率の悪い手段を用いて行われており、発生してからずっと長い間、問題が発生していることが多く、SkyXはこのグローバルな問題に前例のない価値観をもたらします」と話す。

http://skyx.com/

この記事のライター

関連する投稿


エアロセンス、ドローンによる災害時医薬品配送の飛行試験を福岡市で開始

エアロセンス、ドローンによる災害時医薬品配送の飛行試験を福岡市で開始

エアロセンス株式会社、MSD株式会社、およびアルフレッサ株式会社は、10月24日に、国家戦略特区である福岡市において、ドローンによる災害時医薬品配送の飛行試験を実施したと発表した。


最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。