大垣市のドローン落下で大阪航空局が業者に「厳重注意」 改正航空法施行後で初

大垣市のドローン落下で大阪航空局が業者に「厳重注意」 改正航空法施行後で初

 岐阜県大垣市で行われたイベントでドローンが墜落し近くにいた人に当たった事故に関連し、国土交通省大阪航空局は6日、同日付でドローンを飛ばしたドローン事業者を厳重注意したと発表した。2年前の2015年12月10日に改正航空法が施行してから、厳重注意は初めて。


必要な再発防止策など検討、報告を求める

 大阪航空局によると、厳重注意をしたのは岐阜県各務原市の「空創技研プロペラ」で、飛ばしたドローンとは別の機体で申請していたこと、会場の風速を適切に計測していなかったことなどから、「安全意識や法令遵守の精神が欠如していた」と判断、行政指導として厳重注意をした。
 なお、「安全意識や法令遵守の精神が欠如していた」ことと、事故との因果関係については直接の言及はなく、事故原因については大阪航空局は「引き続き調査、確認中」としている。
 また大阪航空局は業者に対し、不十分な安全措置に至った背景や原因の分析、必要な再発防止策の検討と報告を求めている。
 厳重注意を受けた業者はドローンタイムズの取材に「多くの方にご迷惑をおかけし、深く反省している。安全を心がけるとともに、メカ的な再発防止についても検討し、業務に関わるみなさまが使えるように提供することを検討したい」と話している。


大阪航空局:http://ocab.mlit.go.jp/top/

大阪航空局HPトップ画面

この記事のライター

関連するキーワード


大阪航空局 厳重注意

最新の投稿


Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

Japan Drone2018「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切迫る! 2月28日まで

デジタルハリウッド ロボティックスアカデミー、JUIDA(一般社団法人 日本UAS産業振興協議会)、Drone Times共催の第3回「Drone Movie Contest 2018」の作品応募締切りが迫っている。2月28日まで。


熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

熊谷組がビオトープ植生管理にエアロセンスの「エアロボマーカー/クラウド」を採用

エアロセンス株式会社(東京都文京区)が開発・製 造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー)ならびに AEROBO® Cloud(エ アロボクラウド)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区)が取り組む「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトー プ技術)」の植生管理に採用された。


本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

本庄第一中学がORSOの「DRONE STAR© プログラミング」で授業 盛り上がる教室

学校法人塩原学園・本庄第一中学校(埼玉県本庄市)は、株式会社ORSO(東京都千代田区)の「DRONE STAR© プログラミング」先行導入パートナーとして、2年生を対象にプログラミング授業を行った。自分たちのプログラミングしたドローンの飛行に生徒たちは盛り上がった。


旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

旭川でスマート農業シンポジウムを開催(1)

一般社団法人セキュアドローン協議会は、2018年2月16日に北海道旭川市のJA会館で、スマート農業シンポジウムを開催した。代表理事の春原久徳会長の特別講演や、農業生産者に研究機関の研究員などがパネルディスカッションに参加し、日本の農業とドローンに関する熱い議論が交わされた。


「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

「講習団体」2月は5団体増加 国交省航空局HP更新

 国交省航空局は2月1日付で、ドローン講習に関するホームページの掲載情報を更新した。一定の要件を満たした技能認証を提供する講習団体は、2つ以上の技能認証を提供する〝二刀流〟を1団体とカウントすると実質141団体で、1月1日から5団体増えた。二刀流が5団体あり、それぞれを別団体とカウントすると延べ146になる。