スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットがドローン計測データの可視化に簡易ビューアー「Sky Viewer (スカイ ビューアー))の販売開始

スカイロボットは、 サイバネットと共同で開発したドローン計測データ用簡易可視化ビューアー「Sky Viewer(スカイ ビューアー)」も販売を開始した。


 産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しているサイバネットシステム株式会社と共同でドローン計測データ用簡易可視化ビューアー「Sky Viewer(スカイ ビューアー)」を開発し12月12日(火)より発売を開始した。

 「Sky Viewer(スカイ ビューアー)」は、汎用可視化ソフトウェアAVS/Expressで開発したパッケージソフト。今までのドローン計測データビューアーは、操作が複雑かつ価格も高価だったため、誰でも直感的に使えるようなアプリケーションではなかったがこのビューアーでは、ドローン用のデータを確認するための必要な機能だけを搭載し、簡単に操作できるようにシンプルなユーザーインターフェイスにすることで、ドローンによるデータ計測者以外のユーザーにも直感的にデータ操作を行える設計となっている。
 AVS/Expressを販売しているサイバネットは、従来からのユーザーである教育機関、官公庁だけでなく、民間企業、特に気象・土木・建築分野にも注力しており、数値シミュレーション結果やレーダーなどの観測データの可視化のほか、近年はドローンで空撮された震災遺構データなどの可視化を受託開発で行っている。

地図作成や建築現場などで活躍する3つの便利な機能

 ドローンによる空撮データの代表的なフォーマットであるOBJ(Wave front OBJ)ファイルを本ビューアーで読み込むことができる。読み込んだデータは、3次元で表示されるので、ビューアー内で回転、拡大、縮小や視点を変えたアニメーションを作成することができる。3次元で表示されることで、地図の作成や造成計画、工事の進捗管理や建築現場などにも使用できるようになりる。

・計測機能・・・読み込んだ3Dデータの2点間の距離測定ができる。
・フライスル―機能・・・マウスでピックするだけで、簡単にアニメーションの経路を作成することができ、その経路に沿った視点で動画を再生することができる。空中を飛ぶドローン視点のアニメーションを作成することも可能。
・VR機能・・・3Dデータは簡単にVR空間に表示ができる。3Dプロジェクタやヘッドマウンドディスプレイなど様々なVR機器の表示に対応している。

(左図)計測機能
設定画面(左)とビューアーによる実際の測定画(右)
(右図)フライスルー機能
経路設定画面(左)とビューアーによるドローン視点の動(右)

この記事のライター

関連する投稿


スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

スカイロボット、米 PrecisionHawk社のドローン業務ソリューションの提供開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、今年2月に提携した米国のドローンソリューション・ベンチャー PrecisionHawk USA Inc.(米・北カロライナ州) のドローン業務ソリューションの提供を5月から開始する。


スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

スカイロボットと米国 PrecisionHawk社が提携

i-Construction対応ドローン3D空中測量と精密農業ソリューション&サービス


ドローンスクールジャパン、「スマート農業コース」を開講 !5日間で農薬散布用ドローン認定資格が日本全国で取得可能に

ドローンスクールジャパン、「スマート農業コース」を開講 !5日間で農薬散布用ドローン認定資格が日本全国で取得可能に

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)が運営するドローンスクールジャパンは、農薬散布用ドローンDJI AGRAS MG-1専門のスマート農業コースを開講する。


【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

【ロボデックス2018】ガソリンや水素で長時間飛ぶドローンが登場

産業用ドローンの開発・販売を行う株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、ビッグサイトで開催されたロボデックス展で、ガソリンや水素を使い長時間の飛行を可能にするドローンを展示した。


スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結  赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

スカイロボットがFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結 赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始

株式会社スカイロボット(東京都中央区)は、 赤外線カメラメーカーFLIR Systemsとアジア総販売代理店契約を締結し、世界最軽量クラス・赤外線サーモグラフィカメラ「Boson」の量産を開始した。1月17日(水)から開催される「ロボデックス ロボット開発・活用展」で展示される。


最新の投稿


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。


i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

i-Construction推進展① 測量、点検シーンでの非GPS環境下にけるドローン活用事例が目白押し

建設現場の生産性を向上し、国土交通省が推進する「i-Construction」の推進を支援することを目的に、7月18日~20日、東京ビッグサイトで「i-Construction推進展」が開催させた。ドローンを活用したソリューションは、当たり前となり、特に非GPS環境下で精度の高い運用に、来場者の関心が集まっていた。


ドローン産業における創造的破壊の未来

ドローン産業における創造的破壊の未来

東京電力とゼンリンが協力して推進する「ドローンハイウェイ」構想に楽天が参画したことで、日本におけるドローン物流の可能性が前進した。一方で、ドローン物流を否定する意見もある。ドローンを取り巻く産業には、どのような未来があるのか。最近の取材から考察した。(田中亘)


インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

インテルがドローンライトショーのギネス記録を更新

半導体大手のインテル(米国)は、自社の50周年を祝うイベントで、2018台のIntel Shooting Starを飛行させ、世界記録を更新した。