ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

ドローンの未来を垣間見る~KDDIスマートドローンの「凄いメンバー」たち~

モバイル通信ネットワークと3次元地図を活用した完全自律飛行に成功したKDDIの「スマートドローン」は、これからどこに向かうのか。実験に参加したメンバーを中心としたパネルディスカッションから、その未来を考察する。


KDDIが目指すドローンインフラと事業化への期待

 パネルディスカッションでは、KDDI株式会社の山本泰英執行役員常務がファシリテーターを務め「スマートドローン」の実証実験に参加したメンバーとドローンインフラの今後が語られた。最初に山本氏は、完全自律飛行の実験に成功したことで、これからドローンはどのように進化し事業化を実現するのか、各パネリストに尋ねた。

KDDI株式会社の山本泰英執行役員常務

 株式会社ゼンリンの藤沢秀幸上席執行役員は「ドローンの飛行に人手をかけないことが重要」と指摘する。また「事業として取り組んで、コストを低減するには、自動運転が必要」と補足し、そのためには、3次元の地図情報だけではなく「気象情報とUTMとの電波によるやり取り」が自律飛行には必須だと話す。さらに「ドローンを安全に飛行させるためには、あちこちから、じゃんじゃん飛んで来るのではなく、ある程度のルートの中に、ある程度の種別のドローンが飛行することで、事業として成り立つ」と予見する。

株式会社ゼンリンの藤沢秀幸上席執行役員

 ドローンを設計し製造する株式会社プロドローンの菅木紀代一取締役副社長は、これまでに100種類を超える機体を設計してきた実績を踏まえて、今後のドローンでは「より賢い頭脳と視力2.5とか3.5の目。それに、少し風が吹いただけでも感知できる敏感な肌」のようなセンサーに「ちょっと蹴飛ばしても丈夫な足と手のようなメンテナンスフリー」を実現したいと語る。より大きな構想としては「優秀な半導体を使って、30m離れていても充電できる電磁波や無線充電、あるいは飛びながら充電するなど、電池の部分も含めてトータルで進化していきたい」とも話す。

株式会社プロドローンの菅木紀代一取締役副社長

 山本氏が「ドローンの機体の安全性」について質問すると、菅木氏は「昔は物理的な原因での墜落が多かった」と切り出し「モーターが焼けるとか、プロペラにヒビ割れ」などによる墜落の原因を振り返った。そして「最近のドローンは、そのへんは少なくなっている。ウィークポイントは、磁場とか鉄鉱石が多い土地での電磁波などでセンサーがやられての暴走」と指摘する。こうした課題に対してプロドローンでは「3年前から、どうやったら落ちるのかを75項目は検討し、落ち方の研究をしてきた」という。そして「自律飛行するときには、万が一に何かあっても大変なことにならないコース設定が必要」と助言する。

 今回の実証実験に航空管制システムで協力したテラドローン株式会社の徳重徹代表取締役社長は、「三週間をかけてインドと中国とアメリカの現状を視察してきた直後だ」と話し、「海外ではパイプラインの点検やマイニングなど」広域を飛行するドローンの利用が活発だと説明した。土木関連の測量についても「日本と比べて10倍から20倍の広さがあるので、目視外飛行で目に見えないところでいかに効率的に運用するかが重要」で、海外では「すでに実験レベルから対価を得られるレベルに進んできている」と指摘する。さらに「三年後には、地方とか人がいないところでは、目視外飛行は当たり前になるだろう」と予測する。
 徳重氏の指摘を受けて山本氏は「日本は法制度でガラパゴスにならないか」と懸念を示す。

テラドローン株式会社の徳重徹代表取締役社長

この記事のライター

関連する投稿


テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

テラドローンが韓国初となる3次元レーザー計測を実施

4月10日。テラドローン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:徳重 徹、以下「テラドローン」)とセハン測器(本社:釜山広域市中区、代表:鄭世鎮)は、韓国・釜山にある荒嶺山にて、韓国初となるUAV3 次元レーザー計測を実施したと発表した。(田中亘)


KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI、産業用ドローンを開発するプロドローンと資本提携、業務提携を強化

KDDI株式会社 (東京都千代田区) は、産業用ドローンを開発・製造する株式会社プロドローン (愛知県名古屋市) と追加出資に関する資本提携、業務提携契約を締結した。これによりプロドローンは、KDDIの持分法適用関連会社となった。


【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

【ジャパンドローン2018】2018年をドローンUTM元年にするテラドローンとUnifly

テラドローンは、ドローン運行管理システム(UTM)業界の世界的リーディングカンパニーであるUnifly NV(ベルギー)社と共同で、ドローンジャパン2018に出展し、日本市場へのUTM普及をアピールしていた。


世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

世界初、4G LTEで複数ドローンの自律飛行による広域警備に成功

3月15日。NEDO、KDDI、テラドローン、セコムは、世界初となる、第4世代の高速通信規格 (4G LTE)を活用して、複数のドローンを自律飛行させる警備の実証実験をメディアに公開した。


9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

9位にテラドローン! 独DRONEIIが「サービス・プロバイダー・ランキング」発表

 世界各国のドローン企業を業種別に網羅した業界地図の作成で知られるドイツの調査会社、Drone Indusry Insight社(DRONEII)は、ドローンのサービスを提供するDaaS企業の「TOP20ドローン・サービス・プロバイダー・ランキング2018」を発表した。日本からテラドローン株式会社が9位に入った。


最新の投稿


国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

国交省、「ドローン✕インフラメンテナンス」セミナーを開催 第1回はドローン関連政策・技術開発動向

インフラメンテナンス国民会議では、小型無人航空機によるインフラ点検・診断技術の試行・導入等を支援するための情報交換の場となることを目指し、以下のとおり、行政担当者や民間事業者等を対象としたセミナーを開催します。


ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ORSOがドローンプログラミングが学べるアプリ「DRONE STAR(C)プログラミング」の配信とサービス開始

ITサービス開発とドローン利活用推進を手掛ける株式会社ORSO(東京都千代田区)は、 誰でも簡単にドローンプログラミングが学べるアプリ、 「DRONE STAR(C)プログラミング」を4月17日から配信し、 サービスを開始した。


ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

ネイチャーサービス、国立公園4箇所のドローン映像を無償提供開始

特定非営利活動法人Nature Service(埼玉県坂戸市/ネイチャーサービス)は、 4月23日より、 阿寒摩周国立公園、 十和田八幡平国立公園、 日光国立公園、 慶良間諸島国立公園の4箇所のドローン空撮映像の無償提供を始める。


【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

【国際ドローン展】ブイキューブロボティクス、各種ソリューションの実用事例を紹介

株式会社ブイキューブロボティクス(東京都渋谷区)は、同社のリアルタイム映像コミュニケーションサービスや画像認識・解析サービスドローンを使った「巡回点検」「災害対策」「警備監視」といったこれまでに同社が実証実験をおこなってきた各事例を紹介した。


【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

【国際ドローン展】徳島県那賀町が「デジタルアース版ドローンマップ」をアピール

 ドローンを使った町おこしに取り組む徳島県那賀町が、「デジタルアース版那賀町ドローンマップ」を公開した。ドローン映えする場所を地図に示し、場所の特徴、連絡先などが分かる。開発したのは首都大学東京大学院1年の渡辺康太さん(23)。千葉・幕張で開催中の「国際ドローン展」でも那賀町のブースで来場者にアピールしている。