最新ドローンが続々と登場 InterDrone 2016

最新ドローンが続々と登場 InterDrone 2016

米国ラスベガスで、9月7日から開催されたInterDrone 2016。イベント会場には、国内外から参加した数多くのドローンベンダーが、最新モデルを展示。その中から、注目すべきモデルの数々をピックアップした。(田中亘)


時速75マイル(約120km)で飛行するトライコプター型ドローン

YI Technology社が展示していたYI ERIDAというドローンは、3つのプロペラで飛行するトライコプター型。メーカーの公表値によれば、時速75マイル(約120km)で飛行する。4Kビデオカメラを搭載し、飛行しない時には3本のアームを折りたたんでコンパクトに収納できる。また大容量のバッテリーを搭載しているので、数値は公開されていないが、長時間の飛行も可能になる。

YI Technology社のトライコプター

レンズ交換式カメラを搭載したプロシューマ向け空撮ドローン

PowerVision社のPowerEyeは、空撮のプロシューマーにフォーカスした最新ドローン。機体には、操縦者の視点で操作できるカメラと、レンズ交換式の高性能なカメラが2台装備されている。操縦用のコントローラーも、2台のカメラに対応して、一人がドローンの操作に集中し、もう一人が機体下に取り付けられたカメラを操作する、といった撮影もできる。また、プロペラとアームを折りたためるので、持ち運びも容易になる。バッテリーは、最大で2個搭載して、長時間の空撮にも対応する。

コンパクトになるPowerVision社のPowerEye

自撮り用のタマゴ型ドローン

PowerVision社のPowerEGGは、自撮り用のタマゴ型ドローン。プロペラと脚がタマゴ型の本体に収納されていて、使うときに開く。付属のコントローラーは、ジョイスティック型でシンプルな操作を実現している。室内での利用を想定していて、GPS機能は搭載していない。すでにホームページでは、事前予約を開始し、$1,288ドル(約13万)。

PowerVision社のPowerEGG。左が飛行形態。右がプロペラなどを収納したタマゴ型。

自動追尾の機能を強化したOrbitドローン

Skye Intelligence社のSky Orbitは、SNSなどで楽しむことを想定した追尾撮影のためのドローン。付属のトラッカーという腕時計型の追跡装置を腕にすれば、ドローンが正確に被写体を追いかけて撮影する。

Skye Intelligence社のSky Orbit

この記事のライター

関連する投稿


クリス・アンダーソン(3D Robotics社CEO)が描くドローンの未来

クリス・アンダーソン(3D Robotics社CEO)が描くドローンの未来

米国3D Robotics社のCEOであり、Wiredの編集長だった時代に執筆したFREEやMakersで有名なクリス・アンダーソン(Chris Anderson)氏が、2015年9月に開催された米国InterDrone展の基調講演で、ドローンの未来について語った。(DRONE TIMES 田中亘)


最新の投稿


DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJIと日本サーキットが23区内に室内飛行施設「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を開設、21日にオープン

DJI JAPAN 株式会社(東京都港区)と株式会社日本サーキット(神奈川県川崎市)は、DJIの最新ドローンの飛行体験から購入、練習、修理までワンストップで提供する国内初のDJI公認屋内練習場「DJI ARENA BY JDRONE TOKYO」を10月21日にオープンする。


「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~」の提供を開始

KDDIは、2017年10月16日より、ドローンビジネスをはじめる法人向けに、機体や損害保険の提供、飛行許可申請サポートといった導入時点で必要となるサービスから、運航管理システムなどを含めた運用サービスまで、ドローンビジネスをフルサポートするパッケージサービス「KDDI IoTクラウド ~ドローンパッケージ~を提供する


エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

エス・エス・ドローン、〝無振動エンジン〟のハイブリッドドローン試作機を展示

 強靱で使いやすい機体の提供を掲げる国産ドローンメーカー、エス・エス・ドローン株式会社(群馬県高崎市)が、千葉・幕張メッセで開かれた「農業ワールド2017」の「国際次世代農業EXPO」で、電動とハイブリッドのドローンを展示した。ハブリッド機は試作機だが、マグネシウム合金のボディが来場者の目を引いていた。


エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

エンルートの5L機フルモデルチェンジ、TEADの多彩なドローン活用など〜「第4回 次世代農業EXPO」

先進技術で農業を強くする「第4回 次世代農業EXPO」が、10月11日〜13日に幕張メッセで開かれた。今年はドローン関連出展社も多く、農薬散布はもとより、精密農業に関する出展も目立ってきた。積極的にドローンを活用する動きが広く定着してきたということで、今回はまだ記事化しきれてないものを紹介する。


〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

〝ジドコン〟が都内で説明会 約20社が参加 「自動車からドローンまでの安全教育を」

 自動車学校のドローンスクール化を推進する「全国自動車学校ドローンコンソーシアム」(ジドコン)が、東京・秋葉原で自動車学校向けの説明会を開き、約20の自動車学校が参加した。趣旨に賛同する自動車学校は今後、ドローンの技能認証の取得、講師講習の受講などの手続きを進める。早ければ年明けにも加盟スクールが誕生する見込みだ。