最新ドローンが続々と登場 InterDrone 2016

最新ドローンが続々と登場 InterDrone 2016

米国ラスベガスで、9月7日から開催されたInterDrone 2016。イベント会場には、国内外から参加した数多くのドローンベンダーが、最新モデルを展示。その中から、注目すべきモデルの数々をピックアップした。(田中亘)


時速75マイル(約120km)で飛行するトライコプター型ドローン

YI Technology社が展示していたYI ERIDAというドローンは、3つのプロペラで飛行するトライコプター型。メーカーの公表値によれば、時速75マイル(約120km)で飛行する。4Kビデオカメラを搭載し、飛行しない時には3本のアームを折りたたんでコンパクトに収納できる。また大容量のバッテリーを搭載しているので、数値は公開されていないが、長時間の飛行も可能になる。

YI Technology社のトライコプター

レンズ交換式カメラを搭載したプロシューマ向け空撮ドローン

PowerVision社のPowerEyeは、空撮のプロシューマーにフォーカスした最新ドローン。機体には、操縦者の視点で操作できるカメラと、レンズ交換式の高性能なカメラが2台装備されている。操縦用のコントローラーも、2台のカメラに対応して、一人がドローンの操作に集中し、もう一人が機体下に取り付けられたカメラを操作する、といった撮影もできる。また、プロペラとアームを折りたためるので、持ち運びも容易になる。バッテリーは、最大で2個搭載して、長時間の空撮にも対応する。

コンパクトになるPowerVision社のPowerEye

自撮り用のタマゴ型ドローン

PowerVision社のPowerEGGは、自撮り用のタマゴ型ドローン。プロペラと脚がタマゴ型の本体に収納されていて、使うときに開く。付属のコントローラーは、ジョイスティック型でシンプルな操作を実現している。室内での利用を想定していて、GPS機能は搭載していない。すでにホームページでは、事前予約を開始し、$1,288ドル(約13万)。

PowerVision社のPowerEGG。左が飛行形態。右がプロペラなどを収納したタマゴ型。

自動追尾の機能を強化したOrbitドローン

Skye Intelligence社のSky Orbitは、SNSなどで楽しむことを想定した追尾撮影のためのドローン。付属のトラッカーという腕時計型の追跡装置を腕にすれば、ドローンが正確に被写体を追いかけて撮影する。

Skye Intelligence社のSky Orbit

この記事のライター

関連する投稿


クリス・アンダーソン(3D Robotics社CEO)が描くドローンの未来

クリス・アンダーソン(3D Robotics社CEO)が描くドローンの未来

米国3D Robotics社のCEOであり、Wiredの編集長だった時代に執筆したFREEやMakersで有名なクリス・アンダーソン(Chris Anderson)氏が、2015年9月に開催された米国InterDrone展の基調講演で、ドローンの未来について語った。(DRONE TIMES 田中亘)


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。