最新ドローンが続々と登場 InterDrone 2016

最新ドローンが続々と登場 InterDrone 2016

米国ラスベガスで、9月7日から開催されたInterDrone 2016。イベント会場には、国内外から参加した数多くのドローンベンダーが、最新モデルを展示。その中から、注目すべきモデルの数々をピックアップした。(田中亘)


時速75マイル(約120km)で飛行するトライコプター型ドローン

YI Technology社が展示していたYI ERIDAというドローンは、3つのプロペラで飛行するトライコプター型。メーカーの公表値によれば、時速75マイル(約120km)で飛行する。4Kビデオカメラを搭載し、飛行しない時には3本のアームを折りたたんでコンパクトに収納できる。また大容量のバッテリーを搭載しているので、数値は公開されていないが、長時間の飛行も可能になる。

YI Technology社のトライコプター

レンズ交換式カメラを搭載したプロシューマ向け空撮ドローン

PowerVision社のPowerEyeは、空撮のプロシューマーにフォーカスした最新ドローン。機体には、操縦者の視点で操作できるカメラと、レンズ交換式の高性能なカメラが2台装備されている。操縦用のコントローラーも、2台のカメラに対応して、一人がドローンの操作に集中し、もう一人が機体下に取り付けられたカメラを操作する、といった撮影もできる。また、プロペラとアームを折りたためるので、持ち運びも容易になる。バッテリーは、最大で2個搭載して、長時間の空撮にも対応する。

コンパクトになるPowerVision社のPowerEye

自撮り用のタマゴ型ドローン

PowerVision社のPowerEGGは、自撮り用のタマゴ型ドローン。プロペラと脚がタマゴ型の本体に収納されていて、使うときに開く。付属のコントローラーは、ジョイスティック型でシンプルな操作を実現している。室内での利用を想定していて、GPS機能は搭載していない。すでにホームページでは、事前予約を開始し、$1,288ドル(約13万)。

PowerVision社のPowerEGG。左が飛行形態。右がプロペラなどを収納したタマゴ型。

自動追尾の機能を強化したOrbitドローン

Skye Intelligence社のSky Orbitは、SNSなどで楽しむことを想定した追尾撮影のためのドローン。付属のトラッカーという腕時計型の追跡装置を腕にすれば、ドローンが正確に被写体を追いかけて撮影する。

Skye Intelligence社のSky Orbit

この記事のライター

関連する投稿


クリス・アンダーソン(3D Robotics社CEO)が描くドローンの未来

クリス・アンダーソン(3D Robotics社CEO)が描くドローンの未来

米国3D Robotics社のCEOであり、Wiredの編集長だった時代に執筆したFREEやMakersで有名なクリス・アンダーソン(Chris Anderson)氏が、2015年9月に開催された米国InterDrone展の基調講演で、ドローンの未来について語った。(DRONE TIMES 田中亘)


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。