ライオンズフィルム主催の第9回「DJIドローン飛行申請 サポート講習会 in 東京」1月14日開催

ライオンズフィルム主催の第9回「DJIドローン飛行申請 サポート講習会 in 東京」1月14日開催

本講習会では、実際の申請書類を用いて申請をどのような流れで行うのか、またどのような点に注意し申請書を作成すれば良いのかを説明する。


DJI JAPAN公認 ライオンズフィルム株式会社主催

概要
無人航空機の安全飛行のために、平成27年12月10日に改正航空法が施行され、飛行空域により事前に国土交通省への申請・許可承認が必要となりました。

本講習会では、実際の申請書類を用いて申請をどのような流れで行うのか、またどのような点に注意し申請書を作成すれば良いのかを講師が丁寧にご説明いたします。

本講習会では、お客様が人口密集地域での飛行申請を通す事ができるようサポートいたします。

講習会後にはお客様からの質疑応答の時間も設け、東京航空局との連絡方法などもサポートいたします。
※2017年4月1日から変更になった東京航空局への申請で許可が下りている内容を元に行いますので、最新の講習内容となります。
※夜間飛行、目視外飛行、人又は物件から30m以上の~、催し場所上空、進入表面~、150m以上の高さ、人又は家屋の密集~の内容承認が下りた申請書を用います。

料金
10,800円(税込)

募集人数
20名(先着順で満席になり次第締切ます)

お申込み対象者の方
ドローン飛行申請をこれから行う方(法人・個人)

開催日時
2018年01月14日(日) 10:30~12:30(受付10:15~)

会場
ライオンズファシリティ施設内(東京都墨田区立川2-10-10)

参加事項(注意事項)
①ライオンズファシリティーメンバー様でなくてもお申込みいただけます。
②メンバー様は当日会員証をお持ちください。
③施設内でご自身のお荷物等はご自身の管理をお願いします。一切の責任を負いません
④施設内でのトラブル・盗難・事故等に関しましては一切の責任を負いませんのでご了承ください。
⑤参加申込は18歳未満はご利用いただけません。
⑥同業者の方のお申し込みはできません。当日入場をお断りいたします。
⑦当日は撮影等をスタッフが行い、当WEBや各SNS等での掲載を致しますのでご了承ください。
⑧施設内は禁煙となっております。また近隣での喫煙はご遠慮ください。
⑨施設内への飲食持ち込みは固く禁じます。
⑩飲酒でのフライトは禁止しております。
⑪募集人数に達し次第募集を締め切らせていただきます
⑫お電話でのお申込みは受け付けておりません
⑬施設内でのカフェのご利用は可能です。
⑭申し込み後の取り消し、日程の変更は一切お受けできません。
⑮受講料は、試験施行中止以外、理由のいかんに関わらず返金できません。
⑯参加申込ボタンの次に決済ページへと移ります。
⑰決済はクレジットカードがご使用になれます。
⑱クレジットカードは、「VISA」「JCB」「MasterCard」がご使用になれます。

…この記事の続きを読む

情報提供元:ライオンズフィルム株式会社
http://www.lionsfacility.com/event/party_entry.php?e=20180114

この記事のライター

関連するキーワード


DJI 飛行申請

関連する投稿


【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

【Japan Drone 2019】パートナーとの協業を前面に押し出すDJI Japan

DJI Japanの展示コーナーでは、メインのプレゼンテーション用ステージの他に、ソリューションや販売パートナーごとに小さな展示スペースを設けて、協力各社の説明員が来客の対応にあたっていた。


DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPANが国際航業が提携、高精度 UAV 測量のための「Phantom 4 RTK写真測量講習プロ グラム」提供開始

DJI JAPAN (東京都港区)と do (東京都千代田区)は、国際航業と業務提携し、高精度 UAV 測量を実 現するための講習プログラムを開発し、全国の提携講習団体が3 月から受講者の募集 を開始 する。


DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJI 、ジオフェンス改善した「GEO 2.0システム」運用開始 アジア太平洋地域の空港保護を強化

DJIは、 アジア太平洋地域の24ヵ国と地域で,空港の保護などを強化するのGEO 2.0システムの運用を開始し、 ジオフェンス技術をさらに向上したと発表した。


DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI「空へ、 動画へ、 」 総合的カメラ映像プレミアムショーCP+2019に出展

DJI JAPANは、パシフィコ横浜で開催されている「CP+ 2019(シーピープラス)」に、DJIが空と動画をテーマに出展した。2月28日から3月3日(日)まで、


400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

400機以上のDJI製の農業用ドローンを導入するCorteva AgriscienceをDroneDeployがサポート

ダウ・デュポン(ニューヨーク証券取引所:DWDP)のアグリカルチャー事業部門Corteva Agriscienceは、DroneDeployの商用ドローン向けクラウドソフトウェアプラットフォームを採用し、世界最大の規模となる400機以上のDJI製ドローンを導入する。


最新の投稿


シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

シナジーテック、夜間捜索ドローン専用 照明キットを新発売

株式会社シナジーテック(徳島県阿南市宝田町)は、 ドローンに搭載可能な、 超軽量、 全光束25,000ルーメンのLED照明ユニット「DL250」を開発、 販売を開始した。


ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローン大学校が修了生と共同事業、「ドローン送信機用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の販売開始

ドローンビジネスの創造をビジョンとするドローン大学校は、修了生の丹羽雅裕氏が代表取締役を務める株式会社丹羽電機とのアライアンスによる「ドローン送信機(プロポ)用モニター取付ネジ”DRONE TX SCREW”」の製造・販売を開始する。


イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

イーエムアイ・ラボが開発、レーザー測量用ドローン発売

株式会社イーエムアイ・ラボ(長野県/ EMI-LAB)は、 UAVレーザー機の販売を3月から開始。


農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

農業用ドローンのナイルワークス、総額約16億円の第三者割当増資を実施

新型機の量産体制を確立、2019年度より販売開始。


NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

NVIDIAが小型でパワフルな99 ドルのNVIDIA CUDA-X AI コンピューターJetson Nano を発表

2019 年 3 月 18 日 - カリフォルニア州サンノゼ。NVIDIA は米国で開催したGPU Technology Conferenceで、数百万のインテリジェントなシステムの開発を可能にする AI コンピューター Jetson Nano を発表した。