D-ACADEMY 関東埼玉が第17期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

D-ACADEMY 関東埼玉が第17期JUIDA認定スクール(埼玉会場) JUIDA認定3日間基礎コース

本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。


コース名:JUIDA認定3日間基礎コース(i-Construction、and GSPro等は学べません)

日程:1月19日(座学)、1月20日〜21日(実技)連続3日(安全運行管理含む)

会場:「座学1日間」川越東上パールビル
   "実技2日"フレンドシップハイツよしみ​

受講料:助長士180,000円(消費税別)16歳以上
    安全運行管理者50,000円(消費税別)20歳以上
    両方取得230,000円(消費税別)20歳以上

※JUIDAへの申し込み費用は受講料に含まれておりません。

【申し込み費用は以下の通りです】

操縦技能証明書20,000円(税別)
安全運航管理者証明証15,000円(税別)​

※受講料にはドローンのレンタル代も含まれております。
※実技で使用するドローンは全部こちらでご用意させて頂きます。
※最大実施人数:5名(参加者3名以上で開きます)
 定員に達せなかった場合は次回へ繰越、または運行とさせて頂きます。

開催の4日前まで最終決定しまします。
※遠方からお越しのお客様には宿泊のご案内もさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。
※実技講習期間の2日間が全て雨の場合、別日に自動航行のみ行か、講習時間を変更する場合もあります。

【講座内容】

 無人航空機(ドローン)に関する基礎知識(法律・気象など)を学び、ドロンを安全に飛行させるための操縦技術と知識を学べます。初心者でも分かりやすい講師が教えますので安心してお申し込みください。
 本コース修了者は、JUIDAが定める申請手続きを行うことにより、JUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」が交付されます。
※本コースではJUIDA「操縦技能証明証」「安全運航管理者証明証」の同時取得が可能です。

天候等により時間は変更になる場合があります。
PMスタートする場合もございますので、お申し込み後のご案内をご確認ください。
また、雨天時は別の日に変更となる場合がございます。ごらんじめご了承ください。

…この記事の続きを読む

情報提供元:D-ACADEMY 関東埼玉
https://www.d-academy-saitama.com/16-juida-1

この記事のライター

関連するキーワード


JUIDA

関連する投稿


管理団体32と1年前の2倍超 最大はJUIDA 講習団体も304に

管理団体32と1年前の2倍超 最大はJUIDA 講習団体も304に

 国交省航空局は1月1日付で、管理団体、講習団体に関するHPの内容を更新した。ドローン操縦技能指導などを提供する「講習団体」として新たに17団体が加わり304団体が掲載された。講習団体を管理する「管理団体」は前月から3団体増え32団体となり、1年前の2倍超になった。最大は管理数が86と掲載されたJUIDAだった。


JUIDAがマレーシアで無人航空機教育カリキュラムを紹介、両者事業協力でMOU締結

JUIDAがマレーシアで無人航空機教育カリキュラムを紹介、両者事業協力でMOU締結

JUIDAがマレーシアの民間航空局Civil Aviation Authority of Malaysia:CAAM)を訪問、JUIDAの無人航空機教育カリキュラムを紹介。


国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

国際航業ドローンスクール・ドローンタイムズのスタッフが三次元計測まで挑戦

ドローンの操縦技術から3次元計測の実践スキルを一貫して習得できる国際航業のドローンスクールに、ドローンタイムズのスタッフが挑戦した。果たして、JUIDA認定カリキュラムをクリアして、彼らは晴れてドローンパイロットになれるのだろうか。


JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

JUIDA、ブルーイノベーション、損保ジャパンが「SORAPASS care」リリース 飛行支援地図と保険がスマホで簡単に 

 一般社団法人日本 UAS 産業振興協議会(JUIDA)、ブルーイノベーション株式会社、損害保険ジャパン日本興亜株式会社は、ドローンユーザーの安全な飛行を支援するため、ドローン飛行支援地図サービスと保険をセットにした「SORAPASS care」を12月5日に発売した。保険は業務用、ホビー用のいずれにも対応する。


ISO総会「ISO/TC20/SC16」東京で開幕 ドローンの国際標準策定目指す

ISO総会「ISO/TC20/SC16」東京で開幕 ドローンの国際標準策定目指す

 ドローンの国際標準策定を目指す国際標準化機構(ISO)総会「ISO/TC20/SC16」が日本で開幕し、26日から議論が始まった。30日まで各国の委員が分野ごとに意見を交換する。26日には一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)がレセプションパーティーを開催し、シンガーSaashaが歌で会場を盛り上げた。


最新の投稿


中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

中部地域最大級 ドローン屋内大型練習場が愛知県春日井市にオープン

愛知県春日井市にドローンの屋内トレーニングフィールドが1月に本格オープン。


足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区が東京23区初となるドローン民間会社との災害時におけるドローン活用の協定を締結

足立区は、株式会社ドローン・フロンティア(東京都足立区)と災害時におけるドローン活用の協定を1月22日、締結した。 東京23区で民間ドローン会社が正式に災害時におけるドローン活用の協定を締結するのは初の事例となる。


ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現した水素ドローン

英国政府の研究資金助成機関「イノベートUK」がサポートする水素ドローンのプロジェクトが、ペイロード5KGで60分の連続飛行を実現したと発表した。


ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

ブルーイノベーションがドローンポートシステム「BIポート」を発表

2019年1月22日。ブルーイノベーション株式会社(東京都文京区)は、株式会社UKCホールディングス(東京都品川区)と大成株式会社(愛知県名古屋市)とドローンポートシステム「BIポート」の開発・事業化を発表した。


米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国FAAが夜間と頭上での飛行に関する規制の緩和を提案

米国のFAA(連邦航空局)は、年次運輸調査委員会でドローンの飛行に関する新しい規制緩和の案を提示した。新しい提案では、夜間と人の頭上での飛行を緩和する。