LED技術で60mまで距離を読み取る小型センサーが登場

LED技術で60mまで距離を読み取る小型センサーが登場

TERABEE社(本社:フランス、CEO:マックスラッフォ)は、LED技術でレーザーの代わりに60mまでの距離をミリメートル単位で読み取るTeraRanger Evoを発表した。革新的なセンサーとして、ドローンへの搭載が期待されている。


わずか9gでサイズは29mm四方の小型センサー

モジュール構造のTeraRanger Evo

 TeraRanger Evoは、センサー部分とインターフェースを提供するバックボードというモジュール構造になっている。センサーとバックボードを合わせたサイズは、29mm×29mm四方で厚さは22mmとコンパクト。センサーモジュールは9gと軽量で、3gのバックボードを組み合わせても12gと軽量。バックボードには、マイクロUSB 2.0のインターフェースが提供されている。
 センサーとしての性能は、0.5〜60mの範囲に対応し、分解能は14mまでは0.5cmで、14mからは2cmになる。精度は、14mまでは±6cm以上、14mを超えると1.5%になる。電圧は5V DCで、消費電流は90mA〜330mAになる。レーザーではなくLEDを採用したことで、TeraRanger Evoは「視野(Field of View)」を手に入れた。レーザーでは、小さな光点で距離を測定するが、LEDではセンサーがある領域にわたって測定が可能になる。その視野角は2度になるが、1mの距離で約3cm×3cmの範囲を測定できる。10mに離れれば約30cm×30cmの範囲に対応する。距離が離れれば、それだけ広範囲の測定が可能になる。ただし、先の仕様に記載されているように、14mを離れると精度は下がる。それでも、LED測定では、安定したデータストリームを提供できるので、ドローンなどのセンサーとしての利用が期待されている。

この記事のライター

関連する投稿


屋内の非GPS環境下で障害物を回避するレンジセンサー TERABEE社

屋内の非GPS環境下で障害物を回避するレンジセンサー TERABEE社

TeraRanger Evoなどのレンジセンサーを開発し販売しているTERABEE社は、自社のホームページで屋内の非GPS環境下で障害物を回避する実験映像を公開した。ArduPilot(オープンソース)での利用が可能になる。


最新の投稿


ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローンネット、標高3000メートル級のスイスアルプスを3Dスキャン

ドローン関連コンテンツの企画、開発、運営を行う株式会社ドローンネット(東京都千代田区)は、標高3000メートルのスイスの山脈で、ドローンによる3Dスキャンに成功した。荘厳な風景と、巨大な崖が3Dスキャンされる様子は必見。


次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

次世代ドローンのエアロネクストがベンチャー企業として初めて『CEATEC AWARD 2018 経済産業大臣賞』を受賞

株式会社エアロネクスト (東京都渋谷区、 代表取締役CEO:田路 圭輔)は、 CEATEC JAPAN 2018(主催:CEATEC JAPAN )に展示される優れた技術・製品・サービス等の中から表彰するCEATEC AWARD 2018 において「経済産業大臣賞」を受賞した。ベンチャー企業が受賞するのは初めて。


ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

ドローン大学校が博多キャンパスを開校 東京 大手町、名古屋 名駅、瀬戸内 岡山に続いて

東京キャンパス開校以来300名以上の入校生を迎え、 東京・大手町、 名古屋・名駅、 瀬戸内・岡山と拡大を続ける一般社団法人ドローン大学校が、 11月に4校目となる九州・博多キャンパスを開校。


次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

次世代農業EXPO2018で見た、進化する日本の農業ドローン(下)

2018年10月10日。幕張メッセで第5回 次世代農業EXPOが開催された。レポートの後半では、ハイブリッド機や粒状散布装置など、日本独自の取り組みを中心に紹介する。(田中亘)


セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキド、ドローンの災害救助活用 無料セミナー開催 11月2日

セキドは、ジャパンメディアシステム株式会社の協力で、ドローンの災害救助活用 無料セミナーを開催する。