LED技術で60mまで距離を読み取る小型センサーが登場

LED技術で60mまで距離を読み取る小型センサーが登場

TERABEE社(本社:フランス、CEO:マックスラッフォ)は、LED技術でレーザーの代わりに60mまでの距離をミリメートル単位で読み取るTeraRanger Evoを発表した。革新的なセンサーとして、ドローンへの搭載が期待されている。


わずか9gでサイズは29mm四方の小型センサー

モジュール構造のTeraRanger Evo

 TeraRanger Evoは、センサー部分とインターフェースを提供するバックボードというモジュール構造になっている。センサーとバックボードを合わせたサイズは、29mm×29mm四方で厚さは22mmとコンパクト。センサーモジュールは9gと軽量で、3gのバックボードを組み合わせても12gと軽量。バックボードには、マイクロUSB 2.0のインターフェースが提供されている。
 センサーとしての性能は、0.5〜60mの範囲に対応し、分解能は14mまでは0.5cmで、14mからは2cmになる。精度は、14mまでは±6cm以上、14mを超えると1.5%になる。電圧は5V DCで、消費電流は90mA〜330mAになる。レーザーではなくLEDを採用したことで、TeraRanger Evoは「視野(Field of View)」を手に入れた。レーザーでは、小さな光点で距離を測定するが、LEDではセンサーがある領域にわたって測定が可能になる。その視野角は2度になるが、1mの距離で約3cm×3cmの範囲を測定できる。10mに離れれば約30cm×30cmの範囲に対応する。距離が離れれば、それだけ広範囲の測定が可能になる。ただし、先の仕様に記載されているように、14mを離れると精度は下がる。それでも、LED測定では、安定したデータストリームを提供できるので、ドローンなどのセンサーとしての利用が期待されている。

この記事のライター

最新の投稿


2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国のドローン市場は1兆円へ...民間活用拡大で2017年の6倍に

2020年に中国・商業用ドローン市場の規模が、600億元(約1兆322億円)を超えるとの分析が公表された。


【2018展望】「ドローン物流元年」JUIDA鈴木理事長 新春パーティのあいさつ

【2018展望】「ドローン物流元年」JUIDA鈴木理事長 新春パーティのあいさつ

 日本UAS産業振興協議会(JUIDA)は1月17日、都内で「新春パーティ」を開き、会員、政府関係者、関係議員らが集まった。冒頭、JUIDAの鈴木真二理事長は2018年を「ドローン物流元年」と位置づけた。鈴木理事長のあいさつは以下の通り。


茨城県が森林・林業分野におけるドローン技術の活用実践検討会を開催

茨城県が森林・林業分野におけるドローン技術の活用実践検討会を開催

危険が伴う林野災害での迅速な現場確認や効率的な地形データの取得などの森林調査測量等,森林・林業分野においてもドローンの活用を図ることを目的として,森林組合や県職員を対象とした検討会を開催する。


有楽町でドローン体験! 有楽町マルイで「ドローン・ザ・ワールド」期間限定開催

有楽町でドローン体験! 有楽町マルイで「ドローン・ザ・ワールド」期間限定開催

1月19日(金)~2月18日(日)、8Fイベントスペースで開催。


Dアカデミー関東 東京校 【 i-construction対応4日間コース 】1月28日~31日

Dアカデミー関東 東京校 【 i-construction対応4日間コース 】1月28日~31日

「i-construction」に特化した短期集中セミナーです。