ZEROTECH社「DOBBY」〜飛行申請がいらない199グラムの小型自撮りドローン ZEROTECH社「DOBBY」

ZEROTECH社「DOBBY」〜飛行申請がいらない199グラムの小型自撮りドローン ZEROTECH社「DOBBY」

クアルコム社のアプリケーション・プロセッサーSnapdragon 801を搭載し、199グラムの軽量化を実現したZEROTECH社の「DOBBY」。4Kカメラを搭載し、飛行申請が不要な小型ドローンながら、スマートフォンによる高度な飛行制御を実現している。(田中亘)


室内で安定した飛行をするZEROTECH社の「DOBBY」

スマートフォンで操作する軽量で小型のドローン

 ZEROTECH DOBBYは、ポケット自撮りドローン。プロペラを取り付けたアームを本体に収納して、コンパクトに持ち運べる。バッテリーを含めた本体重量は199グラムと軽量なので、屋外で飛ばすときにも、飛行申請などが不要。小型で軽量ながら、クアルコム社のSnapdragon 801を搭載し、高度なフライトコントロールを実現している。折りたたんだときのサイズは135mm x 67mm x 36.8mm。少し大きなポケットならば収納できる。アームを出して飛行形態にすると、横幅が67mmから145mmへと広がる。アームには、プロペラも収納されている。プロペラは、アームにネジで止められているので、もしも破損した場合には、自分で予備のプロペラと交換できる。また、最大で9分間飛行できるバッテリーは交換式。予備のバッテリーを用意すれば、9分ごとに繰り返しの飛行が可能になる。飛行は、DOBBY専用のアプリをスマートフォンにインストールして操作する。
 アプリでは、DOBBYのホバリングや移動のコントロールから、静止画や動画の撮影などを指示できる。本体に取り付けられている4Kカメラは、手動で傾きの範囲を-90度〜22.5度まで変えられる。LEDストロボなどは装備されていないが、100〜3200のISO感度を備えているので、多少は暗い部屋や夕方の屋外でも、撮影が可能だ。

手前はクアルコム社のアプリケーション・プロセッサー。

5万円以下で購入できる自撮りドローンが産業用途を拡大する

 米国アマゾンでDOBBYは、約450ドル(約46,000円)前後の価格で販売されている。日本では、ZEROTECH の販売代理店である CYBERBRAIN JAPAN 株式会社が製品サポートを提供し、10月7日から販売を開始する。価格は、スタンダードモデルが 50,741 円、デラックスモデルが 59,074 円。 これまで、低価格で軽量のドローンといえば、ホビー用途の製品が中心で、リモコンによる手動操作が主流。しかし、DOBBYはフライトコントローラーを装備しているので、高度な技能を必要とせずに誰でも手軽に飛ばすことができる。DOBBYのフライトコントローラーの開発に携わっている中国サンダーコム社では、本体に搭載されているクアルコム社のSnapdragon 801の可能性を高く評価している。
 「199グラムのドローンにフライトコントローラーが搭載されたということは、高度な飛行制御が可能になります。例えば、高所やトンネルなどの点検に、DOBBYのカメラを活用できるでしょう。飛行申請が不要なのに高度なフライトをプログラムできるドローンの登場は、産業用途の可能性を大きく広げます」とサンダーコム社では予測する。
 サンダーコムの日本法人にも、DOBBYのような小型軽量のIoT端末となるドローンの産業利用について、日本企業からの問い合わせや相談が増えているという。

Zerotech Dobby ポケット セルフィードローン デラックス版 D100B-H(プロペラガード付属) | 産経ネットショップ

http://sankeishop.jp/ITEM/ns200460-00000-00000

Zerotech Dobby ポケット セルフィードローン デラックス版 D100B-H(プロペラガード付属) | きっと見つかる!「良いモノと出会うヨロコビ」産経ネットショップは生活を豊かにする良品を数多く取り揃えています!

この記事のライター

関連する投稿


Tencentのライブストリーミング・ドローン「Ying」開発のZeroTechが大量レイオフ——開発スケジュールに影響か

Tencentのライブストリーミング・ドローン「Ying」開発のZeroTechが大量レイオフ——開発スケジュールに影響か

中国のテック巨人 Tencent(騰訊)初のライブストリーミング・ドローン「Ying(空影)」を作るパートナー企業が、トラブルに見舞われているかもしれない。先週金曜日(12月30日)、北京を拠点とする ZeroTech(零度智控)は全従業員の4分の1にあたる134人をレイオフした。


ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


人気の「Dobby」を飛ばして、遊んでみました! クリスマスにまだ間に合う。

人気の「Dobby」を飛ばして、遊んでみました! クリスマスにまだ間に合う。

当サイトでも人気のZeroTech社の手の平サイズドローンの「Dobby」を飛ばしてみました。動画で楽しさは動画で確認してください。クリスマスにもまだ間に合います。産経netShopで取り扱っています。


新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

新モデル続々「200グラム未満」「折りたたみ式」

ドローンの楽しみ方を広げる最新モデルの発表が相次いでいる。飛行申請のいらない200グラム未満のミニドローンと、折りたたみ式で持ち運びが簡単でありながら本格的な空撮が楽しめるプロフェッショナルなモデルがその主役だ。


「空撮ドローン」の次は「セルフィードローン」⁉ 新製品続々…下半期のトレンドに

「空撮ドローン」の次は「セルフィードローン」⁉ 新製品続々…下半期のトレンドに

 消費者向けドローン市場は、「空撮ドローン」が牽引役を一手に担ってきたが、2016年下半期からは、「セルフィードローン」と呼ばれる、小型、高性能モデルがもうひとつのトレンドに名乗りをあげそうだ。


最新の投稿


平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

平成28年度 NEDO 『TSC Foresight』セミナー(2)

NEDOの『TSC Foresight』セミナー後半は、「社会に入るUAV」というテーマで、基調講演と招待講演が行われた。ドローンの利活用や農業のリモートセンシングに、運行管理システムについて最新の取り組みが紹介された。


マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

マイクロソフト、ドローン等のシミュレータープラットフォームを公開

これで、さらにドローン関連の研究が進むことが期待されます。マイクロソフトは2月15日、ロボットメーカーが仮想空間でロボットをトレーニングし、データを集めるためのプラットフォームを公開しました。こちらはドローンを含むロボット開発への応用が期待されそうです。


空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

空撮の専門家が挑むオリジナルVTOL機(2) =小宮光裕氏の世界=

ドローンによる空撮は、二極化になると予測する有限会社ティーエーエムの代表を務める小宮光裕氏。現在は、空撮専門の会社を経営し、自らもドローンを飛ばして空撮をサポートする。その小宮氏に、空撮市場の方向性について聞いた。


空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

空中だけではない、中国の優れた水中ドローンメーカー4社の製品

DJI(大疆)やEHang(億航)をはじめとする中国の新興ドローンメーカーの大きな貢献により、軍事機器だった飛行ドローンは完全に日常生活の身近な道具になった。彼らは鳥の視点から見た世界を提供しようと努力しているが、一方で、海中の眺めを提供することに特化した中国企業も存在する。


ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンクの+Style、ドローンのように浮く手で持つ必要がない傘「free Parasol」の商品化に向けたアイデアを募集

ソフトバンク株式会社は、 アイデアや試作中の製品を商品化に向けて支援する消費者参加型プラットフォーム「+Style(プラススタイル)」の「プランニング」で、 ドローンのように浮く、 手で持つ必要がない傘「free Parasol(フリーパラソル)」の商品化に向けたアイデアを、 2017年2月17日より募集すると発表。