ZEROTECH社「DOBBY」〜飛行申請がいらない199グラムの小型自撮りドローン ZEROTECH社「DOBBY」

ZEROTECH社「DOBBY」〜飛行申請がいらない199グラムの小型自撮りドローン ZEROTECH社「DOBBY」

クアルコム社のアプリケーション・プロセッサーSnapdragon 801を搭載し、199グラムの軽量化を実現したZEROTECH社の「DOBBY」。4Kカメラを搭載し、飛行申請が不要な小型ドローンながら、スマートフォンによる高度な飛行制御を実現している。(田中亘)


室内で安定した飛行をするZEROTECH社の「DOBBY」

スマートフォンで操作する軽量で小型のドローン

 ZEROTECH DOBBYは、ポケット自撮りドローン。プロペラを取り付けたアームを本体に収納して、コンパクトに持ち運べる。バッテリーを含めた本体重量は199グラムと軽量なので、屋外で飛ばすときにも、飛行申請などが不要。小型で軽量ながら、クアルコム社のSnapdragon 801を搭載し、高度なフライトコントロールを実現している。折りたたんだときのサイズは135mm x 67mm x 36.8mm。少し大きなポケットならば収納できる。アームを出して飛行形態にすると、横幅が67mmから145mmへと広がる。アームには、プロペラも収納されている。プロペラは、アームにネジで止められているので、もしも破損した場合には、自分で予備のプロペラと交換できる。また、最大で9分間飛行できるバッテリーは交換式。予備のバッテリーを用意すれば、9分ごとに繰り返しの飛行が可能になる。飛行は、DOBBY専用のアプリをスマートフォンにインストールして操作する。
 アプリでは、DOBBYのホバリングや移動のコントロールから、静止画や動画の撮影などを指示できる。本体に取り付けられている4Kカメラは、手動で傾きの範囲を-90度〜22.5度まで変えられる。LEDストロボなどは装備されていないが、100〜3200のISO感度を備えているので、多少は暗い部屋や夕方の屋外でも、撮影が可能だ。

手前はクアルコム社のアプリケーション・プロセッサー。

5万円以下で購入できる自撮りドローンが産業用途を拡大する

 米国アマゾンでDOBBYは、約450ドル(約46,000円)前後の価格で販売されている。日本では、ZEROTECH の販売代理店である CYBERBRAIN JAPAN 株式会社が製品サポートを提供し、10月7日から販売を開始する。価格は、スタンダードモデルが 50,741 円、デラックスモデルが 59,074 円。 これまで、低価格で軽量のドローンといえば、ホビー用途の製品が中心で、リモコンによる手動操作が主流。しかし、DOBBYはフライトコントローラーを装備しているので、高度な技能を必要とせずに誰でも手軽に飛ばすことができる。DOBBYのフライトコントローラーの開発に携わっている中国サンダーコム社では、本体に搭載されているクアルコム社のSnapdragon 801の可能性を高く評価している。
 「199グラムのドローンにフライトコントローラーが搭載されたということは、高度な飛行制御が可能になります。例えば、高所やトンネルなどの点検に、DOBBYのカメラを活用できるでしょう。飛行申請が不要なのに高度なフライトをプログラムできるドローンの登場は、産業用途の可能性を大きく広げます」とサンダーコム社では予測する。
 サンダーコムの日本法人にも、DOBBYのような小型軽量のIoT端末となるドローンの産業利用について、日本企業からの問い合わせや相談が増えているという。

Zerotech Dobby ポケット セルフィードローン デラックス版 D100B-H(プロペラガード付属) | 産経ネットショップ

http://sankeishop.jp/ITEM/ns200460-00000-00000

Zerotech Dobby ポケット セルフィードローン デラックス版 D100B-H(プロペラガード付属) | きっと見つかる!「良いモノと出会うヨロコビ」産経ネットショップは生活を豊かにする良品を数多く取り揃えています!

この記事のライター

関連する投稿


特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(1)

特集・ドローンの『ド』〜これからはじめるドローン(1)

ドローン女子にドローンレース、産業用ドローンにドローンショーなど、ネットやメディアで「ドローン」という文字を目にする機会が増えている。しかし、いまひとつ「ドローンって何?」と首を傾げている人に、これからはじめるドローンの「ド」をお伝えする。


【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

【NABレポート】ZEROTECH社が新型ドローンHesperの情報をリーク

米国ラスベガスで開催されているNAB(The National Association of Broadcasters:全国放送者協会)展には、最新鋭の空撮用ドローンが数多く展示されている。その中で、小型ドローンで有名なDobbyを開発したZEROTECH社が、新たなドローンの情報をリークした。



Tencentのライブストリーミング・ドローン「Ying」開発のZeroTechが大量レイオフ——開発スケジュールに影響か

Tencentのライブストリーミング・ドローン「Ying」開発のZeroTechが大量レイオフ——開発スケジュールに影響か

中国のテック巨人 Tencent(騰訊)初のライブストリーミング・ドローン「Ying(空影)」を作るパートナー企業が、トラブルに見舞われているかもしれない。先週金曜日(12月30日)、北京を拠点とする ZeroTech(零度智控)は全従業員の4分の1にあたる134人をレイオフした。


ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

ドローンタイムズ2016年 PVランキング(TOP10)

2016年にドローンタイムズで最も閲覧回数(PV)が多かった記事を、年間PVランキング形式で発表!ユーザーの皆さんが注目したのは製品情報でした。特に200グラム以下のミニドローン情報が人気でした。皆さんの気になる記事はランクインしていましたか?


最新の投稿


現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

現場レポート 通りすがりの来訪者も「楽しい」と歓声! ドローン女子の「ぼくらのそら」大盛況! 

 女子力をドローンの普及に活かす取り組みを精力的に推進している女性チーム「ドローン女子」が、初の自主企画イベントを、東京・新木場のフェス会場で開催したのでお邪魔しました。ドローン目当てではなかった来場者も大勢訪れる盛況ぶりで、初心者がドローンと触れる機会を提供しているドローン女子の活動の価値を再確認しました。


JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

JパワーとNICTが、無人航空機(ドローン)用 無線伝送システムの共同研究を開始

電源開発株式会社(取締役社長:渡部肇史、以下「Jパワー」)と国立研究開発法人情報通信研究機構(理事長: 徳田英幸、以下「NICT」)は、「ドローンを活用した電力設備点検のための無線伝送システムの共同研究」を進めることとなり、このたび契約を締結した。


ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!無料体験授業  8/23開催

プログラミングスクール コプリ(PCN大阪)が「ドローンを飛ばそう!アプリを作ろう!Swift Playgroundsコース/Swiftコース無料体験授業」を開催。


日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

日本初の水中ドローン専業メーカー、空間知能化研究所が総額1.9億円の資金調達を実施

水中を探査するロボット(水中ドローン)の開発・製造を行う、 株式会社 空間知能化研究所(本社:茨城県つくば市、 代表取締役:伊藤 昌平、 以下「空間知能化研究所」)は、 総額1.9億円の資金調達を実施したと発表した。


米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトが上昇気流を捉えるAIグライダーを開発中

米マイクロソフトは、8月16日に同社の研究部門が開発しているAIを搭載したグライダーの実験映像を公開した。このAIグライダーは、温度センサーで大気温を計測し、鳥のように上昇気流を捉えて飛行する。