【CES2018】Yuneec社がプロ用空撮ドローンTyphoon H Plusを発表

【CES2018】Yuneec社がプロ用空撮ドローンTyphoon H Plusを発表

米国ラスベガスで開催されているCES2018で、Yuneec社がプロ用空撮ドローンのTyhoon H Plusを発表した。


7インチの専用コントローラーと第二世代のIntel RealSenseを搭載

プロ用空撮ドローンTyphoon H Plus

 Tyhoon H Plusは、従来のモデルに比べて約40%の低騒音を実現している。また飛行性能も向上し、最大30mph(約50km/h)の風速でも安定した飛行を可能にする。障害物などを検知するセンサーには、第二世代のIntel ReaSenseを搭載し、フライトコントローラーにはDronecodeを採用している。また、7インチの高解像度ディスプレイを内蔵し、Androidベースで動作するST16Sスマートコントローラーも新たに提供される。発売時期や価格などは未定で、日本での発売も予定されていない。

第二世代のIntel ReaSenseを搭載

7インチの高解像度ディスプレイを内蔵したスマートコントローラー

この記事のライター

関連する投稿


インテルが出資するTYHPOONの最新モデルが登場

インテルが出資するTYHPOONの最新モデルが登場

インテルが出資し障害物回避などの技術を搭載したYUNEEC社のヘキサコプターTYPHOONの最新モデルが登場した。


産業用ヘキサコプターのYuneec H520が発表される

産業用ヘキサコプターのYuneec H520が発表される

ベルリンで開催されている「IFA 2017」に合わせて、Yuneec社(本社:中国、代表:Tian Yu(ティアン・ユー)は、カメラを交換して空撮や測量などに活用できる産業用ヘキサコプターを発表した。


目指すのは2人乗り自動飛行機⁉ Yuneecの創業者Tian氏が登壇

目指すのは2人乗り自動飛行機⁉ Yuneecの創業者Tian氏が登壇

米ラスベガスで開催されたドローンの総合展示会、InterDrone 2016のキーノートに、中国Yuneec社のTian Yu(天ユー)氏が登壇し、最新モデルと未来のドローンのビジョンを語った。(田中亘)


ドローン向けのプラットフォーム「Intel Aero」発表〜産業用ドローンの開発者に熱い視線をおくる米国インテルの戦略

ドローン向けのプラットフォーム「Intel Aero」発表〜産業用ドローンの開発者に熱い視線をおくる米国インテルの戦略

半導体大手の米国インテル社は、サンフランシスコで開発者向けのプライベートショー「インテルデベロッパーフォーラム(IDF)2016」を開催、ドローン向けのプラットフォームとなる「Intel Aero」や、Yuneec社にIntel RealSenceテクノロジーを搭載した最新ドローンなどを紹介した。


中国ドローンメーカーYuneecの4Kアクションカメラ

中国ドローンメーカーYuneecの4Kアクションカメラ

中国ドローンメーカーYuneec(ユニーク)から発売中の、ジンバルと一体になったTyphoon 4Kアクションカメラを紹介する。


最新の投稿


【慶大ドローン】ドロゼミが湘南・辻堂海浜公園を空撮 実践見据えた取り組みの3か月の成果を確認

【慶大ドローン】ドロゼミが湘南・辻堂海浜公園を空撮 実践見据えた取り組みの3か月の成果を確認

 ドローンの研究と社会実装を目指している慶應義塾大学の自主活動“ドロゼミ”のメンバーはこのほど、湘南海岸沿いに国道をはさんで広がる神奈川県立辻堂海浜公園(神奈川県藤沢市)で、空撮活動を実施した。初めてドローンに触れてから3カ月で、公共の場での撮影にこぎつけた。


i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

i-Construction推進展② 「日立建機×ドローンママ」が測量市場への女性進出を後押し

7月18日~20日、東京ビッグサイトで開催された「i-Construction推進展」に、日立建機とドローンママがコラボレーションした展示ブースが設けられた。ドローンママの代表を務める飯原夏子氏が、愛機のMatrice 200を展示してパイロット養成の重要性を訴えていた。


「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

「風になった感動」 奈良県ドローン空撮総集編

奈良県ドローン空撮総集編。


テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

テラドローン、「ドローンハイウェイ構想」実用化に向け無人航空機運行管理システム(UTM)の新機能を開発

送電設備に取り付けた気象観測想定データを利用した世界初となる、ドローン自動飛行制御を実施。


「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

「福島ロボットテストフィールド」が一部開所 ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点

ドローン長距離飛行・運航管理の世界初の試験拠点として、「福島ロボットテストフィールド」が7月20日に一部開所した。安全・円滑に飛行試験ができる環境を整備し、世界に先駆けたドローン物流等の実現を加速します。試験の第一弾として、8月9日に運航管理の公開試験を行う。